読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンダウト

メロンについて考えるよ

きもくて金のないおじさんと慰めのプラグマティズム

はてブのトップエントリーにあがってきたきもくて金のないおじさんと多妻制に関する記事を読んでいました。

koshian.hateblo.jp

当該記事の中できもくて金のないおじさんでも慰みがあれば犯罪者予備軍にはならないということが書かれており、すこし、めずらしく、記事を読んで考えていました。

 

論理としては記事内で書かれているように秋葉原の連続刺傷事件も鬱屈を爆発させた人間の犯罪だから慰みで鬱屈を麻痺させ、犯罪に手を出させないようにしようというのはよくわかります。

しかしそれって誰にたいしての慰めなんだろう・・・その人物が望む人生の本懐(こっ恥ずかしい表現であるが)ではない慰みを与えることによって一時的に鬱屈を忘れ静かになるその静かさは社会が求める静かさでしかないように思う。

アニメやアイドルを批判する人の本質的な理由もここにありそうである。

人間的感情は代替物による慰めに寄ってはいけないとする人か、アニメでもAVでも見てマスターベートして静かにしてれば迷惑じゃないからいいよという人が2人いたとしたらはたしてどちらが人間にたいして「誠実」なのであろうか?

 

 

おそらく加藤氏はそんな慰みには手を出さずに永遠と自己について考え続け、携帯掲示板に綴りつづけた。あの事件を起こすまである意味現実と戦いつづけ結果として絶望してしまったのかもしれない。

そして僕はむしろ加藤氏のように現実から目を背けずに慰みに寄らず生き(結果あのような事件になってしまったが)るのはとても人間的で、自然な行いに見えます。

よく犯罪者の動機づけに関してアニメやマンガが槍玉にあがることがあるが、よほど猟奇的な人間以外は動機付けにならないのはネット界隈の皆が言う通りでしょう。逆にそれらが慰みになって犯罪を抑止することのほうが多いと推測できる。しかし犯罪を抑止するメリットに加えその感情まで抑止するデメリットに関してこそ考えるべき側面ではないだろうか?

もちろん趣味として消費していたりするのはまったく問題ない。

 

社会が静かになり一見平和に見えても慰みによって鬱屈もとい感情が殺されているならばその平穏はかりそめであってただただ既得者(自己実現済みで承認され幸福な個人)のための平和でしかないのではと疑うべきであると思う。

加藤氏のように社会にたいして怒り憎しみ暴動し人を刺すとまでいかなくても普通に怒ることすら=悪であるとする価値観こそがまさに閉塞感の根本にあるのではないだろうか?いつだったかバスの社内で誰かが怒っている動画がYoutubeにあげられ嘲笑のコメントであふれ返っていた。僕たちは人の怒りを笑うべきではない。

人のセックスを笑うな
 

 

そうして僕達はみな怒ることができないからアイドルのCDを何百枚も買うことで既得者に金を提供し同時にアイドルに慰められ平和も提供する。それがいかに馬鹿馬鹿しくてもみな許された慰めによってしか生きえないのだろうと。

 

そうして人間的感情を慰められ麻痺させられ静かに生きる。その象徴がきもくて金のないおじさんなんだろうと・・・

しかしその静けさは静謐ともいえずましてや幸福とも言えないと断言できる。

 

先進国で決定的に日本の幸福度が低いのはアニメしかりAVしかりこの慰めによる感情の欠落があるのではないかと考えることができる。同時に慰められることによって犯罪も少ない。

 

しかしそれは悪い社会でもなければ良い社会でもないのではと思うことがあるのだ。

一言で言えば日本では望まれざる自由は政治・社会・個人・家族・会社ありとあらゆるレベルにおいて許されない。

バスの中で怒ることも、何もない平日に有給を取るのも、世論と真逆の意見も、ありとあらゆる自由度のレベルが低いと感じる場面が多い。

端的に言えば日本には日常レベルでのリベラリズムなど存在していない。リベラルは卓越した集団の既得者の中でのみ存在する。またはネットにはびこるウワゴトに近い理想論でしかない。

 

この日常から自由へ向かうのに必要なのは慰めに依存しないためのリアリズムでありプラグマティズムである。

希望の思想 プラグマティズム入門 (筑摩選書)

希望の思想 プラグマティズム入門 (筑摩選書)

 

 

ドウジョウ&シガレッツ

タイトルが思いつかなかったのでてきとうです。

 

ホタル族のニュースを見て思いだしたのは、

いつだったかモンスタークレーマーの暴言に関するニュースではてなブックマークのトップコメントに「意見を言う人というのはやめて正気を失った人と認識すべき」みたいなコメントがあったことだった。

 

今度、ホタル族からの受動喫煙被害について団体を立ち上げる嫌煙者がいるらしい。幼いころから気管支が弱くタバコの煙を吸うのは耐えられないみたいだ。

神経質ともいえるモンスタークレーマーにたいしては正気を失った人と罵るのに特別に体が弱い嫌煙者は支持する。この違いはいったい何なのだろうか。

いや違いはなんなのかといっても僕自身も体の弱い人には同情しうるし、クレーマーはうざったいと思うので感覚的な物言いで言えばそのダブルスタンダードはわからないわけではない。

 

しかし神経質なクレーまーも教育環境や家庭環境によりそういう人間に育てられたという意味では体の弱い人間と同相である。どちらも先天的に犠牲者であり違いはただその同情可能性の大きさに過ぎない。

暴走族を珍走団と呼ぶなどが典型的であるが、うるさく粗暴な人間はぶったぎっていいという思考がはびこっているのだなと2つのニュースを見て思った。

別に暴走族だって同情可能性がないわけではない。あるいはクレーマーにたいしてだって同情の余地はある。

肝心なことはその特殊な意見や行為にたいして社会が同情はするけど意見は聞かないとすることではないだろうか?

 

今の社会は「同情しない(できない)し意見も聞かない」か「同情するし意見も聞く」。の二極化している。

ここに「同情はするけど意見は聞かない」という立場も含めて考えるべきであると思う。人間が行うことであればいかなることでも人間である自らに縁がないとは言い切れない。

(縁がないとは言い切れないがその意見を実装するかは自分の現実と照らし合わせて主観的に判断していいというのが僕の立場)

 

 

ここまではニュースを見て思ったことであまり意味のない話であるがそれとは別に思ったのが核とタバコについてだった。

 

たぶんタバコがない社会が理想なのだろう。屋内屋外全面禁煙でJTは解体。喫煙所も灰皿も全て撤去してクリーンな社会を実現しようと、そういうことなのだろう。

これは本質的に核廃棄論者と同じ戯言だと僕は思う。

 

核がなぜなくならないのかと言えば核に関する知識をデリートするのは不可能だからなくならないというのが根本にある。世界中で核を廃絶できればそうしたいと先進国各国はみな思っているはずだけど核爆弾を実際に全て廃棄しても記憶だけは残る。

記憶は残りつづけ他国が開発している可能性は排除しきれない、から自国も抑止力として持とうとなる。

 

つまり技術や産業における知識は決定的に不可逆なものである、と西部進さんが言っていて「ああ、本当そうだな」と僕は感じた。産業や技術の発達はほとんど無手で賞賛されつづけてきたが知識の不可逆性においては技術者やノーベル賞受賞者を大罪人として認識する「視点」があったほうがいいのではないかと思う。

現在は偉人とされているアインシュタインだがアインシュタインがいなければ広島と長崎に1945年に核爆弾は落ちなかったかもしれない。あの戦争から学ぶことは技術自体が持つ決定的な不可逆性が最も重要な近代における課題なのだろう。

実務レベルで言えば開発者に倫理試験を課したほうがいい、となるのだろうがプログラマーや小さい工場など全てで行うことは国内に限っても不可能だし、ネットで海外から知識は無限に伝達されるので絶対に無理なのでしょうね。

 

これはおそらくAIなども今後この手の問題に絡んで議論される時がくると思う。

 

技術だけに限った話ではなく産業においても同じことが言えると思う。タバコももちろんそうであるが昨年話題になったキュレーションサイト騒動でもそうで

いまだにランサーズやクラウドサイトでは超低単価のリライトする人を募集しているし、サイバーエージェントが出資しているマシュマロなんかもDeNAと同じことをやっている。炎上してDeNAは撤退してもサイトアフィリエイとは儲かると周知してしまったので同じようなことをする企業が出てくるだけで、この例でも知識の不可逆性が言える。

 

タバコも全部なくなれば理想だけど、タバコを禁止にしても闇タバコを売るマーケットが新しくできるのは絶対に間違いない。産業としても確実に儲かるしタバコを吸いたいという消費者の欲求も核の記憶と同じように消え去りはしない。不可逆である。

根本的にはおそらく現在の覚せい剤のように吸ったことがある人間がほとんどいない、吸いたいという欲求(記憶)自体が存在しない社会がいいのでしょうね。つまりもう存在しないものとして完全に社会から隔絶すると。

 

 

しかしそんな風にしてまで廃棄するほどタバコって悪いものなのかね・・・覚せい剤は人間を壊す。だから存在自体を消すのは間違っていないように思う。

しかしタバコが人間を壊すというとそんなことはない。特別に体が弱い人間は壊しうる。その特別に弱い人間には同情するし現場レベルでの配慮はする、しかし意見は聞かないと考えてもいいんじゃないだろうか。そういった無限に配慮しなければいけない社会、他者の迷惑を完全に排除しようとするとおそらくまた別の問題が出てくる。(機会があったら書こうと思う)

 

僕は今回のホタル族訴訟のニュースに関しては同情はするが意見は聞かないでいいと思ったし

当該喫煙者と直接話さないで(記事にはホタル族と直接交渉はしていないと書いてあった)訴訟する人間にはその特別に弱い体以上に弱いことを条件にしたあざとさや欺瞞性を感じずにはいられず、本質的にモンスタークレーマーと同相であると感じざるを得なかったからだ。

 

コーヒー&シガレッツ [DVD]

コーヒー&シガレッツ [DVD]

 

 

「ホタル族」被害者の会結成 近隣ベランダからの受動喫煙で人権救済申し立てへ 喫煙者さらに厳しく (産経新聞) - Yahoo!ニュース

内容のないコミュニケーションを馬鹿にしている人にも理由がある

シロクマ先生の論旨に関しては同意なのだがそれはリアルな現場においての話に限定されると感じる。

内容のないコミュニケーションはおもに対人間が前提とされているように読んでいて思った。

p-shirokuma.hatenadiary.com

違和感を覚えたのは内容のないコミュニケーションをバカにしている人はなぜ内容のないコミュニケーションを馬鹿にする思考に至ったのかという点だった。

 

単純に思慮に欠ける人間だと断定してはき捨てれば簡単ですけどそうではないと僕は考えているんですよね。むしろ僕は内容のないコミュニケーションを取らないという立場はすごく理解できる。いっぽうで対人間に限定すれば内容のないコミュニケーションも大切だとも理解している。

 

コミュニケーションといっても対人間だけではなくてこうしてインターネットに書くことも映画を見たり小説を読んだり音楽を聴くのも広義のコミュニケーションと捉えられる。

僕達はスマホやPC、電車の中吊り広告、客引き、街頭テレビと常にコミュニケートしていてそれにより内容のないコミュニケーションを捨てる必要性を帯びているのではないかと思う。

これが内容のないコミュニケーションをバカにする、いやすべき理由のひとつではないかと。

 

 

次に考えられるのは内容のないコミュニケーションの源泉は寂しさでありその寂しさが消えているのではないかと思う。

実際の例でも内容のないコミュニケーションが最も見られる現場は学校だと経験上言える。学校が内容のないコミュニケーションであふれ返っている理由として考えられるのが強制力と寂しさだと考えられる。

義務教育で自立能力のない子供は学校しか居場所がなくなかば強制的にそのコミュニティーに属すことになるのでコミュニケーションせざるを得ない状況だと言えるので、内容のないコミュニケーションもよく見られる。

また子供は感情が豊かだし寂しさゆえに内容のないコミュニケーションによってそれを紛らわせていると考えられる。女子高生の流行語や省略語「マジでマジだねえ、ああ、マジマジだね」など(よく知らない笑)。

 

いっぽうで今の大人の社会は個人主義社会でみな適切な距離を取るようになったし昔のように意味のないコミュニティーが大人の世界にはあまり存在しない。

 

 

また寂しさの点でいえば大人のコミュニケーション世界は代替物によって寂しさなんか吹っ飛ばすことができる環境にあるように思う。

現代はインターネットによって情報が過大になってきてコミュニケーションがあふれ返っているので自分で意味のあるコミュニケーションを選んでコミュニケートすることが可能(たとえば今僕がシロクマさんの記事を選んで言及しているように)だからみなそうしているだけではないかと。

 

まとめると現代はコミュニケーションであふれ返っているので内容のないコミュニケーションを取捨選択する能力は絶対に必要でさびしさもなく内容のないコミュニケーションによりコミュニティーに依存する必要性もない。

 

その環境がコミュニケーションを捨てていい、捨てるべき、捨てなければいけない能力を人間に与え、その思想を対人間にまで適用している人がいると、あるいはそういうことなんだと思います。

 

 

結論を言えば内容のないコミュニケーションを馬鹿にする人は後天的にそうなっただけのことだと思うのです。

元来さびしくない人間なんていない

生まれてきて泣かない赤ちゃんなどいないのですから