読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンダウト

メロンについて考えるよ

フェミニズムの反言的矛盾

言葉には言質があり反言がある。

フェミニズムは大事な運動であると思っている一方で男女同権は不可能性が高すぎるので現実的なレベルでの興味はない。運動自体は存在するべきだと思っているし境界線としての「役目」みたいなものがあるのだと思う。だから僕はフェミニストではないけれどもフェミニズム支持者である。

しかし時に目にするフェミニストの理想主義的言論にはすこしクラクラする。

 

具体的な話で言えば女性の権利向上の中に風俗嬢やAV女優の権利を向上させようとする運動がある。フェミニストの中で最も重要な性に関することなのでここを考えればすこしその「不可能性」が見えてくるのではないだろうか・・・

職業選択の自由として風俗嬢になってもいい自由を主張する。権利をかかげ誰も蔑むことは許されない空気をつくろうとする。

風俗嬢やAV女優も多様性で包摂して「権利をかかげる権利」があると主張する。

 

しかしこの風俗嬢などの権利を主張する運動は2つの矛盾を抱えているので行き詰らざるをえないと思う。どういうことかというと1つは、フェミニストのように冷静な視点で風俗嬢の権利を主張するのは客観的視点においては可能だが主観的視点においては不可能という点が矛盾している。

 

客観的に見れば、僕も女性の権利は大事だと考えAV女優に権利を与えるべきだと思っている。しかしそれは根本に他人がどうしようが自分の精神にいかなる傷も禍根も与えないからである。

いっぽうで主観的に見れば、恋人等が風俗嬢であることを僕は耐えられるようにはできていない。許しはするかもしれないが頭を抱え込むことになることは間違いない。

 

ここで

全人類にたいして恋人のごとく接し、決して風俗嬢を許しはしない人間、と恋人にたいしてさえ風俗嬢になる自由を与え権利を主張する人間。どちらが優しい人間なのだろうか・・・?僕は客観的思想によってしか決断しない人間はむしろ卑怯な人間だと捉えている。一方で前者も支持しえない。人の言葉や行動は現実的に矛盾してこそ信用できる。

 

2つめは反言法によって矛盾する。例えばある人が次のようなことをいう。

「AVに出演していっぱいセックスしてるなんてつくづく幸せな人生だね。」

皮肉たっぷりだ。フェミニズムがつくる世界はこの言葉に対して「怒ることができない世界」である。この言葉を発した人間の精神性に幻滅するというは可能であるが、この言葉にたいして怒ることはできない。

犬儒してシニカルに沈黙し思想的にマウンティングし冷笑することはできるが、真向から怒ることはフェミニズムの思想に反することになる。風俗で働くことは幸せなことととらえる自由があると考えているからだ。

 

個人的なフェミニズムに関する所見を述べれば理想主義的すぎて落としどころを探る必要があるように思う。男性と女性の生物的条件が絶対に違い、ここを変えることはできないので折り合いやっていくしかないように思う。

昭和的家族構成のサラリーマンと主婦もあるいは社会的条件との折り合いであの形がベストだったのかもしれない。あるいは中国の後宮文化も当時戦争の絶えない時代には折り合いがついていたのかもしれない。男性は戦争に駆り出され死に、女性はその男性の悲惨さの等価交換として権利がほとんどなかったのかもしれない。つまり「戦争に行って死ぬぐらいなら権利を求めるな」と。

 

今は戦争もないし男性しかできないような仕事もそれほど多くない。だから女性の権利を歴史上で最も主張可能な時代だ。

しかしそれでも平等とはいかないよ。だから折り合い許しあえることを精査し耐えることが重要なのではないだろうか。全部許すなんてことは理想主義的すぎるのだ。

私達は複雑さに耐えて生きていかなければならない。なんてどこかで聞いた言葉で・・・了です。

plagmaticjam.hatenablog.com

 

広告を非表示にする