読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンダウト

メロンについて考えるよ

紀里谷氏のインタビューを読んで~なぜ自らの自我が他人の時間を奪うほど価値があると考えることができるのだろう~

紀里谷さんの記事を読んだ。内戦の話やネットにはつまらない人間がいるしというところは共感しているし正鵠をいているのだが同時にすこし意見を述べたい

 

 

spotlight-media.jp

 

映画をつくったりすることもそうだがいわく夢や目標というものは能動的な努力の成果として語られる。

たとえば死ぬまで働かないで生きていくと言う人間のことを夢や目標を持つ人間とは誰も言わない。しかし死ぬまで働かないで遊んで暮らしたいかと聞かれれば一定の数の人間は首を縦に振るだろう、彼らの多くがそれを夢とは認めないのにもかかわらずだ。

実際に親の貯金で六本木や恵比寿などで豪遊している人や40代で2億ためてアーリーリタイアしたような人は時に羨望のまなざしで見られる、が同じ働かないでも実家に寄生して金がなくなったらバイトでもしているようなフリーターは軽蔑のまなざしで見られる。

どちらも何も生み出していないしどちらも働いていないにもかかわらずだ。

同じ遊んで暮らすのにも社会のために働いて貯金をためたような免罪符がないと働かなくてはいけない。働くことによって働かないことができる生活を獲得していくようなものだがなぜか誰も最初から「じゃあ最初から働かなければいいじゃん」などとは言わないしやらない。

 

僕個人で言えば毎日ジャズでも聴きながら昼間はだだっぴろい公園で本でも読んで夜は嫌いなので夜9時には寝たい。それが僕の無理のない自然な夢だ。しかしそんなことを明日からし始めたら人は僕のことを怠惰だと笑うだろうし良い大人がだらけてるなどと嘲笑されるのが目に見えている。そして僕も僕自身ではいられなくなってとても落ち着いて本を読めるような精神状態ではなくなり再び社会に駆り立てられるだろう。僕の夢は置き去りにされたまま

 

 

僕の夢は何かをしたいというわけではない。無理やりに行動的な、能動的な表現を使うとすれば自然に帰って智恵に触れたい、知恵に触れたいなら研究者にでもなればいいと言うだろうが僕自身はアウトプットすること自体はどうでもいいしただ獲得して何の意味もなく死んでしまいたい。

 

こういった僕のような受動的な夢というのは夢とはあまり認識されない

 

何かをつくったり何かで名を残すような自我が自らを飛び越えて人々に影響するようなものをこそ紀里谷さんのような人は夢だと語る。ナルシズムを否定しようとする立場の僕からすれば自らの自我で他人に影響を与えようなどという所業は夢という兜を借りた時に悪魔的な傲慢であるようにすら見える時がある

 

僕なんかのようなふわっとした人から見ると彼の言うようなことはまったくもって奇異に見えることがある。彼ら資本主義的な人、いや資本主義にほとんど完璧に浸かっている人からすれば何かを成し遂げた人間が価値があると思っているのだろうが僕は人生の目的はナルシズムを完全に排除することだと考えている。ただ沈黙して空気のように座しているだけで心地よい人になることが理想像である。そんなことは絶対に無理なのでそれこそ夢であるが。しかしアメリカ主義的な社会の様式ではこんなものはくその役にもたたず蹴っ飛ばされて終わりである、非情と忘却に徹して成功したジョブズのような人のほうが価値があるとされるのだ。

 

何かをつくったり何かを考えたりすることは労力が必要でそれ自体は大変な作業であることは重々わかっているのだが僕から見れば創作物全般に本当に他人の時間を奪うだけの価値があるものというのは本当にごく少数だと感じている

先日、報道ステーションに出演していた僧侶の小池龍之介さんがもんじゅの予算についてのコメントで原子力を使うほど肥大してしまった人々の生活が問題の根本だという趣旨の発言をされていた。

照明と冷蔵庫ぐらいをまかなえるだけの電力があればエアコンもテレビもパソコンも必要はないと。

 

原子力で創る電力は贅沢品のためにありそれ自体は必要ないものである。おそらくこんなことは既知の事実であり原子力を否定しだせば政治がらみの方が文句をつけにきたり産業の進歩を否定するのかと漸進論者がわいてきたりするだろうが、あの産業発展の結晶の原子力でさえ創作物としての価値はないのである。

高度経済成長期に原子力によって電力を増やし日本経済を活性化させるというのは故人達のまさに夢だったのだろうがそんな歴史的なことをしてきた彼らの所業も功利的に見れば価値がない。

 

僕は別にニヒリストでもないのだがそうして考えるとほとんどの創作物、夢として叶ったものにすら価値がない。ただ彼らは夢を追って気持ちよく死んでいっただけだ

 

 

夢や目標は気持ちよく死んでいくための自己満足以上のものではないし、だから逆に夢を持つことは大切なんだよ。

自分が気持ちよく死んでいくためだけの夢に他人をまきこむのは福島でメルトダウンが起きたように時に迷惑であるし

なぜ自らの自我が他人の時間を奪うほど価値があると考えることができるのか僕にはさっぱりわからないんだ