メロンダウト

メロンについて考えるよ

なぜインターネット依存は語られなくなったのか

Hagexさんの事件から3週間経った。かなりいろいろな記事を読んだが記事を見通して疑問に思ったことがなぜ誰も「依存」について書かなかったのかということだ。

 

ネット上のやりとりで殺人までいく狂気の源泉にはネット依存が多少なりある。容疑者は4年間無職ではてなに執着していたみたいだがそこまで執着することは医学的に見れば明らかに依存症と呼んでいいものだろう。

捨て垢を大量につくってまで罵倒を繰り返していたことも、ネットのやりとりで殺人までいくことも、またその間ずっと無職だったことも依存症を根拠づける報道だと言っていい。

 

僕も前々回の記事で低能先生の件に関して言及したけれど依存症については書いていなかった。しかしふと何の気なしにオウム真理教のニュースを見ていたら低能先生の件とつながった。

 

オウム真理教の件は当時、高学歴だった若者が麻原に吸い込まれていった件だったが低能先生ははてなに吸い込まれていったと考えれば合点がいくのだ。くしくも低能先生も国立大卒の高学歴だったわけだが

 

基本的に人間は感受性の動物であり理性や自律心などははっきりと後天的なものだ。環境や境遇次第で上下する不安定な能力だ。うまくいっている時には物事が客観的にとらえられたりするがたとえば無職になったり、たとえば就活に失敗したりとうまくいかない時にはなにかにべったりと依存することがある。それは誰しもが経験があることだろう。つきあってたった3か月の恋人が世界そのものに見えたり新卒ではいった会社が世界のすべてに見えて過労死するなど様々ある。若者のほうがそういうものに吸い込まれていくことが多いが何も若者だけの話ではない。恋人がいない期間が長かったり労働経験が空きすぎたりすると人の経験は無意味化する。再童貞化などとも呼べるかもしれない。再童貞化すれば男子高校生のようにセックスが時に世界のすべてに見え、良い意味で言えば純粋な感受性に還ることがある。

 

そして厄介なのは感受性のまえには学歴や理性などはまったくブレーキにならない。人間は時にひどく受動的な生き物だ。

 

宗教に吸い込まれたり、あるいはテクノロジーに吸い込まれたりする。何に吸い込まれるのか、何に傾倒していくのかはほとんど運の領域なのかもしれないと2つの事件を見て思うのだ。オウムに関してもたとえば土谷正実死刑囚も筑波大学時代に恋人と別れなければオウムに入信することもなかったかもしれない。上祐も村井も誰もかれも運のないめぐりあわせだと言ってしまえばこれほど簡単な結論もないが事実としてそういう人になる「可能性が誰しもにあることは理解すべき」なのは間違いないと思う。

 

自分だけは無謬だと思っていたらいつかドツボにはまる。

 

さて

テキストサイト時代の名残か、なにかインターネットがリアルからの救いのような意味合いで語られることが多いのだがこれだけ普及率があがったいま語るべきはインターネットにたいする依存のほうではないだろうか。

昔のネットは回線が遅いぶん中毒性がなかったというか中毒になる回路自体が存在しなかった。いまのネットは矢継ぎ早にザッピングし永久に情報を追い掛け回すことができるようになった。それは便利になったといわれるが一方では人が依存しやすくなったと言えるだろう。

ネット依存はなぜか現在の総数が定かではない。2013年には271万人とされているので普及率と利便性を考えれば倍増かそれ以上にはなっていると推測できる。

低能先生は情報だけを見れば明らかに依存症だった。そして低能先生の事件は依存症という点からインターネット全体の事件と考えることができる。

 

人をネット依存にする原因はインターネットの様々なところで見つけることができる。

はてなで言えばブックマークに流れてくる記事の回転率、UIのなかでただひとつある赤色の通知

保守速報、Kazuyaチャンネルに先導されるネトウヨ

Youtuberの間のない編集と喋り

ツイッターの操作性と「世界性」

 

これらに吸い込まれていく人は誰しもがオウムに吸い込まれていった可能性がある。そう自覚し宗教と同時にテクノロジーにたいしての免疫を獲得すべき段階までもうインターネットの依存性はきているように感じる。

シンギュラリティーがやってくるなどと言われているが少なくない人間がもうすでに過去の人間が宗教で世界観を形成していったようにネットで世界観を形成するようになっている。あるいは単にネットに操作されているといってもいい。

それは依存といっていいのか定かではないがネットには戒律もなければ教義もない。単純化された思想の「ようなもの」が刷り込まれていくだけで多くの場合それは時間の無駄にしかならない、がネットが普及して十数年しかないゆえにそれを判断し感受性をコントロールする経験自体を僕達はまだ知らない。

オウム事件からカルトを忌避するリテラシーを学んだように低能先生の事件からネット依存の危険性を認識すべきだといえるかもしれない。

 

いま幸福に理知的にインターネットを利用できている人でもいつ再童貞化するかわからない。

その時に人を吸い込んでいくデバイスとしてインターネットはあまりにも身近だ。そしてそれは過去なにか救いのようにすら見えるもの「だった」のだ。

なぜ左翼は差別の合理性を考えないのか

この記事に関して

「ゲイがいてもいいけど、好かれたらキモい」発言にキレた話(小野 美由紀) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

三島由紀夫が女性を評して女性はべたべたの感受性と低次の現実主義と言っていたことを思い出す。

透明な抽象的構造をいつもべたべたな感受性でよごしてしまう。構成力の欠如、感受性の 
過剰、瑣末主義、無意味な具体性、低次の現実主義、これらはみな女性的欠陥であり、 
芸術において女性的様式は問題なく「悪い」様式である。 

いまでいえばミソジニストと切って捨てられる発言だが感覚としてはなにを言わんとしてるのかはわかる。自分は女性一般のことをここまで断定することはできないが。

女性全般にこの発言があてはまるのかは定かではないが当時、三島由紀夫が嫌っていたこの思想がどのような思考のことを言っているのかはいまとなればはっきりとしている。

いま左翼が言っているべたべたに塗りたくられたポリコレ的考え方のことこそを三島由紀夫は嫌うだろう。

 

いまのポリコレ論争で左翼や多様性信徒がやっているのは透明な抽象的構造(カオスな世界)をべたべたの感受性(ポリコレ)でよごす(かたづける)ことと言っていいと思う。

 

差別の合理性とか書くとこれだけでバッシングされるが差別が差別に至るまでの周知の段階において教育的な背景とは別の合理性がすくなからずある。例えばなぜゴキブリを人間が嫌うのかはかなり生理的なものがあるが黒人が差別されていたのもそうした動物的な感情がすくなからずある。なぜ白人のことをハンサムだと僕達は思うのか、原始的な感情のなかには人間が悪になるなにかがいることは間違いないと思う。それは誰もが経験的に知っていることだろう。

また、人が人を性愛的な美醜で判断するのは避けようがない事実であり現実的に社会的弱者は同情されるだけで救われなかったり、弱者の多くが悪人ゆえに救われなかったりと人間のプリミティブな感情を無視してべたべたの感受性でかたづけようとすればそりゃ反発が起きてくる。

差別はダメだと一点突破しようとしてもそこにはかならず差別感情の原理がたちはだかる。差別に正義はない、が差別感情に合理性はある。

gendai.ismedia.jp

ゲイがいるのは勝手だけど、俺のことを好きになられたら気持ち悪いって話だよ”

 

っていうのはべたべたの感受性(ポリコレ)にたいする疑問を言っているわけだけどそこにキレていたら何も話が前に進まない。差別はダメなんてそのおじさんも知っているし差別はダメだの先の議論を始めるときにこの発言はとてもいい足掛かりになる。

この発言は内心の自由に押し込んで片づけていい話ではないと思う。気持ち悪いと発言しても多様性は揺るがないような多様性がどこにあるのかが根本的に差別をなくすためには重要な鍵になっているような気がしてならない。

なぜ人は人を気持ち悪いと思うのかを考える時に単純にその発言をした人が愚かだからと片づけるのをまず左翼はやめるべきだ。

人は人を嫌ってはいけないなんて機能するはずがない。そんなユートピアは永遠に訪れない。人は人を嫌っても気持ち悪いと思ってもいいんだよ、とまずいうべきだと思う。そのうえで関係していくべき。

最近のリベラルは嫌いなままつながる関係を忘れたんだと思う。ルソーが社会契約論で言っていたことがまさにそれなのに。

 

嫌いな人ともカオスなままグダグダにつながっていくのがリアリズムでありリベラリズムである。好きなことだけで生きていくなよってことだな。嫌いなもののなかに多様性が宿るんだからって

なんでこんな自分と関係ないように見える七面倒くさいことをグダグダ書いているのかっておそらくはそんな性善説に依拠するだけの低次の現実主義で塗りたくられた世界では誰ひとりとして生き残れないから。それは自分も例外ではない、というか真っ先にふるいにかけられるほうだと思う。

社会契約論 (岩波文庫)

社会契約論 (岩波文庫)

 

 

増田という場所~低能先生とはてなの遠在性~

はてなブックマーク廃止論が言われているが当該事件に関して(もしもはてなにその原因があるとするなら)容疑者を駆り立てたのは増田のほうが原因として強いと思う。

 

僕ははてなのサービスの中では増田を最も使っている。これはちょっとした告白だが500以上記事やレスを書きブクマされた総数は10000以上ある。

なぜ増田を書くのか、なぜ低能先生ははてなに執着したのか、増田を書く時にどういう心理が働くのか、増田とは何か。おそらくははてな民のなかでも数多くの増田を書いてきた自分だからこそ書けることがあると、そう思う。

 

なにも増田なんかに書かなくても書きたいことあればこうしてブログに書けばいいじゃないかと普通は思うだろう。しかしそんな簡単なことでもない。ネットといえど体裁があり恥がありセキュリティーがある。だから僕は増田とブログを併用している。

ブログに書かないような個人的な話や自分の暗黒面に関して文章としてさらけ出して「読まれる」場所は増田ぐらいしかない。読まれるということが重要なことだ。普通、ブログに意味不明な乱文を書き飛ばせば読者は引き、離れていく。人間の本音なんてそんなものだ。ブログがメディアになる条件は体裁をとり最低限の社会性を装備した文章を書く時に限られる。普通、人間の本音など他人が読んだら引いてしまう。それがバズり世界と接続することは通常ない。しかし増田は違う。低能、ごみくず、死ねなどという言葉を使っても読まれる。あるいは炎上する。放置されない。それはインターネットの炎上自体がそうなのだが増田のような読まれる媒体がないかぎり普通は表に現れてこない。ツイッターで炎上するのは多くが有名人であるがフォロワー10の人のような身内でやっているツイートはそれよりも無警戒で卑しい本音で溢れている。しかしツイッターには増田のような媒体がないので世界と接続しないゆえに炎上し批判されることもない。

低能先生もヤフコメや5ちゃんのような場所にいたら永久に放置されていただろう。世界と接続し、煽られ感情を揺さぶられ殺人まですることもなかったかもしれない。

本音を書いても世界と接続する場所。それが増田のオリジナリティーである。その意味で僕にとっても(他の増田ユーザーにとっても)増田こそが旧来的な意味でのいわゆるインターネットそのものなのだ。そしてそれは低能先生もそうだったかもしれないという意味で(彼の行動に決して同情はしないが)僕が低能先生と同窓であることは間違いない。

 

ネット社会、監視社会と呼ばれるようになってもう幾年も経つ。インターネットにさらけ出す本音が社会を神経質にすると言われてきた。それも過渡期を過ぎ、もう社会はそういうものだと半ば諦め当然とされるような段階まできて最近はあまり聞かなくなった。

人の本音が目に見えるようになったこと。そしてポリコレ棒で本音を叩きすべての人が繋がることは本当に良いことだったのか、今回の事件を最大マクロとして捉えるならそんなことを考えてしまう。

異常者が暴走した、理不尽極まる殺人だとミクロで言えばそうとしか言えない。しかし理不尽ではない殺人など本来ない。それでも原因を見通さなければならないように感じてしまう。責任があるのではと。

Hagexさんの死は理不尽で片づけるにはあまりにも理不尽だ。低能先生が世界(はてな)と接続しないかぎりHagexさんが殺されることはなかった。そんなふうに考えてしまう。

 

増田が本音を書いても世界と接続する場所である一方でそれを繋ぐ役割を果たすのがはてなブックマークである。はてなブックマークの弊害に関してfujiponさんが書かれていたが自分も以前、書いたことがある。

fujipon.hatenablog.com

plagmaticjam.hatenablog.com

概念にたいしてコメントしているだけ

 

 

ある議題やあるニュースにたいして誰も人を見ていないのだ。ある構造とかある概念とかある社会問題とかある関係とかある不倫とかある発言しか見ていない。

それはよくも悪くも。

 

僕はあらゆるプラットフォームでその特性が最も強いのがはてなブックマークではないかと思う。

外部のサイトをブックマークしてコメントを集めるという方法は他のプラットフォームよりも段階的に視点が遠い

 

はてなブックマークを一言でいうなら言いっぱなし言論プラットフォームである。ブックマーカーにたいしてリプが飛んでくることはめったにない。低能先生のようにidコールを多用して話しかける人も皆無だ。その意味で責任から逃れているはてなブックマーカーにたいして義憤を感じていた低能先生の行動は理解できる。コールしても無視されるので低能と煽り返信を求めていたのかもしれない。手斧などと言われるはてな界隈であるが本気で言い合って解決することなどはてなにはない。というかはてなが最もない。構造からして無謬だ。ブログでの議論も最終的に決着させるのはブックマーカーである。

はてなが手斧が飛び交い議論する場所、集合知を洗練させていくような場所だという認識は100%間違っている。はてなはブックマークにかこつけて言いっぱなすだけの無責任野郎の巣窟だ。そう低能先生も認識できればよかった。くしくも低能先生も無謬という言葉を使っていたがそこまで至っていたのであればなぜそう切り捨てられなかったのか。いまさらながらにそう思う。

彼がネットリンチと言っていたこともその意味で理解できてしまう。はてなブックマークの遠在、外部性、無責任、対話をするインターフェイスがないこと。idコールでびびる無謬性。そのすべてにイラつくことはブログや増田が炎上したことがある自分にも理解できる。殺人に至るというのは甚大な倫理の隔たりがあるが僕も刺す側の人間なのかもしれない。

 

anond.hatelabo.jp

 

僕ははてなブックマークを廃止しろとは言わない。

ただ、ブックマークにコメント機能を持たせるなら対話をするインターフェイス(たとえばコメント下部をツリー化して反論できるような)を実装しブログや書き手にたいして責任を持つべきだと思う。

そうでないのであればコメント機能を停止するべき。

低能先生がなぜ生まれたのか、なぜ世界と接続して世界に殺意を持ったのか。一見するとユーザーを集めることを目的とした「便利なブックマークの無責任機能」にも遠因がある。

以上のすべてが殺人に至るまでに想像しうる過程であるがしかし殺人の動機を説明するには不十分な気がしてならない。というかはてなが殺人を生んだというのは誤謬がありすぎて言葉にするのも躊躇う。しかし遠因として「考えることができる」とその程度の認識だ。十分に理解しうる殺人の動機など理解できることそのものがまずいのだが・・・なにか書かなければという思いしかなく、不十分なままですが投稿します。

 

今回の事件は個人的にもショックが大きくはじめて「知っている人が殺されていなくなった」という衝撃がすごい。悲しむというとhagexさんと面識がない人間としてはどうかと思ってしまうような複雑な感情もあり、どう処理していいのかわからず、しかし理不尽と片づけるにはあまりにもショッキングな事件で・・・

忘れることはないだろうと思う。

改めてhagex氏のご冥福をお祈りいたします。