読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンダウト

メロンについて考えるよ

運動瞑想野菜自由憲法

合成の誤謬は経済学の言葉であるが哲学的な分野にも食い込んでくる言葉だろうなとタバコに関するニュースを見て思った。

 

経済学での誤謬はマクロとミクロの話で、貯金はミクロ経済ではしたほうがいいがマクロ経済にとってはしないほうがいいとされている。

この話を死についてうつしかえれば人間はマクロでは生産活動が不可能になった時点でさっさと死んだほうがいい。こんなことを政治家が言ったら恐ろしいほど炎上するだろう。とんでもない暴言である。

炎上するが死んだほうがいいというのはひとつ、真実でもある。しかし死について語ることはなぜか許されていない。

個人金融資産の8割は60歳以上が持っていて日本で経済をもう一度活性化しようと思ったらここに切り込まざるを得ない。消費活動も老年によって停滞して、余生を過ごせるだけのお金を投資に向けるインセンティブがあるわけもない。老人から富を移転させようと思ったら相続税しかいまのところない。

しかしここに切り込むのは絶対にタブーとされている。日本ではさっさと死ぬことの美徳が語られることはない。あるいは世界中でそうである。

 

そもそもなぜさっさと死んではいけないのだろうか?最近も日本健幸都市連合や健康増進法なるものもできている。ますます健康志向で長生きするのが良いと周知している。

しかし上述したようにマクロで見れば老人になって消費せずに預貯金で生きることは経済的に見れば「悪」である。もちろん経済など人間の一側面にすぎない。だからみんなさっさと死のうなんて言うつもりは毛頭ない。

ないが国が必要以上に健康を促すことには違和感を覚える。健康は個々人が個々人の自由意志によって追求するものである。憲法13条に幸福追求権が明記されている。個々人の行動は公共の福祉に反しない限りにおいては制限しえない。

 

憲法13条

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする

 

当たり前であるが、国が経済を循環させるために老人にさっさと死ねとキャンペーンするのは憲法で禁じられている。これは当然であるが、では国が国民にたいして健康を要求するのはどうなのだろうか?

個人の幸福追求の方法には運動などポジティブな方法がある一方で、ネガティブな方法も幸福追求の方法として数えることができる。堕落しタバコなど公共の福祉に反しない環境で吸い酒を飲みまくりさっさと死んだ人間を一般的には、断定的に不幸な人間と決めつける。

しかしそうして堕落し、ドーパミンに耽溺しながら生きる彼ら彼女らは本当に不幸なのだろうか?はたから見れば不幸な人に見えても本人は幸福だと思っているかもしれない。

結論としてはわからない。わからないから個人が個人の人生をどうデザインするかは当人の自由に選択できるという憲法が存在する。

 

80歳になってまでいきたくない人だっている。40代から常に健康を意識して長生きするが死ぬ間際に70歳から80歳までの人生を振り返ると生産活動が終了し、無意味に食にありつくだけの日に罪悪感を抱き、死ぬ間際にもっと酒でも飲んで遊べば良かったと後悔するかもしれない。もちろん長生きして良いことだってたくさんあるかもしれない。ありとあらゆる可能性がある。

 

不確定な未来にたいしてああだこうだ言ってもわからない。わからないからこそだから「自由」が大切なんだと思う。

健康など定型化した与えられた価値観により未来で幸福になろうと思ってなれなかった場合には、気持ちのぶつけどころが存在しない。自由意志によって選んだ未来であれば例え不幸になっても自分で選んだ生き方なんだからと気持ちを消化できるかもしれない。つまり運動瞑想野菜に代表されるようにみな一様に健康が大事なんだと言う。

もちろん大事である。大事であるが「自由意志の上に立たない健康」は破綻する可能性が高いと僕は思う。

例えばまじめにコツコツやってきたサラリーマンが自由意志を持たないまま社会的立場だけを目的として働き、突然リストラされたら人生の終わりだと感じるようなものだ。

 

同じように健康だけを目的とした運動瞑想野菜は病気になったときの後悔の度合いも増幅させる。健康を目指し無理やり運動して「病気になる確率を下げる」のと「病気になったときの後悔の量」はトレードオフでしかない。

つまり無理やり運動して野菜を食べても健康にはなれても幸福にはなれないという解が出る。じゃあ幸福になるためにはどうしたらいいのだろうか?

もうすでに書いたがなによりも大事なのが「自由」だ。自由。幼子のごとき、自由だ。

自由意志により健康を目指すのであれば病気になったときの後悔の量を軽減することができるのでトレードオフではなくなる。

具体的には運動であれば仲間と笑いながらフットサルなどする。野菜を食べるのであれば美味しく盛り付け最高のドレッシングでいただく。瞑想は・・・よくわからないので割愛しよう。

 

国が健康を布教する気持ち悪さを書こうと思ったのにいつのまにか自由意志を説く憲法13条のすばらしさと運動瞑想野菜について書いていた。健康増進法た後日かくかもしれない。

脱線しまくってしまったがかまわない。ブログも健康も自由こそが大切なのだ。

フェミニズムの反言的矛盾

言葉には言質があり反言がある。

フェミニズムは大事な運動であると思っている一方で男女同権は不可能性が高すぎるので現実的なレベルでの興味はない。運動自体は存在するべきだと思っているし境界線としての「役目」みたいなものがあるのだと思う。だから僕はフェミニストではないけれどもフェミニズム支持者である。

しかし時に目にするフェミニストの理想主義的言論にはすこしクラクラする。

 

具体的な話で言えば女性の権利向上の中に風俗嬢やAV女優の権利を向上させようとする運動がある。フェミニストの中で最も重要な性に関することなのでここを考えればすこしその「不可能性」が見えてくるのではないだろうか・・・

職業選択の自由として風俗嬢になってもいい自由を主張する。権利をかかげ誰も蔑むことは許されない空気をつくろうとする。

風俗嬢やAV女優も多様性で包摂して「権利をかかげる権利」があると主張する。

 

しかしこの風俗嬢などの権利を主張する運動は2つの矛盾を抱えているので行き詰らざるをえないと思う。どういうことかというと1つは、フェミニストのように冷静な視点で風俗嬢の権利を主張するのは客観的視点においては可能だが主観的視点においては不可能という点が矛盾している。

 

客観的に見れば、僕も女性の権利は大事だと考えAV女優に権利を与えるべきだと思っている。しかしそれは根本に他人がどうしようが自分の精神にいかなる傷も禍根も与えないからである。

いっぽうで主観的に見れば、恋人等が風俗嬢であることを僕は耐えられるようにはできていない。許しはするかもしれないが頭を抱え込むことになることは間違いない。

 

ここで

全人類にたいして恋人のごとく接し、決して風俗嬢を許しはしない人間、と恋人にたいしてさえ風俗嬢になる自由を与え権利を主張する人間。どちらが優しい人間なのだろうか・・・?僕は客観的思想によってしか決断しない人間はむしろ卑怯な人間だと捉えている。一方で前者も支持しえない。人の言葉や行動は現実的に矛盾してこそ信用できる。

 

2つめは反言法によって矛盾する。例えばある人が次のようなことをいう。

「AVに出演していっぱいセックスしてるなんてつくづく幸せな人生だね。」

皮肉たっぷりだ。フェミニズムがつくる世界はこの言葉に対して「怒ることができない世界」である。この言葉を発した人間の精神性に幻滅するというは可能であるが、この言葉にたいして怒ることはできない。

犬儒してシニカルに沈黙し思想的にマウンティングし冷笑することはできるが、真向から怒ることはフェミニズムの思想に反することになる。風俗で働くことは幸せなことととらえる自由があると考えているからだ。

 

個人的なフェミニズムに関する所見を述べれば理想主義的すぎて落としどころを探る必要があるように思う。男性と女性の生物的条件が絶対に違い、ここを変えることはできないので折り合いやっていくしかないように思う。

昭和的家族構成のサラリーマンと主婦もあるいは社会的条件との折り合いであの形がベストだったのかもしれない。あるいは中国の後宮文化も当時戦争の絶えない時代には折り合いがついていたのかもしれない。男性は戦争に駆り出され死に、女性はその男性の悲惨さの等価交換として権利がほとんどなかったのかもしれない。つまり「戦争に行って死ぬぐらいなら権利を求めるな」と。

 

今は戦争もないし男性しかできないような仕事もそれほど多くない。だから女性の権利を歴史上で最も主張可能な時代だ。

しかしそれでも平等とはいかないよ。だから折り合い許しあえることを精査し耐えることが重要なのではないだろうか。全部許すなんてことは理想主義的すぎるのだ。

私達は複雑さに耐えて生きていかなければならない。なんてどこかで聞いた言葉で・・・了です。

plagmaticjam.hatenablog.com

 

自立と貧困とリベラルとタバコと共同体概論

過去に書いた文章・・・雑文です。

NEWSZEROで子供の貧困について放送していた。子供の6人に1人が貧困であるようだ。この数字自体がかなり衝撃的な数字にうつる。アフリカの子供との比較ではない。日本人が感じる日本人の感覚として絶望的だと感じる。

離婚率の高さ、所得格差などでシングルマザーシングルファザーになって貧困にあえぐ人があとをたたないらしい。放送では飲食店でフルタイム働いて月収が9万円。それで子供2人を養っているシングルマザーが紹介されていた。育児は尊い

 

放送の中で貧困者にたいして食料品提供しているNPOを取り上げていた。寄付で集めた食料品などを貧困家庭に配るNPO団体。子供にお菓子などを配っていた。フードサービスを提供するNPO団体はこれからもっと必要になっていく。今回放送されていたものは学校側が貧困家庭を拾いあげてNPOに通知して食料を配給するという仕組み。シングルマザーの彼女も利用しているようだった。

 

そんな彼女が言った言葉におそらく日本の最も根源的な問題が示唆されているのではないのかと思った。彼女は月収が9万円しかなく子供2人を養うにはそうとうにきついのだがそれでも人に頼ることに躊躇いがあると言っていた。

自己責任、自立、平等原則など理念的にはポジティブに聞こえるものばかりで現実的に何の役にも立たない言葉達が彼女を苦しめているのかと思うとすこしいたたまれなくなってしまった。

 

個人的な所見を述べればこの世界に完全に自立している人などどこにもいなく誰しもが誰かに何かを依存している。その精神的、金銭的、性的、社会的なあらゆる支柱をまるで「自然」「自明」なものとして取り扱うものだけが声を大にして私は自立していると叫ぶ。そして失ったもの、自立できるほどの支柱を持たないものを自己責任論の名のもとに説き、殺す。その正当性を補された依存がほとんど運であるにもかかわらず、である。

 

人間は5つの依存先があるとココロが安定すると言われている。家族、中・高・大学の同級生、ママ友、同僚、趣味仲間、ネットなどなんでもいいがともかく別のコミュニティーから見た視点を複数獲得することで、はじめて冷静な距離を取ることが可能になる。あるいは単純に他のコミュニティーから離脱したとしても社会とは切り離されない保険としての役割か・・・

 

理由はどうでもいいのだがともかく広く人間関係を持つのは精神安定上では非常にポジティブな効果が期待できる。しかしこの自分を広く押し広げ複数のコミュニティーに在籍するような一見すると冷静で大人に見えるこの人は果たして「強い人」なのであろうか?

 

おそらく人間は心的リソースの分配がかなり大事であることは間違いない。間違いないのだが、ではマイルドヤンキーのように単一のコミュニティー、閉ざされたコミュニティーで生きる人は自らを客観視できなく依存しているから「弱い人」とされるのであろうか?

 

依存先のコミュニティーを複数確保し客観視できる人

単一の思想に染まり言語すら標準化されていない人

 

おそらくはどちらが強いかどうかで言えば繋がりの強さで言えば後者で、前者は世渡り上手でリベラルな人ということになるであろう。

しかしこの時、総量としての分配前の心的リソースは前者と後者もどちらもさほど変わらないのではないか?という疑念が僕にはある。

つまり前者のようなマイルドヤンキー的生き方、つまり「保守的、土着的な生き方」は自分のコミュニティーを客観視しないがゆえに自壊する恐れがあまりない。しがみつく。その繋がりの強固さゆえに壊れる時にはひどいことになる。

ちょうど世界に学校しかコミュニティーがない子供が時に子供をいじめ殺すように。

 

一方で前者はいじめられたら即座に逃げ出し別のコミュニティーに逃げることができる。しかしこの簡単に逃げ出してしまうようないかなるゆがみも客観視され矯正されるる世界では歪だが強い繋がりが生まれにくい。(強いつながりそのものを悪だと考える人もいるであろうが僕はそう思わない)

 

どちらのコミュニティーに属するにしても、おそらくは人間一人一人が持つ心的リソースの総量は違わないのであろう。一箇所に集中してリソースが投入されれば歪でも特別に強いコミュニティーが生まれることもあるし、振り分ければ何が大切かわからず遁走するように生き、延びていくだけになるかもしれない。

 

繋がりが持つ危険性は時に子供が学校で起こすイジメなどに見て取れる。エネルギーが爆散して被害者に向かう。だから個人的には一つのコミュニティーだけで生きていくことはおすすめできない。人間はコントロール不可能であるしあるいは配偶者でも家族でも裏切られるリスクが常につきまとう。

 

ところでまったく関係ないように見える話であるが、タバコほど無意味なものはない。燃やして煙になり空に還るだけである。まったく誰のためにも何のためにもならない、ならない、ならないがゆえに依存する。

人間や仕事、恋愛も常に危険と隣り合わせの関係であって常にいさかい衝突するリスクがある。コミュニティーから得る成果や承認もある。恋愛における静謐な空気も穏やかな呼吸も、友人同士でかわす笑顔も人生においては最高の果実である。一方でどれだけ信頼してもコントロール不可能な他者という視点が消えることは永久に、ない。

意味を求めあうし愛も信用も能力も求めあう。それらを獲得する努力が必要なくなることは永久にない。善も悪もないまぜになった人間関係が人に重力を与えるので関係そのものを否定してはいけない。その矛盾を抱え生きていくしかない。

ここで言いたいことは意味を求めあう人間関係では、100%完全な形で依存することはできないということである。だからコミュニティーを分散させることで依存先を増やすことでココロが安定する。

 

一方でタバコのようにまるで無意味なものへの依存が「人間関係が求める意味」にたいするカウンターとして生じてくる。だからタバコが無意味であるというのは批判にはなりえない。依存対象はそれが無意味であればあるほど良い。

紫煙をくゆらせタバコの煙に意味を乗せ空に還す、そんな無意味さだけがおそらくはタバコの(時にポジティブな)本質である。それは時に息苦しく感じる人間関係の意味の世界と対比してむしろ聖なるものに見えてしまう時がある。

しかし意味も無意味さも同時に保持しなければいけないのだろう。無意味と意味を同時に抱えるその矛盾だけが大人になるということなのかもしれないと、最近、素朴に、思う。