メロンダウト

メロンについて考えるよ

非出来事性に収斂していく世界

metoo運動への対応として男性はそもそも女性と接触する機会自体を無くしていこうといった考えが浸透しているようだ。

 

metoo運動は公共性という概念が持つ作用をとても顕著に表している。

そもそも人の存在が他人にとって迷惑だというところまでいきつくのではないかと危惧している。あらゆる段階で他人への干渉がなくなって行けば人間関係自体が消滅していく。個人は個人の人生を個人の欲望のままに個人が望む範囲において楽しむ権利がある、などと書くとすばらしい世界のように響くが

僕はこういった自由個人主義的な立場にはかなり疑問がある。

 

選択の自由、個人主義を限界まで突き詰めていくとなぜ生まれてきたのか、なぜ死んではいけないのかにいきつくからだ。人間は誰ひとりとして自分自身が望んで生まれてくるわけではない。望まれて生まれてくるものだ。望まれずに生まれてくる人もいるがしかし自分の選択の結果自分が生まれるなんてことはありえない。生まれてくることは自由ではない。しかし生きることは自由だなんてことがはたして成り立ちうるのだろうか。

 

metoo運動のように人が望む範囲において人は人に干渉していいというのであれば子供を生むことがいずれ罪になるかもしれない。おなかの中の赤ちゃんに意志はまだない。生まれてくることを強制しているという点でハラスメント的である。metoo的な理念で考えれば子供を生むことは悪であると言えてしまう。そこには境界をひくのだろうけれど一度抽象化し誰の手にも負えなくなった信仰や理念は軽々と人の意志など越えて影響していくだろう。赤ちゃんには意志がないからハラスメントではないという詭弁を使うのだろうか。では虐待も罪ではないのだろうか。戦時中に生まれた子供は生まれた時から戦時中だから悲劇ではないというのだろうか。人間は望んで生まれてくるわけではない。望まれているか望まれていないかの違いはあれど赤ちゃんの立場から主観的に見れば人間はただごろっとこの世界に放り出されただけだ。

極端な話だが、自由や個人主義ですべては掬えないという一例にはなるだろう。

 

現実の社会における人間関係においても程度の差こそあれそもそもが人は人に影響しあいながら欲望を形成しあうものではないだあろうか。恋人関係でもなぜ彼氏彼女夫妻が好きなのかはその人に愛されているからより大切に思うように関係性があって欲望もある。性欲、食欲、睡眠欲以外のほとんどすべての欲望は後天的で他者がいて初めて成立する。

そして他人からの愛や友情のすべてはそのはじまる段階においてすべてハラスメント的であると言ってもいい。礼儀作法などにより限りなく迷惑でない形で始めることもできるが上述したように人は人と距離をとる性質がある。その意味において愛も友情もすべての関係のはじまりは未確定な他者に侵入している時点でハラスメントであると言える。

そしてこれらハラスメント的なものを否定するリベラルやフェミニストにたいして反発が出るのは当たり前のことだ。ハラスメントであるってそんなことはわかりきってるけど、でも関係性は始めなきゃ始まらない。出産もその子が幸せになるかなんてわからないけどそれでも生むわけですべてのことを自由で解決しようとするのは無理筋であり人間の業自体を否定しているのと同様である。そしてこれら自由にたいして僕達は反論する言葉を持っていない。

事前の合意に基づかない人間関係は原罪だからだ。動物や植物を殺して食べなければ生きていけないように原理的にハラスメントである人間関係もはじめなければ生きていけないだろう。

極端な話にうつるかもしれないが昨今のヴィーガン騒動もあわせて考えると動物を殺して食べる必然性はないのが論拠になっているのと同じようにmetoo

たとえば男性は女性に近づいてはならずセックスは風俗だけで行うのが個人主義的で自由で諍いのない行動であると考えられるようになる可能性が高い。そのような世界は文学的に考えれば地獄そのものだろう。

 

人間の業や原罪を無視してすべてを自由で解決するのは人間の関係性の否定までストレートに繋がっている。ベジタリアンヴィーガンになるぐらいの危険性をmetoo運動は秘めているように見える。

かといって上司が上下関係を利用して部下の体を触るや大声で罵倒するような具体的なセクハラやパワハラは問題である。個別案件にたいしては個別的に対処すべきであって大きな何かに抽象化してワンフレーズにすることで理念化し正義となり暴走することがある。

metooはそうならないように望みます。

 

www.bloomberg.co.jp

政治的正しさとは簡単に敵を設定しないことである

パチンコを打っていたことがある。銭形平次牙狼ファフナーあたり。当時、あまり他人にパチンコ打ってるよと自分から言うことはなかった。パチンコにたいして差別感情を持つ人間がいるのでめんどくさかっただけだが

ある日、居酒屋で話の流れで若者に言ったら怪訝な顔をされたことがある。ああ、そういう人かと思ってそれ以上は話をしなかったが政治的正しさとはつまりこういう現象から距離を取ることだと思い返す。

 

余談だがパチンコと人生は似ている。短期で見れば運だが長期で見れば蓋然である。なるようにしかならん。どれだけ祈ってもスーパーリーチの当選率が変わるわけではない。なにはともあれたちゆかない、のである。すこしの諦観を持ちながらも蓋然性の枠に収まる範囲にしか収支は転がらない。人の生も生まれた国、性別、社会、地域、人間関係とほとんど偶然に支配されている。自己とは何かと考えるころには自意識上の自己よりも根深く蓋然がその人の自己を設定してしまうだろう。

人生もパチンコも似たようなものだ。努力で玉を多少なり出せるように誰の人生も生きようはある。どんなクソ台を打っていようがどんなクソ人生を生きていようが、ね。

つまり人生とはなどというワンフレーズポリティクスに惑わされないためにみんなでパチンコを打とう。というのは今回の記事と全然関係ない。

 

 

政治とは敵を設定することだと大昔の誰かが言った。誰かではない。カール・シュミットである。友敵理論と呼ばれるものだ。彼が言ったのは政治概念としての構造であり善悪を論じているものではない。政治は性質として敵をつくり友を集めるものだ。それが現実である。みんなで仲良く生きていこうというのはみんなで仲良く生きていきたくない人達を敵にする。人類共通の理念など持ちようがないのであるから政治つまり調停が必要なのである。

佐藤あずさ氏の件でネトウヨ諸君がなにかおかしなことを言っているみたいだ。詳しい話は知らないのだがはてなブックマークでもネトウヨは馬鹿であるといった言説がいろいろな表現で繰り返されている。つまりは敵化である。

 

いろいろなところでいろいろな対立構造が見られるが僕達は根本的にわかりあえないという現実を忘れているのではないだろうか。簡単に敵を設定し敵がいなくなれば世界は良くなるといった二元論で片づけられるほどこの世界はシンプルではない。

敵はいる。それが現実である。しかし敵化すべきかはまた別の次元の話である。リベラルはネトウヨからすれば敵だろう。しかしネトウヨの根本的な問題は愛国主義ではなくすべてを政治化、敵化してしまう「過敵化」にある。韓国も中国もアメリカもリベラルも敵だといった具合だが、触れるものすべてを傷つけるなんてギザギザハートの子守歌じゃないんだからまずはその敵化をやめるべきである。

 

敵はいるが調停の場(政治)に持ち込むか否かにその人の政治的正しさがあらわれる。政治とは原理的に紛争の場である。紛争の現場に持ち込むべきものであるかそうでないのか、何が問題か、何が敵か、何が尊いか、何がコモンセンスか、何を政治として語るべきか、そして何を敵化「しない」かを政治化する前に考え飲み込むべきである。

 

政治的正しさとは簡単に敵を設定しない胆力のことを言う。

つまり1000ハマりしたら台パンしてもいいのである。

 

今日の一曲

www.youtube.com

キズナアイ論争と現実と仮想体

ポリティカルコレクトネスと最近出てきたVtuberなるものはかなり明確に因果関係があると思う。

一般にポリコレや差別を声高に批判する人は他者からの差別感情を向けられた被害者だという心理で客観的正当性を主張するけどどうにもそういう人の批判を読んでいると、結局のところ理解不能な他者が嫌なんだろうなというふうにしか読めない時がある。

 

差別やポリコレなどは具体的な何かを意識して使う言葉だけどその言葉を発する人間の背景にあるのは人間は人間(他者)が嫌いなことに最終的にいきつくように見える。

 

それはVtuberにもあてはまる。Vtuberを見る理由としてよく挙げられているのが人間がしゃべっているのが嫌というのがあるがあれも他者を拒絶する心理に見える。実際、自分でもYoutubeを見たりする時に人間が出てくるとその存在が邪魔だと思うことがある。テレビを見ている時などにもワイプに出てくる芸能人がわずらわしいとよく言われるがなぜあれを嫌うのかほんとうのところは単純に人間が嫌だってことしか言っていないのではないかと思ったりする。

なんというか現実の人間って圧倒的に不完全なんですよね。それは当たり前のことであって人間に完全さを求めるようなことを言うつもりは毛頭ない。しかし不完全性を現実社会で当たり前に許容するのとネットで「不完全な人間を選ばない」ことは別の思考を無意識にしているのだと思う。僕自身。

人間の不完全性を許容するってのは社会における最も根本的な社会性だけれど、しかしそれは意識して駆使しているだけであって不完全な他者が理解不能で嫌だっていう感覚は無意識に残ったままだ。

そしてネットではえてして意識的な倫理(不完全な他者を許容すべきという倫理)よりも無意識の感情のほうが勝つ。人間は他者の不完全な人物性をそれほど求めていないし、無意識下においてそれほど許容できもしない。それがたぶん根本にある。

キズナアイを見ているとそんなことを思う。これ現実の人間だったらやりすぎで嫉妬や怨嗟の対象になるだろうなと。人間が人間を見るそれよりも人間がVtuberを見るそれのほうが「許容度」が明らかに高い。同様のことがアニメや漫画のキャラクターなどにも言える。フィクションと現実を一緒くたにするなどこれほど馬鹿馬鹿しい話もないと思うかもしれないが、その当たり前に違う認識による差異がいろいろなところで確認できる。

最近のもえ絵やキズナアイ論争なども同種の差異によって意見がすれちがっているように思えてならない。フェミニスト側は現実の論理をフィクションにも適用しようとしているがオタク側からすればそれは表現の自由という論理で聖域化して語られているものとなっている。キズナアイは人間なのか否かというのが最も根本的な争点であるがたぶんそれは永久に噛み合うことはないだろう。フィクションに優しくあるべきだという一見すると穏当な意見に社会学者などから反発が出てすれちがうのは社会学が現実を取り扱うものであるからだ。現実に人は人に影響するから人にとって影響力のあるものは「現実的に」考えるべきだといったスタンスにも一定の合理性がある。

 

つまりもう現実の人間から人間として見られる世界よりも仮想現実体のVtuberと接続した世界のほうが許容度が高くやさしいわけだ。しかしこれはどうなのかと思ったりもする。人間はもっと人間にたいして極端に寛容になるべきだと思う。資本主義的なジャッジ、セクシズム的なジャッジ、ルッキズム成果主義などあらゆる俗っぽい視点で見られる人間世界よりも仮想世界のほうがいいとなるのは自然な流れだけど・・・しかしそういうテクノロジックに構成された回路で人間が幸せになれるかというとそんなことはあり得ないと断言できる。

それだったらとっくに医学により可能になっているだろう。覚醒剤で得られる興奮はワールドカップで得点を決めた時と同量の興奮を伴うと読んだことがある。善悪判断を棚上げしテクノロジックに人間の幸福を実現しようとすれば覚醒剤を吸えばいいとなる。しかしそれがどれだけ愚かな選択か僕達は知っている。単純に覚醒剤にはサスティナビリティー(持続性)がないということもできるけれどそれよりももっと根本のところで何が違うのかを僕達は知っているのだと思う。つまりリアリズムとは何かということを。

 

 さてここまで書いてきて、いま何を最も現実的に注視すべきかは仮想現実が現実を飲み込む時がくるのかどうかという話であるが僕はそれはすでにかなり侵食していると思っている。AIによるシンギュラリティが言われているがそこで言われているのは感情や意思決定の思考を持った新たなる主体の誕生という文脈で言われることが多い。

しかしもっと早い段階で客体としての完璧な仮想体が現実の不完全な主体=人間を別角度から侵入し超える時がくるのだと思う。人間が他者(ストレンジャー)を嫌う感情は仮想体から見ればセキュリティーホールのようなもので完璧な人格をインストールできる仮想体は「嫌われようがない」という点からその需要に侵入してくるだろう。

オタク産業はその意味で人間が人間を嫌いになった個人主義社会とマッチした概念的な産業であるように見える。