メロンダウト

メロンについて考えるよ

民進党はベーシックインカムを選挙公約に盛り込むべき

民進党がすべきなのは現在の社会保障制度のドラスティックな改革であり無党派層ならぬ無投票層の票を集めることしかないように思えます。

それがベーシックインカム(以下BI)の導入及び議論である。BIのような直接的に生活と関係のある公約を盛り込めばいままで選挙に興味がなかった無投票層を取り込む起爆剤になりえます。そしてそれは建前だけの話ではなく政策的にもBIは国会で議論する価値がある。

個人的に国会で森友問題なんてくだらないことはやらずにBIの議論をやってほしかったぐらい。僕は民進党が選挙公約にBIを掲げれば民進党に入れてもいいと思っています。

それほど必要な制度になりつつある。その理由については以前書いたので興味のあるかたは参照してください。

plagmaticjam.hatenablog.com

 

plagmaticjam.hatenablog.com

 

簡単に言えば現在の労働のほとんどは富の収奪になっていて功利主義的に見れば幸福の総量を増やすものではなくなってきている、と書きました。概念的な話に関しては1つめの記事、具体的なメリットについては2番目の記事を読んでみてください。

目次だけ書き出すと以下のことが期待できると考えています。

 

議員個人では民進党の松尾勉氏がブログでBIの提言をしていたが党の政策として公言されているわけではありません。

松尾氏の記事

www.huffingtonpost.jp

 

何よりもベーシックインカムが日本で必要なのが日本人の過剰な労働信仰を壊すきっかけになると考えています。欧米など先進国と比べても日本人の労働信仰は異常であり、その信仰を利用したブラック企業やまた信仰の強さのあまり自死してしまう事件が後をたちません。

経済的貧困と労働信仰によって成り立つブラック企業ですがBIはその2つを同時に壊してくれます。それだけでもベーシックインカムの議論をする条件としては十分だと言えるでしょう。

金額については財源を精査して決定するべきですが少なくとも基礎年金(年間51兆)や生活保護(3,7兆)の財源、またケースワーカーが必要なくなることで生まれる余剰金だけでも相当な財源になります。年金を廃止するのはかなり難しいと考えられますが財源の面だけを見ればベーシックインカムはそんなに実現困難な制度だとは言えないでしょう。

貧困問題やブラック企業はこれだけ高度に成長した社会でも働かなければ収入が0であることがそもそもの理由です。よく考えたらおかしな話です。働いて働いて高度に社会を発達させてきたにもかかわらず僕達の最低収入は0のままです。

最低収入0からの脱却。

これだけで社会的な焦燥感、過当競争および労働信仰が消えすこしは穏やかになるのではないのかと思うのです。

自民に入れます

理由

森友家計問題はどうでもいい(政策的に

共産党公明党は生理的に無理

民進党は民主政権当時よりも期待できない、前原のあのクソ真面目な態度は政権渡したら直感的にヤバイと感じる

細野さんの新党は小池陣営だから無理、小池は政局達者なだけ、日本ファーストとかトランプのような馬鹿みたいな理念かかげそう

安部ちゃんは全世代に社会保障費で国内政策では支持できる

しかしいまは国内よりも北朝鮮だけが問題だから政権交代はさせるべきではない、消費税は外交の再構築リスクに比べたら些末

しかしなんのために選挙するのか現状全然わからん。あとはやくネット投票にしてくれ。なぜやらん・・・

差別をする自由について~リベラリズムとリバタリアニズムをMVで説明~

失礼します。wattoさんに言及していきます。差別する自由について書かれていました。面白かったです。ツイッター村も面白いですね。

www.watto.nagoya

僕が記事を読んで真っ先に思ったのが自由という言葉の射程についてでした。

ツイッターで差別をする自由もあると発言した女性が自由の恣意性を誰が決めるのですかといった問いかけをしていますが、恣意性について明確に述べておく必要があると思い記事を書いていきます。

 

 差別をする自由はない、という命題をwattoさんは挙げていましたが

広義で自由という言葉を捉えるのであれば差別する自由はあると「言えてしまう」ことがこの問題の根本のような気がいたします。自由と書けばもう自由以外の意味などないようにとってしまいそうになります。しかし自由という言葉がどこまでの自由を包含するのか、また意見を発した個人がどういう意味で自由という言葉を使っているのかによってだいぶ印象が変わってきます。つまり自由について議論する時に自由という言葉の広範さによってコミュニケーションが成立していない可能性があると思うんですよね。

 

例えば新自由主義ネオリベラリズム)と自由主義リベラリズム)と完全自由主義リバタリアニズム)の違いについてですが

日本語で訳すのであれば上記3つはすべて自由主義と訳すことも可能です。しかしすべて自由主義と訳すとなると大変な錯誤が生まれてしまうでしょう。

自由主義者という言葉を読んだ時に政治的なイデオロギーに詳しい人であればリベラリズムと訳して読む。しかし政治に詳しくない人が自由主義という言葉を見れば自由を絶対視する自由至上主義リバタリアニズム)と読むかもしれない。両者には明確な違いがある。リベラルのいう自由は絶対不滅の価値観ではない。

 

3つの違いについて説明しますと

リベラリズムはリベレイション(解放)という属語があることからわかるように解放主義という意味が強い。ゆえにリベラルのいう自由は弱者の解放や公共の福祉も重んじる。wattoさんは差別からの自由を尊重する解放主義という意味でリベラルと言っていいと思います(間違っていたらごめんなさい)。

リバタリアニズム自由至上主義と訳されることが多い。自由を最上位の概念としてとらえて経済活動も市場原理主義の立場をとり政府も必要ないととらえます。他者の身体や私有財産を侵害しないかぎり個人のあらゆる行動や意志は自由であるという立場から自由意志主義とも訳される。つまり差別する自由はあると考える立場の人ですね。

ネオリベラリズムリバタリアニズムとほぼ同一ですが一般に経済的な意味でのみ用いられる言葉で俗にいう市場原理主義者。政治が財政政策などを行うことを批判しています。

  

英語ですとリベラリズムリバタリアニズムには明確な違いがありますが日本語で自由という時にどの自由のことを言っているのかが時に曖昧になってしまいがちのような気がするんですよね。同じ自由主義者という立場にありながらも両者は対立する構造になっている。

「差別する自由」という言葉を発する側は意志の自由を言っているのにたいしてそれを批判する人もまた自由という言葉を使う。自由(リバタリアニズム)を自由(リベラリズム)で批判することになる。これが話をややこしくしている。

個人的にはリベラルという意味で使われる日本語の自由は尊重や解放という言葉に置き換えたほうがいい気がしています。

つまり自由を完全無欠フルポジティブな意味で使うから両者が譲らずにわけがわからなくなるので明確に

自由より尊重のほうが大切だろ、と発することがこの議論の突破口になるかと思うんですよね。

カタカナ語使いすぎて頭痛い。ロキソニン飲みたい・・・

 

最後になりますがリバタリアニズムリベラリズムの違いを勝手にMVで紹介。動画です。

リバタリアニズムの世界の歩き方

www.youtube.com

 

リベラリズムの世界の捉え方

www.youtube.com

 

以上です。