メロンダウト

メロンについて考えるよ

個人でできるビジネスが転売ぐらいしかないんだろうな

昔はそこらへんに個人の小売店や街中華みたいなのがたくさんあったけどそれもいまや名のある商店街や観光地にしか残っていない。生活圏にある商店街はどこもシャッター街になっていてイオンモールとコンビニのドミナント出店によって潰されていった。

消費者として見ればまあそれもそうだよなとも思う。個人がやっている商店に雑然と置かれたものよりも綺麗な店内にあるプライベートブランドの安い商品のほうが良いに決まっているのだから。

しかし消費者として見れば当たり前の光景でも、供給者として見ればこれほど完璧で絶望的な状況もかつてないだろうとも思える。小売業を今から始めようと思えばどこの銀行も融資などしてくれないだろう。完全に寡占化していて事業を始める余地などない。

ブティックや洋品店なども見なくなった。飲食店もいいかげんな店はつぶれていって専門的な技術を要するもの以外は軒並み資本に淘汰されていった。喫茶店などもスターバックスコメダ珈琲にとって代わられていく。

 

専門的な技術も資本もない個人が個人のまま何かを始めようとするとどうすることもできない。それが資本によって均された今の社会であるがそうなった時に個人で始められるのがもう転売ぐらいしか残ってないんだろうな。

転売なら情報商材でも買ってツールなどを使い、自分ひとりで始められるけれどそれ以外に何も持たない個人がいったいどうしたらいいのだろうと思うことがある。たとえばなんの能力もない単に良い人であるだけのサラリーマンが失業したとして就労以外のことでお金を稼ぐとなるとかなりのどんづまりになる。

再就職もできず、開業する貯蓄も能力もなく、非正規の給料ではきびしいとなった時に昔なら小売業でもやっていただろう人が多少の倫理にもとるとしても転売屋になるのはわからないでもない。とはいえ目的は手段を正当化しないので転売が社会的にあくどい商売だということに変わりはないが、同情するぐらいの余白は持っておいてもかまわないだろう。自分も、誰もかれもがいつそんな状況になるのかわからないのだから。

 

資本主義において大企業にかなわないのは自明のものであってマルクスの時代から批判されてきたものではあるが、かといってこの国には貧困でいられるほどの精神的余裕はない。清貧なんていう言葉も昔はあったけれど貧乏であることはほとんど無価値なものになっていてみんな資本主義に取り込まれている。それは僕もそうだけどコンビニの無味無臭な店内のほうが雑多な個人商店よりもはいりやすかったり、地縁なんて無視して個人が生活しやすい環境になったほうが良いと思ったりする。しかしそうやって資本の便益に身を投じていると同時にそれに飲み込まれるような感覚になることがある。はたしてそれで良いのかと。消費者としては資本が拡大していって生活がどんどん便利になっていってそれで良いのだけど、僕たちは消費者であると同時に労働者である供給者でもあるわけで

逆の立場から見た時、消費者として個人の貧窮を救ってくれるコンビニが供給者としてはその貧窮を固定するものであったり、格差を拡大するものであったりする。時に僕たちはそれを忘れてしまいがちである。消費者として転売屋は迷惑だと言うけれどそうやってすべてのサービスを完璧に倫理的なものにしようとすれば雑多な個人が介入する余地はなくなるのではないだろうか。大企業には勝てない。商品の質にしてもサービスにしても価格にしても、そして遵法精神にしても。転売もおそらくなんらかの法律によって禁止されるだろう。しかしそうなったとしても転売をやっていた人間の貧窮がなくなるわけではない。その時にもっと別な形でもっと悪い方向に向かう可能性だってある。たとえば詐欺に加担したり貧困はその人の行為をすべて正当化してしまうから貧困は悪なのであって結果としての行為をいくら批判しても格差および貧困を解決しないかぎりこの手の問題はなくなりはしないだろう。

なので転売は単に倫理の問題ではないと個人的には思ったりしている。格差の問題であり、資本の問題であり、社会不安の問題であり、貧困の問題であり、そして当然ながら倫理の問題でもある。

PS5のような商品ならいざ知らず、ブックオフで必死にバーコードを読み取っているせどらーの利益なんてふつうに考えてよいとこ数千円でそれ自体が旧来の日本の経済観から見れば馬鹿げているものでその意味でも批判を向けられるべきような状況ではなく、むしろ救うべき対象とみなすのが妥当だろう。

 

そして彼らをつくっているのは大企業の寡占化による格差およびそれを支持する政権と、そしてそれらを良しとしている消費者および有権者にあるのは自明ではないだろうか。

 

plagmaticjam.hatenablog.com

PS5転売とパチプロの絶滅~情報化社会について~

PS5が欲しい。ひきこもってゲームしたい。アマゾンで予約販売前から張り付いてたのに買えなかった。転売屋絶滅しろと個人的には思うのだけどそう単純にも思わない自分がいる。

・・・なんというか、いつか見た景色だと思うからだ。

かつてパチプロという人種がいた。パチンコ屋で日銭を稼いでいた人達だ。

パチンコ屋には優秀な台というのが存在する。店が釘をたたくことによって客が勝つように調整する台のことである。パチプロは釘を見ることによってどれが優秀な台かを見極めて打っていた。それにより利益を得る。それがパチプロの生業であった。本来は普通のお客さんへの利益還元を目的とし、店が釘をたたいた優秀台をパチプロが打つわけで店の思惑とは異なることになる。普通はそう思うかもしれない。

しかしそうではなかった。パチプロが打つことによって出玉アピールにもなっていたのだ。普通のお客さんは2時間程度打って帰るお客さんがほとんどなのでどれだけ釘をアケても大当たりしたらすぐに換金してしまうので出玉アピールにはならない。一方のパチプロは10時間とか打つわけであるがそのぶん出玉が長時間アピールされることになる。奇妙な共存関係にあるのがパチンコ店とパチプロだった。

それをパチプロも承知していたので優秀台で充分に出してこれ以上は店にとって迷惑だと思えば閉店時間までは打たず、他のお客さんに打たせようと離席したりしていた。

本来は店にとって迷惑なだけのパチプロが店にとっての広告塔になり、普通のお客さんにとっては台を譲ってくれる良い人という奇妙な関係が成立していたのだが・・・そんな状況は続かなかった。

 

インターネットの登場によってそれは劇的に変わった。パチンコは勝てるもの、稼げるものだという情報が流布されると店が台をアケても他のお客さんのことを考えず、共存関係なんて無視して閉店時間まで打つだけの人達がたくさん出てきた。あの店は出る、あの台は出せるなど情報として広まった瞬間にどこからともなくイナゴのようにその店にやってきて抜けるだけ抜いて去っていくのである。そこに以前のような関係はなかった。

 

そのような状況なのでパチプロの存在意義はなくなった。優秀台を置けばイナゴに持っていかれるだけなので店にとって釘をたたくメリットが何もないのだから自然そうなる。店も台をアケなくなり、台をつくるメーカーもパチプロに有利な台を出すことはしなくなった。以前は銭形平次に代表されるようにパチプロだけが勝てるように作られた台も存在した。パチプロが出して普通のお客さんが出る台だと思って打ち、店が利益を得るという関係があった。しかしそのような関係も続かなかった。今では誰が打っても変わらない台しかない。

情報化によって情報格差がなくなり、誰もが勝ち方を知った時に共存関係は破壊され、パチプロの存在意義も優位性もなくなることになった。店も台をアケなくなり、台にたいする技術介入もできないのでパチプロは絶滅した。

 

以上のような経緯は転売屋とそれを批判する構造に似たものがある。

情報化社会においてパチプロが出す店に群がるようになるとお客さんが店に迷惑だと言う。その声に店は対応し、全員に平等な台を置き、その要請にメーカーも従い、全員に平等な台をつくるようになる。そしてパチプロは絶滅した。しかし情報化する前までは共存できていたのだ。単に迷惑な存在ではなかった。

それは転売屋にも言えることである。例えばブランド品などが良い例であるが若者に人気なSUPREMEなどが良い例ではないだろうか。あれも転売や流通戦略によってブランド価値が釣り上げられ本来の価値よりも高く取引されるようになった。

メーカーが服をつくり、転売屋や広告業界が宣伝を打つことによってブランド品となり、それをお客さんが買う。ルイヴィトンなども同様であるが中古品を流通させている業者が価格を釣り上げることによって広告として宣伝される効果がある。それだけ高いものは良いものであると。しかしSupremeのロゴがはいっただけの白いTシャツにそんな価値があるわけがない。ブランド品とはつまりメディア戦略の結晶であるがそれを下支えしていたのが中古品流通業者などであった。

 

しかし情報化社会になり、中古品を流通させたり転売することが儲かると周知されるとかつてのパチンコのように共存関係を無視する人達が群がるようになった。Nintendo Switchを購入するためにマナーを無視した買い方をしたり共存関係なんて無視して自分の利益確保に動く人達がたくさん出てきた。それはかつてのパチンコの状況と酷似している。

その結果、転売屋や中古の流通業者は今のパチプロと同じような状況になった。パチプロが単に迷惑な存在になったように転売屋も迷惑な存在としてしか見なされなくなった。

今の転売屋批判を見ているとそのような感想を持ってしまう。上述したように転売や中古品流通業者はその物のブランド価値を高める役割をかつては持っていた。しかしそれは情報化によって物の価値が周知され、開かれた社会において許されなくなった。転売は不当に値段を釣り上げ、サヤをとることとしか見なされなくなった。

AmazonでPS5が50万で出品されていて批判しかされていないが、あれを見てそれだけの価値があるものだと考える人も出てくるだろう。それによって本来の価値よりも高く流通することになる可能性もある点でブランド戦略としてはSONYに寄与しているのだ。ただ、アパレルなどのブランド用品とは違い、ゲーム機のハードはユーザーに届くことが重要なのでPS5にブランド価値が出てもメーカーにとって良いことは何もないところであるが・・・

 

まとめると

パチプロは店と共存関係にあったがそれは閉じた環境の中でのみ成立していたものだった。転売も閉じた環境でのみブランド価値を釣り上げることができた。情報化社会になると全員がその物の価値をすぐさま判断できるので下駄を履かせて売ることが批判されるようになった。

みんな消費者として利口になった。それは良いことである。しかし同時に物やサービスの「幻想的価値」を消滅させた。すべてが本来の価格に均されていく。至極平等で正しいように思える。ケインズの神の見えざる手で言えば当然のことであるが供給曲線をスライドさせることができなくなれば需要曲線のなすがままになる。

それは生産者として考えるとどうなのだろうか・・・物の価値が均されていけば自社工場を持つ大企業が常に勝つことになる。そこに介入する余地はない。Supremeが生まれることもない。

と、考えてはみるもののもはや情報にアクセスするのは人間の権利となっている社会において転売屋が批判されるのは自明のものでしかないのだなと素朴に思ったりもするのだ。それはパチプロが消滅した時と同じである。パチンコを打って生活できていた時代のほうがおかしいのは当然なのだから。

Everlasting Guilty 自民~暴走族は正しかった~

アニメのギルティクラウンが好きである。かなり酷評されているけれどあれを酷評している人はキャラクターに理想像を押し付けている馬鹿野郎である。ぷんぷん。

あれほどリアルに人間を描いているアニメはない。卑怯で、嘘をつき、自己保身に走る。人間なんて常にあんなものであろう(ネタバレ自重)

海賊王になろうとしたり、中華統一しようとしたり、鬼を殺したりするのはひらたく言って異常者のそれである。多くの作品はその異常性が面白いわけだが人間が人間をやっているのも十分に面白い。

 

ということでギルティクラウンの話・・・ではなく、永遠に続くかに見えるギルティー自民と菅政権誕生についての雑感を書いていきます。前回の続きのような内容です。

 

・安倍政権の記憶

安倍政権は史上最長を記録した政権になったわけだが結局は何も変わらなかったという思いが強い。何かを変えることがよくて変えないことが悪いと言うつもりもない。何も変えないことを評価しないわけではないが、なにを安倍政権の功績と考えていいのかがよくわからない。アベノミクスにしても名目賃金と実質賃金の乖離がまして格差が広がっただけで政策として成功したわけではなかった。株価が上がったと言っても最初の半年程度であがり、そのあとはレンジ相場になっていたわけで残り7年のアベノミクスは言葉だけはよく耳にする有名無実のものであった。結局は格差がひろがり、その格差も消費税増税によって固定された。企業のバランスシートが回復して雇用が促進されるというのも有名無実なものであった。企業は内部留保にまわすか新卒を採用するか非正規を増やすかのいずれかであり、貧窮者に利益がまわってくることは終ぞなかった。

アベノミクス実体経済に反映しているというテイをつくるために非正規雇用を増やし、失業率が改善したように見せているだけであった。

 

経済だけではなく行政の破壊も著しかった。

森友からはじまり、公文書改ざんに桜を見る会、甘利経済再生担当大臣の口利き辞任、河井法務大臣の辞任、加計の「総理のご意向」など

 

 

自民党を支える過剰適応社会

こうして政治批判をすること自体がもはや品行方正な日本人から見れば悪辣ともとらえられるかもしれないが、そういう似非道徳のようなもので過剰に適応する様式そのものがここまでの政治の失敗を生んできたのではないか。

 

結論から言ってしまえば暴走族は正しかったのだと思うようになった。ものすごい雑な言い方をすればみんな良い子になった。良い子は親に反抗しない。安倍政権とはただ単にそれだけのことでしかなかったのではないか。安倍総理が辞任した瞬間に支持率が上昇したことを見てもそれは明らかである。病人には優しくするという道徳により支持率があがる。それほどに馬鹿げているのだ。

健康で、道徳的で、清潔な秩序めいた政治という馬鹿馬鹿しい政治である。

 

みんな良い子になった。猪瀬直樹さんが日本はディズニーランドだと言われていたことを思い出す。夢の国の中にいてずっと幻想にとらわれている子供が日本国民だという意味で言われていた。西部邁さんのも日本人は文化的小児病だと言われていた。アメリカの属国、敗北主義の良い子ちゃん国家の日本なんてのは戦後ずっと言われてきたことだが今でも子供のままだということだろうか。親の思う通りに動き、反抗もしない子供。

 

暴走する若者もいないし街中に唾を吐く人もいない。歩きタバコをする人も、酔っ払って千鳥足で歩く人も、駅のホームで酩酊している人も少なくなった。ましてや犯罪率は減少し、みな規則正しく生きるようになった。

良い行動をこころがけ、他人に迷惑をかけないようにし、些細な法律すらもやぶることすらせず、ごみも路上に捨てずにと、言葉にすれば当たり前の行動であるが当たり前が高じて啓示みたいになっている。ぼく個人の感覚からすればゴミぐらい街中に捨ててもいいとすら思っている。法隆寺大阪城などの文化財のなかでもあるまいし何をそんなに神経質になって守っているのだろうかと思うことがある。

そういう現行の規則にたいして従順な考え方は批判的精神を損なうことになる。すべてを守り、すべてを肯定するぐらいであればすべてに反対したほうがはるかにマシである。

是々非々でいられればそれにこしたことはないが是々非々で考えられる人は多くない。多くの人は感情的に政治を判断しており、その感情が批判を許さないように教育されている以上は現状をそのまま肯定することになる。批判なき政治とはつまりどれだけ自民党がギルティであってもそれを永続的に支持することを意味している。

 

現状肯定がいきすぎている。菅新内閣の顔ぶれも安倍政権そのままであるがおそらくずっとこのままいくのだろう。そしてそれを支持する過剰適応の民がたくさんいる。そうやって何も変わらず何もしない政権を何も望まない国民が何となくそのまま支持するだけで永遠に続く。

このような現状に比べれば暴走族が存在した社会のほうがまだ変化の可能性があった点で希望がもてる。今の社会は固着している。清潔で健康的ゆえに反抗することもない。過剰に今に適応し、ルールに沿った行動しか許されない。だれもいない歩道をバイクで走るのも許されない。車が通るはずもない深夜の田舎の交差点ですら信号を守る。そうやってなにもかもを保守しなくてはならない。

そうやって適応し、すべてを守り、良い人間のまま生きていく理想的な人間を演じても現実にはみんなそれほど幸せではない。経済指標はアベノミクスにより回復したように見せているが社会指標においては子供ですら幸福度が低い。大人はいわずもがなであり、賃金格差だけでなく恋愛格差もひろがり性交渉をしないできない人間も増えている。

幸福度指数も年々順位が落ちている。2015年の時点ですら46位と低いが2019年には58位になっている。

結局もう現状を肯定している場合ではないのに現状を肯定しつづけ、自民党を支持しつづける日本はいったいなんなのであろうか。

もちろん政治をなんとかすれば回復するものでもないと思うが、しかし政治が変わらなければ国家をデザインすることは難しいだろう。国なんて無視して個人が社会に適応して幸せに生きるという選択をとる人のほうが多いだろうがそうやって過剰に適応しても幸せですらなく、ましてや何も変わることがなかったのだ。それが安倍政権から学ぶ最大のものだろう。

それでもまだこれだけギルティな自民党を支持し続けている。いわんや病人に優しい国民のほうが病人である。

 

www.youtube.com