メロンダウト

メロンについて考えるよ

「うっせえわ」を若者の歌だと考えるのはもったいない

Adoさんの「うっせえわ」が流行っている。はじめに貼っておこう。いや歌うますぎ。

youtu.be

あまりブログに書いたことはないと思うけど、音楽はけっこう好きでボカロもよく聴いたりしている。ボカロはメロディーが好きなの全般をプレイリストにつっこんで聴いているけれど最近は歌詞が社会的な内容を帯びてきたように思う。

個人的にすごく嬉しいのだけど、せっかくなのでブログでも取り上げて書いていきたい。

 

まず「うっせえわ」の歌詞にたいして大人が批判していることについてだけど

この手の大人の社会にたいして若者が音楽で批判する(ように見える)構造はもう何十年も前からあるもので、それこそチェッカーズ尾崎豊からはじまり椎名林檎Going steadyなど。どの時代にも存在してきた。CDが売れなくなってアイドルがチャートを席捲するようになってからはあまり表には出てこなくなったけど、それでも欅坂のサイレント・マジョリティーや不協和音などでは同様の図式を歌詞に見つけることができた。

Going steadyの「Don't trust over thirty」なんかは自分が若いころにドストライクで聴いていた。大人なんか信じるなといつの時代でも歌われてきた。だからといって「うっせえわ」が陳腐だと言いたいわけではない。「うっせえわ」は大人を批判しているように見える(実際批判もしていると思う)けどそのじつ、自らの虚無を歌っている点で昔のそれとは全然違うものになっているのではないか。

昔は若者の行き場のないエネルギーを歌っていたり、大人になりたくない感情をそのまま歌っていたように思えるけれど、「うっせえわ」では若者かつ大人である自分が抱える内心の矛盾にたいしてを歌っている。それを象徴するのが曲の最後にくる「あたしもたいがいだけどどうだっていいぜ問題はナシ」という歌詞にあるように読める。

天才であるこの私が社会人じゃ常識のマナーを守っていれば問題はナシと、そうやって言うしかない状況を歌っていて、それは叫びにも似たなにかなのだろう。よく聴いてみると「問題はナシとなっている状況が問題」だというメタ構造になっている。問題がないのにうっせえわと叫んでいることに歌詞の核があるように聞こえるのだ。大人対若者として単純に聴くのは大事な点を聞き逃している可能性がある。

これを若者のためだけの歌と考えるのはもったいない。

 

言葉が強かったり歌詞に具体的な内容がちりばめられているので若者と社会との対比を歌っているいつものやつのように見えるかもしれない。しかしそうではないんですよね、おそらく。

こういう歌詞の構造はたとえばヨルシカなどにも多く使われていたりする。

強い言葉を使うことで自らの矛盾をアイロンにかけるように押しつぶして伸ばしていく。メタ構造のようなもので自らの悲哀を歌う。ヨルシカも歌詞の意味を直接的にとらえると若者のための歌に聞こえるかもしれない。しかしそれと同じかそれ以上に大人が大人をやることの矛盾。あるいはもっと大きく言えば人間が人間をやることの自己矛盾を暗喩していると僕は思っている。

ヨルシカで言えば「盗作」が代表的だけれど

youtu.be

歌詞の内容は物語風になっていて曲を盗んでそれによって承認欲求を満たす「偽性」についてを歌っている。盗んだメロディーでつくった偽物の曲が売れてそれを喜んでいる社会は馬鹿ばかりだと吐き捨てているかと思えば自分もその社会の一員だということに苦しむ様が歌われている。そしてそういう状況にあってもなお「美しいものを知りたい」で曲は終わる。

ヨルシカの歌詞を注意深く見ているとどの曲にもこういった二層構造、ダブルスタンダードにしか生きられない自分自身に苦しむ姿を見つけることができる。非常に哲学的な側面を含んだものになっている。

「だから僕は音楽をやめた」では以下のように歌われている。

間違ってないよな間違ってないよな間違ってないよな・・・

間違ってるんだよわかってるんだよあんたら人間も

 間違ってないよなと叫びながらも間違ってることを自覚している矛盾

「だから僕は音楽をやめた」は直接的に聴くと他責感情に支配された子供のわがままみたいにも聞こえるけれど、そうではない。歌詞の中の人間という言葉は自分自身をも包括しているように読むことができる。

 「八月、某、月明かり」でも次のように歌われている

罪も過ちも犯罪も自殺も戦争もマイノリティも全部知らない

君の人生は月明かりだ
ありがちだなんて言わせるものか

今も、愛も、過去も、夢も、思い出も、鼻歌も、薄い目も、夜霞も、
優しさも、苦しさも、花房も、憂鬱も、あの夏も、この歌も、
偽善も、夜風も、嘘も、君も、僕も、青天井も、何もいらない

君の人生は月明かりだと歌いながら君をいらないと歌う矛盾

 

 こういう自己矛盾に苦しむ様は若者だけのものではない。たとえばたびたび取り上げて申し訳ないけれど、はてなブロガーであるシロクマさんの著書「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」においても社会と自己の矛盾について書かれている。生理学上のホモサピエンスとしての人間と社会の中での規範的人間という二層構造について書かれている。

あるいはもっと古く言えばフロイトの性倒錯などもそれに当たるのではないだろうか。

実際、僕たちは大人であろうが子供であろうが二重性を持つ生き物であるがそれを言うことができない。社会人的にまともなことしか許されない社会だからこそ人間の二重性を代弁してくれる音楽が逆説的に支持され、うけるのだろう。「うっせえわ」の歌詞がうけているのはそのような部分であって大人を批判する子供の戯言として聴くのはすごくもったいない。

絶対絶対現代の代弁者はこのワタシやろがい

と、歌詞にも書かれているけれど、汚い言葉でだれかを罵倒したりするのはポリコレやコンプラ上、現実社会では不可能であるからこそ音楽というフォーマットにのせて代弁してくれることが痛快なのだ。

僕はもはや若者ではないけれど「うっせえわ」は良い曲だと思った。串をはずすとか酒の席のマナーどうこうに共感できるほどナイーブな年齢でもないのでもはやそれらはどうでもいいのだけど、それらは比喩として使われているだけに聴こえるのだ。具体的な内容を抽象化して聴くともっと深いところの「そういう諸々」という意味で歌われている。その内容にたいして僕はものすごく共感するところが多い曲だと思ったし、それは多くの大人でもそうなのではないだろうか。

こういった日本社会の倒錯性は大人でも共感しうるものだと証明している代表的なアーティストにミスチルがいる。

名前からしてMr.にchildrenがついていて矛盾しているのだけど、曲の中でもそのようなものを見つけることができる。たとえばミスチルの知られざる名曲one two threeの歌詞にもヨルシカやうっせえわのような自己矛盾が書かれた箇所がある。

高らかな望みは のっけから持ってない
でも だからといって将来を諦める気もない
ぬるま湯の冥利と分別を知った者特有の
もろく 鈍く 持て余す ほろ苦い悲しみ

「分別を知った者が持て余す悲しみ」という部分は「うっせえわ」で歌われている内容と酷似している部分がある。「うっせえわ」では優等生で天才のこの私でも苦しいのだと歌っている。分別を知るの部分と優等生は同じ意味をもつ言葉となっているが分別を知ってもそれでも悲しいのだと、それでも苦しいのだと、この悲哀はなんなのだろうかと自問しているのが現代人にはとてもよく響くのだと思う。分別で割り切れるほど簡単ではないだろうと。

 

いろいろ考えてはみたけれどたとえこのどれもが間違っていたとしても「うっせえわ」という一言はとても痛快なことだけは間違いないと思う。たとえそれを言われる側であったとしても、である。

それよりなによりどうでもいいけどマカロン食べたい

youtu.be

コロナ禍における保守主義の必要性、あるいは保守のリベラル化

コロナウィルスを軽視すること及び保守主義についてです

 

小林よしのり氏を筆頭に保守界隈で「コロナはインフルエンザよりも怖くない」という言説がたびたび聞かれるようになった。はてなでは一顧だにもされない保守論壇だけど、僕はけっこう好きだったりする。虎ノ門ニュースとかの界隈には近づかないようにしている(というかあれは保守ではない)けれど保守思想そのものはけっこう好きだ。

さておき、この手のコロナと共存して社会をまわしていこうといった言説はコロナ初期から言われてきたことで、三浦瑠璃さんや東浩紀さんなども緊急事態宣言には慎重な意見を当時は言っていた。ニュースピックスなどの左寄りのメディアでもウィズコロナといった言葉が使われていた。右左ともに過度な自粛には慎重な姿勢を示す人々が一定数いる。

社会をほとんど閉鎖してしまう緊急事態宣言にたいして慎重になるのは当然と言えば当然だけれど、どうにも最近その様相が変わってきたように思う。

保守主義者が緊急事態宣言に反対するのは主張としては妥当だと思うけれど、問題はその主張の内容にあるように思える。それを確認したい。

小林よしのり氏の言っていることは次のようなことである。

「欧米などで大量の死者が出ていることをもとにサンプルを集め、そのデータで数理モデルを組んでも日本には通用しない。」

日本では一年近くたった今ですら例年におけるインフルエンザの年間死者数を超えていないのでインフルエンザのほうが怖いと言っている。この程度のウィルスで社会を閉鎖するのは間違っていると。小林よしのり氏は言う。

これに関してはわからなくはない。実際、死亡者数が日本に限ってみればものすごく少ない。

ファクターXと呼ばれる要因でアジアでの死亡者数が少ないのは春から言われていたことで実際に人種による差異があるのかもしれないのでそう考えるのもわからなくはない。ただ、それもいまだ憶測の域を出ない以上はエビデンスのある数理モデルを軸に政策をうつのは当然だと思われる。

なので小林よしのり氏の主張に僕ははまったく賛同しないのだけど、彼の主張を見ていて思うのは保守がリベラル化したというところにある。

保守というとナショナリズム愛国主義と結び付けられてしまいがちだけれど、たぶんに自然主義的な側面を持つ思想なはずだ。保守は変化を嫌って今ある価値に重きを置くと考えられていたり、時に老害扱いされたりすることもあるがそれほど単純に切り取れるものではない。

リベラルがエビデンスをもとに合理的・理性的正しさを主張する一方で保守主義の社会的役割は変化のダイナミズムにブレーキをかけることだと思っている。リベラルは時に人間の存在そのものを無視した正しさを振り回すことがある。ヴィーガンなどもそうであるが、正しい社会を構想してもそこに人間が落ち着くまでにはあらゆる段階を踏んで漸進しなければいけない。つまりリベラルがなんらかの正しさを持ち出してもそれをインストールするにはもともと人間がどういったものかを土台に考える必要があるということだ。

そのためには人間そのものに関する理解・一般解・常識を確かめることが必要になる。人種、慣習、生活様式が国ごとに違うのでそこに生きる人々の過去に軸足を置いてこそ人間は人間をやれるのだと、保守とはつまりそういうことだと思っている。だからよく保守界隈では「棹をさす」という言葉が使われる。調子をあわせるという意味だけど、時流が人間をおいていきそうな時代においては過去に棹をさして調子をあわせることが必要になる。なので保守界隈では時にリベラルから見ると意味不明な反論を展開してしまうことがある。それが正しいとわかっていても人間の実存を考えた時にその正しさにはブレーキをかけなければいけないので反論「しておく」ということがある。僕自身もたぶんに保守的な側面があるのでブログで例を出すと

ハラスメントはダメだよねと思ってはいるものの全部をハラスメントと言うのはどうかなと言ってみたりする。本気でハラスメントが許されるものとは当然考えていないが、自分自身に反論をたてておくことはとても大事なことだと思っている。

しかしこういうのも一歩間違えればエクストリーム擁護みたいなことになりがち(というのはこのブログが証明しているけれど)

なので保守の考えを言語化するのはとても難しい。えてして人間にたいする理解なんてものはバラバラだし国家観も違っていたりする。ましてや僕みたいな人が風習や慣習を語ったとしても感想以上のものとはならない。それでもなんとか論をたてておくことが社会的に必要になる。さもなければ世界は理性のみによってならされていくことになってしまう。なにを人間にとっての価値とするか、なにを自然的な価値とするか、なにをその国独特の価値とするか、なにを守るべきでなにを守らないべきか、そういったことを考えるのは非常に困難だけれど保守すべきは何かを語ることはとても重要なことだったりする。

グローバリズムが席捲した今でこそ保守や右翼のことをなにかと馬鹿にしがちであるけれどそうではない。保守があってこそリベラルの主張が社会にインストールしうると、僕なんかはそう思っている。

 

以上のような考えで先の小林よしのり氏の言論を見ていく。すると小林よしのり氏のやっていることは数理モデルにたいする「反論」であって保守よりもむしろリベラル的な言論となっている。もちろん保守がデータを持ち出してはいけないと言いたいわけではない。しかしながら保守がまずもってやるべきことは今のような緊急事態宣言においてどうやって社会を社会のまま存続させるのかを主張することだろう。

慣習や生活様式に重きをおく保守の小林よしのり氏は社会がダイナミックに変わっていくことに危機感を持っている。それは正しい感性だと思うけれど、それにたいしてエビデンスとも言えないエビデンスで反論するのはいただけない。死亡者が少ないのはいまだ感染爆発をおこしていないからであって、日本で感染爆発が起きたときにどれだけの死亡者が出るのかはまだわかっていない。第3波に関してもギリギリで持ちこたえている状態である。なので日本におけるコロナの死亡率が実際のところどのくらいなのかよくわかっていない。以上のような状態なのでサンプル(感染爆発時の日本における死亡者数)がないことをもってして論をたてるのは間違っている。

もちろん緊急事態宣言に保守は反対しておくべきではある。人と人が会うことを国家が禁止することは下手すればとんでもないことになりかねない。なので社会を保守するために、たとえエビデンスがなくても緊急事態宣言にたいして反対することは保守として正しいと思う。

しかし今の社会では「エビデンスがないことは言うな」が当たり前になっている。だから小林よしのり氏もエビデンスとも言えないエビデンスを持ち出して反論しているけれど本来そうではないと思うんですよ。コロナに関するエビデンスは専門家の方にまかせればいいのであって、もっと人間そのものに棹をさしたコロナ論のようなものが保守から出てこないかなと思っているのだけど、なかなか見つけることができない。

人と一緒にいることそのものの価値だったり人間の実存的なつながりや共同身体性はもっと原理的な権利であるとかそういったもので反論するほうが保守らしいと思うのだ。こういう事態なのでエビデンスがないものは科学的ではなくデマゴキーとなるからやめたほうがいいと思うかもしれないが、そうではないんですよね。科学や理性が「人間にとってみたら結果としてデマゴーグである」ということは往々にしてある。緊急事態宣言にしても科学的な観点から言えば全員がひきこもるのが最も良い方法で実際に中国ではそうしていた。しかし僕たちはそうではない。全員がひきこもることは自由と私権に反しているので多くの人が反対する。自由も私権も科学的ではないがとても重要なことはみな知っているはずだ。それらはコロナを抑え込むのには必要ないものだが日本人が日本人として生きるにはものすごく重要なものだったりする。

つまり科学的に自粛が正義となった時には日本にとって保守すべき「価値観」によって反論するのが保守のすべきことではないだろうか。緊急事態宣言のような画一的な空気が大衆を規定しはじめそうな時にこそ保守は必要とされている。

科学的なデータは専門家の方々がいるのでそれをもとにした政策をうてばいいと思うけれど、ただ「ここに人間がいるよ」と言うこと、そして人間はどういう存在なのか、それ自体の大切さをもっと考えたほうがいいような気がしているのだ。

保守も、そしてリベラルも。

思想の重要性~なぜ人は人に助けてと言えなくなったのか~

なにかいろいろ考えさせられる記事

mainichi.jp

コロナで失業した女性の記録だけど、自己責任社会極まれりみたいな内容で悲しくなってしまった。なんでここまで「助けて」と言えないのだろうか・・・

なんてことを書いてみても自分も同じ状況になったとして「助けて」と言えるかどうかわからない。おそらく言えないだろうな。歳を重ねれば重ねるほどに言えなくなる。学生のころはお金なくて気軽に友達に飯おごってとか言えたものだけど今言うのはやっぱり気がひけてしまうな。大人は自立してなければいけないと考えている人が多くてたぶん自分もそういう社会に飲み込まれ、あるいは加担してしまってるのかもしれない。しかしここまで助けてと言えない社会、バラバラに分断されて貧困にあえぐ人がその精神すらも自縄自縛となっているのはなんなのだろうか。個人主義自由主義リベラリズム、資本主義と聞こえはいいけれどどれもこれも生き方として設定した瞬間にそこから外れた人にスティグマを与えてしまい、その人は助けてと言えなくなる。

誰だよこんな地獄みたいな社会をつくったのは・・・なんか書いててむかついてきたな。

子供が貧困にあったとしてもその境遇は偶然として判断され同情されるけど、大人が貧困になると今まで生きてきた結果として判断されてしまう。本当はそんなことないのにね。子供だろうと大人だろうと人生は偶然に支配されてる部分があまりにも大きくて人間一人が自立して生きていけるなんて完全に幻想に過ぎないのに。

つまるところ「自助」なんてものはないのだと思っている。ブコメにも書いたけど

#自助といわれても:気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで - 毎日新聞

自助って一言に言うけど死ぬまで自助できてしまうのが人間だからこそ共同体や行政からの支援が必要なんだよね。誰にとっても他人事じゃないはずなんだけどな。

2021/01/23 19:03

b.hatena.ne.jp

もちろんたとえば平時においては自分の体を気遣ったり栄養バランスを考えたり自己投資したり自分の人生を自分で選んでいくということは当然あるにせよ、助ける助けられるという段階まできたら自分で自分を助けることはもうほとんど不可能だと言うべきだろう。菅が自助共助公助と言っていたけれど人間は死ぬまで自助できてしまう生き物で、そんなことはホームレスの方を見ていればわかりそうなものなのに。家を失おうがゴミを拾おうが犯罪を犯して刑務所にはいろうが結局のところ生きてしまえるのが人間で、しかしそれをもってして彼は悲惨さではないと言うことはできないだろう。

共助なんてなくても食糧を盗んで食べればいい。自助はどこまでも機能してしまう。自助は無限に続いてしまうもので、それこそ死ぬまで自助で生きることも不可能ではない。しかしそれはもう生活と言えるほどのものではなくなってしまう。

だからこそ自助なんてどうでもいいから困ったら行政なりNPOに頼ってくださいと言うべきであり、自助なんて言葉ははなっから存在しないものとして宣言したほうがいい。自助という言葉を政府が言うこと自体がそもそもおかしいのだよ。

 

しかしながらこの手の問題は政府の問題よりも社会の問題としてとらえたほうが良い気もしている。政府の問題はあるにせよ、社会が抱える問題のほうがはるかに大きい。

冒頭にも書いたように僕達は「助けて」と言えない社会に生きている。行政の支援の方法云々よりもこちらのほうがはるかに深刻だ。他人にたいして助けてと言えない。本来、政府に頼らずとも人は人と助け合いながら生きていくものという大前提が社会から欠落しているように見えてしまう。もちろん人は人を助けるという理念自体はまだ言われるし、そう考える人が多いと思う。しかしそれが実際の社会の中で流通しているかどうかは疑問が残る、というかほとんど機能していないのではないか・・・

たとえば元事務次官が自分の息子を殺害した事件も記憶に新しい。ひきこもりの息子が他人に迷惑をかけるかもしれないからという理由で殺害した。これも社会を信頼できなくなった末に起こった事件とも言える。他人に迷惑をかけていい社会であれば息子は生きていてもいいと、そう考えることもできたはずだ。他人に迷惑をかけてはいけないというその道徳がむしろ人をかたくなにし、時にゆがませる。ゆがんでいたのは父と息子どちらなのだろうか。そう考えてしまう。他人に迷惑をかけてはいけないという道徳を信奉する父とひきこもりの息子。正しさにふりきれた父とその正しい社会に順応できない息子のどちらもが被害者に見えてしまうのだ。

 

この手の問題は僕が記憶している限り10年以上前から言われてきたことだ。新自由主義が台頭してきて資本格差が広がり個人主義が蔓延してきて他人と他人が断絶されるようになったのはすくなくともここ10年20年あまりの出来事で、それまでは人と人が入り混じって生活していたように思える。小学生時分にサッカーをしていたら近所のおやじに怒鳴られたり今よりもお店の人がフランクに話しかけてきたり、ありていに言えば人と人との心理的距離が近かったのではないか。もちろんそのような社会では相応の衝突があったのだろうけど、それでよかったのではないだろうか。僕はまだ子供だったけど、そういった人と人がないまぜになった社会のほうがはるかに生きやすかったのではと、そう思うのだ。それがいつのまにか人との衝突そのものを避けるようになり、他人には侵犯してはいけないというのが大前提になった結果、個人は個人で分断され、すべてを個人の責任に帰依させ、その結果個人が困窮した時に誰も頼ることができない社会ができあがった。

最近もバス停で寝泊まりをされていたホームレスの女性が殴り殺されたという凄惨な事件があった。彼女も親族に頼ることができないまま寒空の下で亡くなられてしまった。助けてと言えない社会はものすごく非人道的な社会なんだということを改めて言いたいのだ。人は一人では生きていけない。あえて比較するけれど、たとえば戦争や災害のようなものよりもはるかに悲惨なのが孤独であり、孤独だけが人間にとって真に問題なのに僕達はあまりにも孤独に、バラバラに生きている。それは一見資本主義に順応してうまくやっているように見える人でも例外ではなく、金の切れ目が縁の切れ目と言われるように資本主義的に絆を結んだ人に助けてとはおよそ言えるものではない。

個人主義者は個人になった瞬間に孤独になるしかない。それが個人主義の最も残酷な帰結である。だから僕はこのブログでもさんざん個人主義を批判してきた。リベラルでも保守でもなんでもいい。個人の前にくる何かを人は持つべきであり、たとえばナショナリズムでもリベラルでもなんでもいい。個人の前に国がくればそれは極右的な思想になびいてしまうかもしれない。しかしそれでも個人主義よりははるかにましなのだ。なぜなら助けてと言えるからだ。リベラルでもいい。個人の生存よりも個人の自由を高次なものとすれば自由ではないと思えた瞬間に助けてと言えるからだ。宗教でもいい。死ぬ前に神や教会に頼ることができる。とにかくなんでもいい。個人主義を最上位において外部と関わらずに命すらも投げ出すような思想よりははるかにマシなのである。

 

この手の問題はなぜ人は思想を持つのかといった問題に直接かかわってくる。実際、平時において個人主義は自由そのものであり、なにも問題はないように思える。僕自身もそうだ。人に頼らなくても問題はない。しかし個人主義に飲み込まれそれを完全に内面化してしまうと、いざ有事になった時に人に助けてと言えなくなる。それは冒頭記事の女性もそうだし文中で書いたホームレスの方もそうである。そして誰も彼もそういう状態にならないとは限らない。だからこそ人はその時のために何かに「依存」する訓練をすべきであり、自立した個人というのは平時における幻想にすぎないのだということを再確認すべきなのだ。そしてそれを実践するには個人の前にくる思想が必要であり、思想を持ってこそ個人は助けられうる存在として存在しうる。共同性や思想、保守やリベラルとは今でこそ空虚なものとして響くかもしれないが、そうではない。思想こそが最も現実的な手段なのである。