メロンダウト

メロンについて考えるよ

「そんなこと言ってもしょうがない」への里帰り

最近、ひょんなことから小学生のサッカークラブでサブコーチをやるようになりまして酷暑の中を走り回っているのですが、子供と遊ぶのは良いもので、肉体的にも精神的にもデトックスになっているのだなと感じています。正直もう若くないのでしんどいのですが…

立憲民主党とリベラルの政治的リアリティー

こんにちは。 参議院選挙の候補者をいろいろ調べていたところ、今の政局についてすこし思うところがあったので書いていきます。 曰く、ここ数年、自民党の一党支配になっている理由は左派の分裂にあると言われてきた。2017年の衆院選において旧民主党(…

信頼とリテラシーと参議院選挙

僕たちは常に信頼できる人を探している。生まれた時からたぶん、ずっとだ。 友人、仕事、恋愛、学問、政治、なんでもそうだが、信頼は社会関係において重要な位置を占めている。しかし同時に信頼という言葉はどこか空想めいてもいる。誰々を信頼していると言…

事実確認的発話と行為遂行的発話の相克

言及はしない(この辺境ブログを読んでいる方であればおよそ想像がつく話題なので)けれども、言論の価値は局所的で当然だと思うんですよね。 言論は啓蒙的であるべきだという立場は言論の価値を高く見すぎている気がしてならない。 ごく一般的に人には生活…

友敵理論を現代風に考えてみる

一般的なことを言えば僕たちは「敵」を想定しなくなった。誰かを敵だと認定することはまともな人間のすることではないという了解が市民社会に広く浸透している。 インターネット上では敵を想定して騒ぎ立てる論争が日々行われているものの、そうしたものに参…

表層的コミュニケーションの限界と終わらないワンピース

子育てエッセイの先駆者として知られる西原氏のエッセイが実態にそぐわないものだと報道され炎上しているけどいろいろ考えさせられてしまう。 経緯としては西原氏のお子さんが成長し、エッセイで描かれていた家庭の内実をツイッターやブログでつまびらかにし…

「ねえ」

ねえ 何? 貧困ってなんだと思う? 国民年金の督促状を丸めてゴキブリを叩き殺すことじゃない? ・・・ずいぶん具体的ね ああ、具体的だよ。具体的じゃない貧困があったら教えてほしいくらいだ 具体的じゃない貧困、ね・・・パッとは出てこないわね。そうね…

女性だけの街の政治的危険性~差異が生む多様性について~

女性だけの街、というか極度に同質性を高めた街を構想する人の人間観はどこか牧歌的に見える。 男性からの被害を回避するために女性だけの街があればいいという素朴な案なのだろうけれど、そもそも僕たちは「差異があるから差異を差異として許容できている」…

ギャンブルとグローバリズムの綱引き問題

こんにちは。エルデンリングを110時間かけてやっとクリアしたのでブログを書いていきたいと思います。 先日テレビを眺めていたら競馬の祭典日本ダービーが行われていた。観衆は6万人。一昨年であればネットが大炎上しそうなほど密になっていた。オニャン…

スパイファミリーの感想~結果論としての家族~

スパイファミリーを見ている。アーニャがかわいい。ピンクの髪の幼女はなぜあんなにかわいいのか。 それはともかくスパイファミリーは様々な論点を含む作品だと思うのでそのあたりについて書いていきたい。 スパイファミリーは主人公であるロイドがとあるミ…

はてな民のために球技の意味について政治的かつ実効的に語りたい

anond.hatelabo.jp 誰か教えてくれ。 「体育の授業に球技を入れることに何の価値があるのか」ってことを 私はけっこう運動してきた人間で、だいたいの球技は人並み以上にできたりするのだけど、なぜか体育嫌いの巣窟であるhatenaにいるのではてな民のために…

はてな民のために球技の意味について政治的かつ実効的に語りたい

anond.hatelabo.jp 誰か教えてくれ。 「体育の授業に球技を入れることに何の価値があるのか」ってことを 私はけっこう運動してきた人間で、だいたいの球技は人並み以上にできたりするのだけど、なぜか体育嫌いの巣窟であるhatenaにいるのではてな民のために…

努力ガチャとプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

シロクマさんが徳島スタンフォード事件や努力ガチャの問題を書いていて 読んでたらプロ倫(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神)を思い出したのでそのあたりのことについて書いていこうと思います。 『プロ倫』に書かれていたことはようするにカト…

見せかけの青写真と陳列された被害感情

ネット論客として有名な青識亜論氏が複垢なりすましでフェミとアンチフェミの両陣営を演じていたらしい。 b.hatena.ne.jp 2015年に青識氏は「表現規制派のアカウントも持っている」と自身で公言していたみたいなので今更暴露されても彼のポジションは変…

少子高齢化社会についての思案~灯台を失った社会~

いよいよ少子高齢化に伴う人口減少が始まろうとしている。内需は本格的に縮小しはじめ、労働人口が不足し、実質購買力の低下(スタグフレーション)とともに日本市場は衰退しようとしている。 下記ツイートは日本の総人口と生産人口の推移を示したものである…

大人になれと言う大人がいない問題、あるいは逆算的一般論の重要さについて

先日の記事で「人の暴言をネットに晒すのは大人のやることではない」という主旨のことを書いた。 自分の記事を自分で批判するのもどうかと思うのであるが、誰かにたいして「大人になれ」と言うのは空々しいものがある。現実でもインターネットでもほとんど言…

雑文

いやもう昔のようにかなり雑に書いていくけれどみんな本当にこれでいいと思ってるの?生娘の件に関して 声をあげた女性とか、人権感覚とか、コンプライアンスとかそれっぽいことを言ってるけどようするに世論で殴り殺しただけでしょ。いつからか声をあげるこ…

忘れ去られた問い~男性の生きづらさを言語化してみんとす~

男性も生きづらさを言語化しようと話題なのでさっそく言語化を試みたいのであるが、結論から言えば男性は「産めないから苦しい」のではないだろうか。 よく女性の出産に関して「産みの苦しみ」と言われたりするけれど、「産めない苦しみ」が男性にはある。 …

amamako氏への返信

amamako氏から言及されていたので返信記事を書きたいと思います。 リンク先の内容は白饅頭氏の記事への批評が主なもので私への言及は少ないですが小さいながら齟齬があるのではないかと amamako.hateblo.jp 以下の指摘なのですが plagmaticjam氏は、自分や白…

白饅頭noteを一年間読んで

一年ぶりに言及されていたので私も一年ぶり?に言及してみようかと思います。 note.com ※リンク先記事は有料です おそらくですが白饅頭氏は自分と同世代なんですよね。時代感覚として通底している部分がかなりあるように思う。どの記事だか忘れてしまったけ…

ファスト・イデオロギッシュ・フード~乃木坂46のエイプリルフール騒動に関して~

エイプリルフールに乃木坂46の人気メンバーが同性愛に関する写真を投稿し、一部界隈で炎上する騒動になっている。 左翼系メディアのハフィントンポストでも「同性愛をネタにすることは許されない」という主旨の記事があげられていた。 www.huffingtonpost.…

戦争に勝てないということ~実力も戦争のうち?今、もう一度サンデルを考える~

ゼレンスキー大統領の演説を見た。素晴らしかったと思うと同時に妙な違和感を覚えた。日本の国会議員がスタンディングオベーションしていたからである。日本は自由主義陣営としてウクライナと共にあると表明することは正しいと思う一方、奇妙な対比を感じず…

ホロライブと非モテと正しさと愛するということ

おひさしぶりです。というか最近はいつもひさしぶりな気がしますが(笑)時間がないというわけではないのですけどね。戦争が始まってからここに書いたことはなんだったのかと、悶々としていたりします。あとVtuberをすこし見ていたのでそのへんの感想でもと思…

差別論争の思い出、あるいは禁煙ファシズムについて

最近の差別論争を見ているとミイラ取りがミイラになってる感を強く持ってしまう。 anond.hatelabo.jp 男と女、世代論ばかりで社会問題を語りすぎなのはその通りだけど、それ以外の異物を排除していった論法がそのまま返ってきているだけなのでは、と思えてな…

タコピーの原罪の原罪~中庸の罠について~

最近話題のタコピーの原罪を13話まで読んだ。正直、途中から読んでいられなかった。自殺、いじめ、毒親・・・の中に放り込まれた善意の空回り 描写が生々しいのもあるし、僕自身学生時代にいじめというかいじられというかそんな経験があるので「いじめ物」…

「長年の悲願」ほど厄介なものはない

ロシア・ウクライナ間で起きた戦争について様々な考察や記事などを見ているのだけどこれといった回答はないみたいだ。 どの媒体でも「ロシアに正義はない」という論調だ。私もそのように思う。現象としてはプーチンが狂ったとしか言いようがないものの、なぜ…

日本には政治と経営があっても経済がない

もう「経済」が消えてしまったのかもしれない。 自分は経済学部出身ながら長年の労働によりそのほとんどを忘れてしまったわけであるが記憶の片隅から引っ張り出して書いていこうと思う。日本には政治と経営があっても経済がない。それが多くの問題に通底して…

宿命としての非実在サイゼリヤ論争

なにか人生がのっぺりしてきていよいよネットになにか書く熱量が失われてきたのだけどちょうど良いのっぺり具合の話題を見つけたので言及してみようと思います。 『サイゼリヤで喜ぶ彼女』というイラストがツイッターでシェアされ話題を呼んでいる。 サイゼ…

本音としてのオープンレター、最終手段のキャンセルカルチャー

現在、リベラル派と呼ばれる人々の主張はようするに「本音を言えば社会は変わる」に集約される。本音を言えない社会では女性をはじめとした弱者が声をあげるのは難しいので本音を言える社会をつくろうとしている。そのために開発されたのがトーンポリシング…

だから僕達は失恋をやめた

失敗は失敗として捉えるのではなく成長ネタとして捉えたほうが良いという記事を読んだ。 blog.tinect.jp 職務効率的な意味で言えば完全に同意するのだけど、疑問がないわけではないんですよね。 失敗を失敗として捉えるのではなく成長ネタとしてストア(貯蔵…