メロンダウト

メロンについて考えるよ

参議院選挙考察その2~なぜ不動産を問題にする政党がないのか~

不動産改革なんていう政党があればなにを置いても投票したいぐらいに思ってるのだけど。

経済の状態を政治的に論じる時、僕たちは非正規や最低賃金などの労働形態の問題を語りがちだ。どの政党もそうだ。政策としてできるのは消費税の減税、最低賃金の上昇、正規雇用の拡大、格差の是正だけだと思われている。

金融政策においても株価を刺激してトリクルダウンしようや金利をさげて通貨が流通するようになればいいとみな言う。

これらも重要だと思う一方でそんなに重要なことなのかといった違和感も同時に持ってしまう。例えば最低賃金に関してもれいわ新選組の政策にあるように1500円になったとしてそれで実態的にどのていどの効果があるのだろうか。賃金が低いことが貧困の原因だから賃金をあげるのは重要だが時給1000円が1500円になったとしても「それほど変わらない」だろう。せいぜいスーパーの値引きシールを見ないで気兼ねなく購入できるようになるぐらいの話である。最低賃金は確かに問題だが非正規がなぜ問題なのか考えていないように見える。

 

そもそもなんで非正規が問題かと言えば非正規は職業上のキャリアとして得るものがない仕事の場合が多いからだ。工場のライン工にしてもコンビニのレジ打ち、スーパーの品出しにしても何年やってもたいして得るものがない。スーパーの品出しがキャリアパスとして機能するなら時給1000円でも充分なはずだが実際は何の役にもたたない。

それでもやっているのはお金がないから生活できないからに違いない。そしてなんでお金がないと生活できないかと言えば食べて、住むためである。

食べることに関してはもう充分すぎるほど日本は豊かになった。その気になれば1万円以下で毎月暮らしていけるだろう。しかし家賃はそうではない。

東京では普通のワンルームを借りるだけでも月6万円からかかり、初期費用はその何倍もする。すこし大きな部屋がほしいともなればゆうに10万円以上かかる部屋ばかりだ。限界集落のようなところに住むでもないかぎり地方でも月3万円以下で家賃をおさめるのは難しい。

家を購入するにも地方ですら地価が高すぎて正規社員の給料ですらやすやすと手がでるものではない。非正規ならなおさらのうえ住宅ローンを組むことも難しい。

非正規の給料1000円で考えれば月6万円の部屋に住むためだけに毎月60時間(1日8時間労働として日数にすると1週間)なんの役にもたたない労働をしなければいけない。そのうえ食べて着て年金、保険料、住民税などなどを支払いながら最低限の文化を維持しつづけて、そのうえ正規社員になるための自助努力などできるわけがない。

じゃあ住まないという選択肢をとるとなるともっと莫大な生活コストがかかることになる。ネットカフェやカプセルホテルに住むにしても洗濯機を1回まわすのに100円、料理ができないので高額のコンビニ弁当を食べ、物を置く場所がないのであらゆるファシリティーが用意できない。だから非正規でも家賃を払って部屋を借りて住むしかない。

労働の対価としての給料が低いことも確かに問題だが生活するうえでのコストのほうも問題だという単純な話だ。お金は稼いでも使えば残らない。あるいは残るほど働けば働くだけになってしまう。

だから貧困を住まいから考えて改革しようという政党があればぜひ投票したい。具体的にはわけのわからない文化である礼金の廃止、居住権の条件的緩和などだが

もっとドラスティックに今同時に問題になっている空き家を政府が買い上げて貧困層に無償で与えるなどしてもいいぐらいに思っている。私的財産ではなく無条件の住環境としてではあるが。生活保護のように審査を経ての住居ではなく、非正規や年収200万以下世帯の公的住宅としてある程度自由に住める場所ができれば非正規の生活コストによる問題もかなり少なくなるはずである。

非正規だけでなく正規社員に関しても良い政策である。平成のテレビドラマに出てくるような「家族もいて住宅ローンも何巡年も残ってるのにクビになったらどうすんだよ」みたいな話も解消する。

将来的にはそれが推移してベーシックインカムの前に国民全員がそれぞれ住む家を無償で得るようにぐらいなればいい。団地や集合住宅の一室でいい。家賃無料、共益費月3000円程度で住めるようになれば労働問題のほうもある程度は解決するだろう。

 

 

家賃がいらなくなれば今のように生活コストを人質にとり安い賃金でも働かざるを得ない状態はなくなる。食べるためであれば月3万円で充分だ。その他の生活コストを考えても月10万円もいらない。家賃さえなくなってしまえば。

そうなればスーパーの品出しなどは誰もやらなくなるので賃金は勝手に上昇する。

非正規でも働く人がいるから非正規で雇用する企業がいてそれゆえ非正規という問題が生まれる。ならば非正規では誰も働かない世界をつくればいい。そう考えると今もっとも問題とされるべきなのは家賃および不動産全般の価格およびその全体に関する利権についてである。

人口減、空き家増加、非正規雇用、貧困、格差など不動産に政治がきりこむべき条件は揃っている。もう政治は食事の品質や安全管理に必要以上のコストを払うのはやめて住環境の改善に努めるべきである。

じゃないとアメリカの西海岸みたいになるよとこの記事を読んで思いました。

https://jp.quora.com/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%81%A7%E3%81%AF%E5%B9%B4%E5%8F%8E10%E4%B8%87%E3%83%89%E3%83%AB%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%81%AF%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%8C%E5%8E%B3%E3%81%97

 

というまたまた選挙の考察にはなっていない話でした。

くさいおっさんとコミュニケーションコードと耐性

シロクマさんの記事を読んでて思ったんだけど

https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20190712/1562932800

 

おっさんは臭いから清潔な社会では忌避されるって文章。そのためにおっさんは臭くないようにケアしなければならない社会であるといった論旨だった。

以前、父の友人の家に行った。50年ぐらいは建ってるのかってほど古い団地の一室に奥さんと住んでてそこで一泊したんだけど家の中がけっこう臭かった。その場で言うことはなかったけれど部屋に入った瞬間に強烈に臭いと感じた。木材が腐敗したようなにおいというかなんとも言えない臭いがした。

しかしそこで思ったのが、自分はこのぐらいの臭いにこんなに過敏に反応する人間だったのかってことだった。

 

公園の公衆トイレ、電車で隣になった人の加齢臭などでも感じることがある。自分はこんなに臭いの耐性がない人間だったのだろうか、と。

学生時代、運動部に所属していたので部室の臭いなども経験済みでそれに比べれば父の友人の家も加齢臭も定量的にはそれほど強烈なにおいではないはずだ。

しかし今、いわゆる「清潔な社会」で生きている自分にとっては当時の部室の臭いよりも加齢臭などのほうが強烈にくさく感じる。

 

駅の公衆トイレにしてもそこまで嫌だとは感じなかったはずなのに、今はそうではない。

自分の経験から比較するに、清潔な社会で生きていて臭いにたいする耐性がなくなったのだと思う。

くさい場所が社会から排除されていってくさい場所で生きる経験がなくなっているので相対的にかすかな臭いも強烈に感じてしまうようになった。いつから自分はこんなに神経質になったのだろうかと軽く自己嫌悪するぐらいにはそう感じている。それは環境的な要因が強い。

においもそうであるし、あるいは人格さえもそうなのかもしれない。

 

無臭の人間、無臭の人格を持った(あるいは見せている)人ばかりが社会にいるように見えれば相対的に有臭の人間は忌避されるようになる。それはシロクマさんがおっさんの挙動などが忌避される対象だと書いていることと同様の意味を持ってそう言うことができる。

この清潔な社会で適応して生きるには原則としてジェネラルでいる必要がある。ある程度普遍的な人間のスタイルを保持しながらそこに軸足をかけてのみ逸脱することが許されている。それは別に今の清潔感が至上とされる社会ではなくとも規範意識や法そのものが人間に課すものなのだと思う。

今はそれが無臭で無謬な人間だというだけなのだろう。だから僕自身は今の清潔感至上社会がそこまで問題だとは思っていない。何がマジョリティーでどういう趨勢がこの社会において支配的なのかは必要であり、その点において清潔感はベターな価値観ではあると思う。

 

僕が問題だと思うのは世界線の消失のほうである。コミュニケーションコードと言い換えてもいい。あるいはコモンセンスなどとも呼べるかもしれない。

別の臭いを持った個人、別の考え方を持つ個人、別の性を持つ個人が生きるのが社会である。その関係は繋がれてこそ社会として成立しうる。清潔な人間だけがいる集団は清潔村であり、おっさんだけがいる集団はおっさん村である。そこを繋ぐ何かコードや共通感覚が本来は必要であるが、今はクラスタごとにバラバラになっている。

富裕層は六本木に、貧困層は西成に、女子高生は原宿に、フェミクラスタ、ネトウヨクラスタはてなクラスタなどなどそれぞれが島になっている。

それ自体は自然なことであるし友人や恋人レベルの話で言えば価値観が合うもの同士が集まるのは当然だ。しかし価値観の違う人同士で話ができないというのはおかしい社会であると言える。今は価値観が違う人が話ができない状態に見えている。くさいおっさんとかわいい女性がたとえ話をしなくとも話が可能な場所をどう構想するかが社会を考える時の条件だったはずだが、すみ分けるのが正しいと思われていることに違和感があるのだ。無干渉は決して正しい方策ではない。

ヘーゲルなどはバラバラの個人がコモンセンスを持つには国家という概念が機能すると書いていたけれど、今の僕達は国家にたいする帰属意識はそれほど持っていない。

国家も機能していないし、ネットはクラスタ分けされていてそれぞれが好きな人同士で集まってむしろ閉じてきている。

だから僕達は他人の臭いを異臭だと感じるようになり、神経質になっていくのではないだろうか。異なる人間を同じ世界に生きる人間だと感じる身体的能力、共通感覚、コミュニケーションコードの欠如こそが問題だと、僕なんかは思う。

今のパチンコ店の状況から見るにカジノは日本で絶対に成功しない

おそらく、この記事で書くようなことは他の誰も書いていない。カジノを考える時にすでに存在するギャンブルであるパチンコを取り巻く状況を考えることがカジノの実態を正確に予想するものとなる。

しかしパチンコを社会的なものとして語ることは誰もやらない。語られたとしてもギャンブル依存症に関することだけである。パチンコという低俗なものが馬鹿馬鹿しくて語る価値のないものだと思っているのかもしれない。

 

パチンコを実際に打つ人も現状追認で今ある状況で楽しもうみたいな人が多い。

メーカーもホールも商売として経済的に考えることはあっても現場の実態を考えているわけではない。というか実際に打たない限り、パチンコを取り巻く状況は知る由もないだろう。

パチンコをやらない人はパチンコが語る価値のないものだと考えている。うるさいからなくせみたいなことしか言わない。

しかしパチンコほど人間の行動をダイレクトに反映する現場というものもなかなかない。

なのでパチンコを知っていて同時に言論にも政治にも興味がある僕から見たパチンコとカジノとインターネットの関係を語っていこうと思う。 

 

インターネットによる情報化によって顕著に変わったもののひとつがパチンコだ。他の何よりも劇的だと言っていいだろう。今まではみなパチンコの情報を知らなかった。店に行き、台に座り、ハンドルを握って大当たりするのを待つ。それが一般の人の打ち方だった。そしてそれだけがギャンブルとして成立していた理由だった。情報が周知していなかったのでみなパチンコが偶然でありギャンブルだと思っていた。

しかしパチンコは統計的にいって偶然ではない。単なる確率であって必然のうちにおさまるものだ。

スマホなどが普及して全員が情報に瞬時にアクセスできるようになると台の情報、勝てる方法、負ける打ち方を全員が知るようになった。

パチンコで言えば台毎のボーダーラインという情報がある。打っている台の名前で検索すると千円でどれだけ抽選を受けられれば勝てるか負けるかがすぐにわかる。20回転のボーダーラインであれば千円で24回転ぐらい回せば長期的に見て負けることはまずない。

以前、それらの情報はパチンコ雑誌のみに書いてあることだった。パチプロと呼ばれる人はパチンコ雑誌を読んで台ごとの情報を得ていた。雑誌を読んで知識武装してお店に行って打つのが勝つ方法であった。情報を知っている人と知っていない人に明らかな差があって勝っている人はその優位性によって勝ち続けることができた。しかしインターネットが広まって瞬時に情報が広まるようになったことでその優位性はなくなった。以前はパチプロのみに共有されていた台や店の情報がネットによって一般的な情報に「格下げ」されたことで勝ちにくくなった。

 

偶然だと思われていたパチンコが偶然ではないと人が知った場合に人は勝つために行動するようになる。普通にスマホで検索する人が全員パチプロのような行動をとるようになった。いっぽうでは負け続けるまま打っているギャンブル依存症の人がいて二極化している。

お店側も勝つために打つ人が増えたのを知っているのでそれに合わせて調整を厳しくする。すると出玉率がさがり、ギャンブル依存の人の負け額が増える。情報を駆使して打っている人も全員がパイを取り合っている状況なので時給にするとアルバイトと同じぐらいしか稼げない。結果として現状、パチンコは勝てるように打っている人とギャンブル依存症に二分されている。

こう書くとパチンコを知らない人には反発されるかもしれないがパチンコやパチスロは文化的な側面が確かにあった。パチスロリーチ目主体の機種やパチンコの羽ものなどギャンブルとは別に楽しめる側面があった。しかし文化的に遊ぼうとパチンコを打っている人もすこし検索すればその台の情報を得ることができるようになるので勝てる方法で打つ人になり、文化的なパチンコやパチスロは淘汰されていった。

今、パチンコ店にあるのは轟音とつんざく光がうるさい台しかない。以前のパチンコパチスロはそうではなかった。そんな環境なのでそれでも打っているのは中毒になったギャンブル依存症の人かそれを我慢して勝つ方法で打っている人しかいなくなった。

 

これは前回の記事で書いたように経済において合理的な消費をする人ばかりになったのと同じである。情報が周知されると人は合理的な行動をとるようになり、非合理な行動を取らなくなる。その結果情報格差がひろがり、勝つ人と負ける人に二分される。それが今一番顕著に起こっているのがパチンコである。

 

さてIR法を考える時、カジノがギャンブル依存ではなく娯楽として成立するかどうかが争点になっている。カジノはギャンブルではなく娯楽として成立するかどうかだがありえないと断言できる。

それは今のパチンコ店の状況を考えればはっきりしていることだ。パチンコはかつて娯楽だった。しかし今は情報によってそうではなくなった。カジノにおいてもブラックジャックバカラの理論は検索すればすぐに出てくる。それはパチンコを取り巻く状況と同じだ。

以前のような情報が浸透していない世界においてはギャンブルがライトな娯楽として成立するほどに人々はよくいえば文化的で悪く言えば無知だった。しかし今はそうではない。情報はそのゲームにおいて強烈な格差を生み、文化を淘汰し、勝ち組と負け組に二分する。

カジノが娯楽として成立するにはこの社会は情報化しすぎてしまっている。それでも中毒的に打つ人がいるので儲かりはするだろうがそれはIR法が想定している健全なカジノとは程遠いものとなるだろう。

結論としてはカジノやギャンブルはもうこの世界の「条件的に」健全な形での成功はありえないのである。