メロンダウト

メロンについて考えるよ

体罰と権威の失墜と正しさの恣意性について

最近、まるで金言のように「対等なコミュニケーション」と聞くことが増えた。恋愛における男女関係でも店員と客の関係でもあるいは上司と部下の関係でさえも。

対等、平等といえば全てを喝破できると考えている人は認識が甘いと思う。最近ニュースになっている体罰事件にしても同様の感想を持った。生徒と先生は同様に人間でその一切に力関係があってはならないというのは崇高すぎる理想である。

そのような形では社会は回らない。逆に平等や対等という言葉を振りかざした側が今度は権威になり対等ではなくなる。正しさや政治はパワーゲームであり、その結果起きるのは政治においてはどの政党が政権を運営するかであり社会においては「どちらに恣意性を認めるか」という選択である。

 

 

現在、体罰は絶対に許さないという意見が強い。それが今の社会において支配的な正しさである。しかしこの正しさが厄介だ。平等という金言で教師と子供の関係をたいらに敷設した結果として力関係が逆転して親と子供のほうに恣意性、「選択」が与えられている。

件のニュースでもその力関係が見て取れる。

www.youtube.com

 

この動画における体罰は以前考えられていた体罰とはその構造が違う。今までの体罰は教師という権威が暴走したものであり、それは教師の短絡的な手段という側面が強い。けれどこの動画における体罰は子供が持つ権威が増長した結果としてのカウンターに見える。どちらも罰ということは変わりはないがどちらが力を持っているか考えると既成の論理(体罰絶対反対)においてこの事件を批判することはできない。

 

 

この事件は体罰問題ではないように見える。体罰問題が問題化して教師と生徒の力関係が逆転した結果として起きたカウンターであり、秩序とは何か、政治とは何か、正しさがなんたるかを原理的に考えるべき事件であるように見えた。

 

そもそもなぜ、体罰は起きていたのだろうか?体罰が容認されていた以前の学校でも教師が体罰を行使するには理由があったはずだ。体罰は短絡的だとワンフレーズで批判することは簡単だけれど事はそれほど簡単ではない。教師に権威を与えなければ学校の秩序が維持できなく、その権威が暴走した結果が以前の体罰だ。体罰なんてものは常に間違っている。昔も間違った行動だったのだろう。権威を正しく行使するにはそれ相応の能力を持つべきで体罰を使うのは間違っている。

しかし今起きているのは体罰を禁止した結果、その権威までなくなろうとしていることだろう。

個人的な見聞で言えば教師になるなんて人はだいたいいいやつだ。子供の好奇の目にさらされ教鞭をふるう社会的責任がある一方で給料も頭打ちのうえ激務で子供には時に軽んじられる。ある意味これほど報われない仕事はない。教師は善い人だ。教師を目指すという時点でその善性にはふるいがかけられてスクリーニングされた善人が教師になりやすい。なんとなくなる人ももちろんいるだろうけれど割合としては善人が多いことは間違いないだろう。

以前の学校内における力関係では教師のほうに権威が預けられその善性に恣意性が与えられていた。その結果、一部体罰という手段に依存する教師もいた。それは批判されるべきである。しかし以前の学校でも体罰を行う教師というのは割合としてはかなり少なかったはずだ。

この体罰問題が拡大解釈されて別の問題が出てきた。それが学校内の力関係の逆転。つまり子供+親の増長である。その結果として子供のほうに恣意性が与えられることになった。

 

いままで教師の善性によって運用していた学内秩序が壊れ無邪気な子供に恣意性を与えた結果、勘違いした子供が暴走した。それが今回の事件の構造的および政治的な問題だと言える。

体罰がダメだというのはなるほど正しい。しかし体罰を禁止して教師の権威を善悪判断ができない子供に与えていいのだろうか。体罰がダメという金言の副次的な結果にたいしてはどう考えているのだろうか。

 

秩序が無秩序だと批判した結果できた秩序らしきものが別の無秩序を生むということが現実には往々にしてある。民主党が政権をとってどうなったかもう覚えていないのだろうか。資本主義も民主主義もベストではなくベターなだけである。それを批判することは簡単だが常に選択は残る。そしてその選択の結果どうなるかは結果としてだけしか知りようがない。マルクスレーニンが正しさを持っていた時代、共産主義が成功していたら世界の主流は共産主義になっていたかもしれない。その政治的決断は常に後世の人間がジャッジするだけである。ちょうどいま僕達が体罰を批判しているように。

 

国という大きな単位ではなくとも人間が集団として生きるには政治的にベターな状態がどういうものか考えるべきである。それは学校も仕事でも同じことだろう。こうこうこういう理念が正しいと机上で考えた結果、そのわりを食うのは常に現場の人間である。

 

学校における教師の善性に依存した権威構造はベターな政治的決断だと僕は考える。それが体罰という形で行われることがあってはならないが子供が権威を実感するぐらいには体罰的空気もまた必要なものだ。に僕は投票したい。

男らしさと理性と適応

男らしさについて語る時に僕達は適応の話をしなくてはいけないのだと思う。

以前の男らしさはジェンダーロールによる適応の産物だった。そしてその男らしさには理性的なニュアンスが存在していたように思える。男は男らしくいるほうがいいからそうすることは自律しているということでそれは理性によって成る。

 

今考えられている男らしさ、あるいは正しさというのは以前の男らしさとは違うものになっていることは間違いない。いま男性に求められているのは清潔でコミュニカティブで金を稼ぐビジネスマン的な意味合いが強い。以前のように人間像として語られていた男らしさは存在しない。男らしさの定義自体が変わった。

 

昔:女性をリードし、家父長的で子供には規律を教え、大黒柱となる存在

今:清潔で社会性があり家事も分担し女性に理解を示す

 

変わったのはわかる。そしてそれは一見いいことのように思える。男女ともに個人の役割に納まらず自由に仕事や生活を営むのは間違いなくいいことだ。しかしこの男らしさの記事を読んだときに疑問に思ったのがこれは結局、適応の問題なのではないかということだ。

以前の家父長的男性社会で生きていた男性の中にもその男らしさに適応できなかった人もいただろう。

もちろんいまの社会においても昔のジェンダーロールが壊れてその変化に戸惑いを覚える人もいる。

 

結局、定義が変わっても理性によって男らしさを変化させ適応できる人間だけが適応できる。適応できた人間だけが適応でき、適応できない人間は適応できないのであれば何も変わっていないではないかと思う。

ただそれは「変化」しただけで社会全体においてどの集団のどの思想がどの程度政治化されたのかというパワーゲームに過ぎないのではないのかと思う。

 

今、僕達は以前の男らしさを捨ててもいいと思っている。実際に最近のニュースやmetooなどを見ても以前の男らしい慣習のまま生きている男性は訴えられ蔑まれ侮蔑される。なぜならそれはいま僕達が考えている男らしさとは「違う」からだ。

しかし一方で以前はたとえばオタクや口先だけの男性、芸人など男らしくない男が蔑まれ軽んじていた。たとえば出川哲郎などがそうだ。抱かれたくない芸能人ランキング一位をずっと取っていた。彼のような常に笑いおどけてみせる突出したコミュニケーション能力で生きている人間は見下されていた。

 

今の男らしさから外れている人間を忌避し昔も昔の男らしさから外れている人間は忌避していたのであれば何も変わっていない。というか男らしさが変わったことしか変わっていないではないかと思う。政権が民主党から自民党に変わったみたいな話でそれを良かったと考える人がいる一方でそんな安易に考えない人もいるだろう。

 

主に出川哲郎に抱かれたくないと考え、投票していたのは女性であり彼を笑っていたのも女性だ。今、出川哲郎を好きなのも女性が多いらしい。つまり出川哲郎は変わっていないのに彼を見る女性の視線がただ一方的に変わっただけである。結局、その時代の趨勢にあった人が表になりその一方で裏となる人がいる。世界はどうしようもなく勝手である。

そしてその変化に常に適応できる人だけがこれからも生き残っていくのだろう。男らしさという言葉はなくなっても、常に或る形式を持って。

虐待の構造めいた時代論

ある時代に求められていた態度はある時代には糾弾されうる。この記事を見て自分の父親のことを思い出した。

yuhka-uno.hatenablog.com

父も母も団塊の世代ど真ん中で社会的にはモデルケースのような家庭だと言っていいと思う。父は終身雇用のサラリーマン、母は僕がちいさいころは専業主婦で手がかからなくなるとたまにパートに出ていた。

大人になって親の弱さに気づくことはよくある話だ。自分の父も例外ではなかった。精神的虐待と言えばそうだったのかもしれない。中学校から帰宅したら父が一人で勝手に怒りだしたのかPS2を庭に捨てられていたこともあった。また、理由も覚えていないような理由で冬に家の前に2時間立たされたこともあった。父はそういう人だった。文字にすれば虐待と読まれるかもしれないが僕はそれでも父は父として尊敬していたししている。どうということはない。父はただそういう権威、男性性が重要な時代に生きてきてそういう権威が男性にとって善だと思っていたのだと思う。しかしそんなことがどうだというのだろうか。それはただ父のささいな一側面に過ぎない。そんな父の不完全さを埋めるほどには父は僕にとってどうしようもなく父だった。

 

よく思うことがある。人格は何かから要請された性質だと。自分の父に関して言えば昭和的な家父長制が父の人格を要請していたのかもしれない。子供が親にたいして従順になり、すべてをやりすごすようななるのもまた要請された手段としての人格であるかもしれない。

恋愛で言えば付き合っている人にふさわしい人間になろうという他律的な意識もまた要請されたものだ。基本的に人格は後天的だ。自分らしさという言葉は単にその他律を自律に変換するためのエクスキューズに過ぎないのだと思う。

虐待の件で言えば父が精神的虐待をしていたのだとすればそれにたいして嫌悪する感情は反面教師という点で父に与えられた性格であり、逆に父を尊敬していればそれは教師として与えられる正確になる。

しかしながら時に虐待をするような親だとしても同様に何かから要請された性質を持つ不完全な人間だという視点があって然るべきだと、僕は思う。もちろんそれを許すか許せないかは完璧に個人の事情によるところだ。それでも昭和的な価値観に支配され男女の役割を完璧に演じるように求められていた時代が確かにあったのだと思う。その時代に生き、その空気にどうしようもなく準じるしかなかった人達がいた。それが家父長的な父親を「要請」したのだろう。

 

いまほど女性が社会に進出する前には多くの女性は男性と結婚するしかなかった、と同じぐらい選択の余地なく男性は権威を持つしかなかったのかもしれない。いまのようにオタクが普通になる前には男は強くというのが男性にとっての一般的なビジョンだったのかもしれない。男は女をリードし、アニメからは卒業し、社会的な付き合いを完璧にこなし、金を稼ぎ、家を建て、自立し、強くあろうとし、子供を持ち、その子供もまた以上の条件で戦い抜くための強さを教育する。それが虐待というのであればそれはどこからきた虐待なのだろうと思う。個人の弱さと一概に片づけていいものではないと思うのだ。

いまの時代にはセクハラや虐待、体罰など加害的な意味に変換された権威という概念だけどそれは当時を生きていた男性にとってはあるいは善性だった。要請された性質なのだとすれば同情し理解することもできる。

悪が単に悪だったり加害者が完璧に悪人だったり、被害者が完璧に被害者だというケースは極めて稀だ。誰かに影響され誰かの妄想にとりつかれそれが正しいことだと思っていることが誰かにとっては正義に反する行いだったりする。またある時代に要請され強制された性質は自由とは反するものであったりする。それはでもどうしようもなかったんだと思う。いまほど豊かではなく自由も利かない時代があった。時代が変わりそれが認められずともそんな時代にどうしようもなければどうしようもなかったんだと距離を取り理解することは少なくとも可能だと思う。たとえそれが加害という形であっても。