メロンダウト

メロンについて考えるよ

負の性欲とデジタル空間への傾倒

インターネットにおける自己と現実における自己みたいな話はずいぶん前からされてきたことだけれど

負の性欲による現実からの退却とディープフェイクなどテクノロジーによる誘惑により本当に一夫多妻制は実現するのではないかと思えてきた。

 

今や現実を見ない人はやまほど存在する。テクノロジーがつくりだした世界に耽溺しネットやゲーム上の自分のほうが本当の自分だといったある種のパラノイア的な生活をしている人は少なくない。自分も程度問題としてそういう生活を送っている。ブログを書くことも見ず知らずの誰かにコミュニケーションを委託している状態だしもっとはっきり言えばそういう顔の見えない他者に依存しているとも言える。

ソシャゲやMMO、ツイッターなどはやっていないので自分が書きたい時に書く以上、ブログは分別がつきやすい方法と思われるかもしれないが身体的な感覚としては依存しているのかもしれないと思うことはある。はてなブックマークにコメントを書いてスターをもらうなどその典型であるが・・・

 

そういうデジタル空間につかった生活様式は誰にも非難しようがない。別に現実に幸せになるだけが人生ではないしデジタル空間に一生耽溺して死んでいくのも個人の自由といえばそれまでの話である。

しかし僕もそうだがそういう人達はおそらくは飼いならされていることは自覚しておくべきではないかと単純に思う。このブログもはてなが倒産したら終了でどんなサービスも提供する側がやめたらそれまででしかない。そういうものに耽溺し生活を預けるのは悪いことではないが危険であるのは間違いない。

 

ありていに言ってしまえば今この世界は人類史上はじめて人生をやらなくてもかまわない時代なんですよね。昔はまあ生きてれば兵役なんかもあったり生きていくために農作業したりそうではない人間は口減らしにあったり半ば強制的に人は人をやっていたわけですが

今は別に結婚しなくてもかまわない、仕事は最低限食べるため、物語はネットフリックスを見ればいい、他人を知りたければネットサーフィンすればいい、性欲がわいたらFANZAでも見ればいい。承認欲求も経済活動も人間関係も性欲もすべてを代替できてしまう。

だから現実にたいしてはまあ30%ぐらいの熱量でやり過ごして本当にしたいことはデジタル空間で達成すればいいやぐらいの心持ちの人が出てくる。

 

それと同時進行して現実はどんどんめんどくさくなってくる。負の性欲という単語が出てきたのにも付随するが恋愛においてもTPOのようなものが確立され、差別ではないが区別され殊勝にふるまうことを過度に要求し自己を型にはめられそうではない人間をポリコレやコンプライアンス云々で非難してくる。

そういう現実の七面倒くさい潔癖さに嫌気がさす適応弱者はああもう人生やらなくてもいいやとまあそんなことを思うようになる。極端に聞こえるかもしれないけれど程度問題として半分ぐらい人生をすでに降りている人はめちゃくちゃいるように僕には見えている。さとり世代という言葉が出てきたのもすこし前ですが現実にしか視点を持たない世代と現実以外にも視点を持つ世代とは考え方がまるで違う。

 

嫌な現実があれば単に離れればいいと後者は考えている。だから別に目の前の人間が何を言っていようが大して問題にしない。それが娑婆世界からおりて出家したお坊さんのようにさとって見える。出家するのが寺かデジタル空間かしか違いはない。

 

ゆえに現実の政治が悪くなってもまあ別にネットの無料サービスでなんでもできる時代だしアマゾンもグーグルもツイッターも日本とは関係ないし。あとはまあ食べて寝るぐらいなら経済指標なんか誤差みたいなものでしょみたいに考える。性交渉もめんどくさい過程を経て誘うより動画で美女の裸を見てたほうがいいでしょといって若者の性交渉経験率は激減している。すべて現実を無視して行動した結果だけど個人の多様性ではなく個人が見る世界が多様であるとはつまり現実世界はすでに問題にされていないと言い換えることもできる。つまり現実はすでにゴミであると。

以前このブログにも引用したことがあるけれどジャン・ボードリヤールはこのような世界を消費社会、情報社会の帰結と断定しています。

 

ヴァーチャル性とともに、背後世界はもはや問題でなくなる。世界は全面的に取り替えられ、同一のものによって二重化され、完全な蜃気楼となる。そして象徴的実質をただ単純に消滅させてしまうことで、問いが解決されてしまう。客観的現実性さえもが無用な機能、一種のゴミとなり、その交換と流通とはますます困難になる。それゆえ人々は、客観的現実性からその後の段階へと移行したのだ。現実性と幻想とを同時に終わらせる、一種のウルトラ・リアリティに。

 

 

つまり僕たちは現実、客観的世界を個々人の判断で終わらせてしまえることが可能な時代に生きている。現実に問いがあれば解決しようではもはやない。現実に問いがあればその現実自体を消去してしまえばいい。そうして現実のほんのすこしでも迷惑なものは消去していく。関係しない。グレーゾーンなどない。まずもって消去。

負の性欲なるものが出てきたのもいわゆるこの現実の消去に連動していると見ている。きもい男性は無理、言い寄られるのも無理、そういう現実は早く消去しないといけない。

現実は清潔で住みやすく個人の自由が尊重されるべきであるのだから女性の負の性欲は当然の権利と女性は言う。このように被害者側が常に正しさを持つのはなぜなのか。それは他方できもいとされる男性が現実に生きなくてもかまわない世界があることと連動している。同じ村や閉じた世界で生きているのであればその人間の「変化」を望むしかないが今はそういう人は別のところで生きればいい。たとえばそれがデジタル空間だったりする。これは政治においても言えていわゆるリベラル側の人が言う言動も変化を前提としたものではなくなって消去を望むものに変わっていった。

 

個人は個人のまま個人の自由に生きられるべきとはつまり個人の現実にたいしてなんらの介入をしてはいけないと言っているのであってそれは個人の現実は個人の裁量において他人を消去する権利を持つと同義である。そしてそういう世界と負の性欲は相性がいい。拒否権を行使する女性あるいは男性にたいして僕達は反論しえない。

なぜなら個人の現実にたいして無理矢理関係するのはご法度であると同時にそうする必要すらすでにないからである。

政治的なことは個人的なことではない

暴力的な男性のほうがモテるって記事が話題だけどベタベタな現実認識からすれば言われるまでもなくそうだよなあって思いました。

[B! 差別] 「男性の人格においてモテ・非モテを分けるのは暴力性である」に対する補遺|rei|note

 

それと同時にはてブにあがってたのが梅沢冨美男氏の記事だけど

[B! セクハラ] セクハラについて無理解な梅沢富美男を論破したカズレーザーの一言に「めっちゃスッキリした」と称賛の声 - Togetter

梅沢氏は「女性にかわいいって言ったらセクハラ、ブスって言ったらパワハラ、どうすればいいんだ」と言ったのに対しカズレーザーさんが「何も言う必要はない」って切り返してた。言うまでもなくカズレーザーさんのほうが絶賛されてたけど

 

暴力的な男性のほうがモテるっていう話とつなげれば「何も言う必要はない」ってのはそもそも何も関係する必要はないってのと同義だと思うんですよね。

無害な男性はただ良い人認定されるだけでそれ以上の関係にはならないは良く言われる。それは現実に観測する範囲でもそうだし冒頭の記事で統計的に言われていることにも符合する。

何も言う必要はない、何も関係する必要はないはポリコレ的には正しいけれど現実の雑多な関係の中でポリコレ的に振る舞えば振る舞うほどモテどころか関係性から離れていく。恋愛に限った話ではない。あるいは仕事でもそうだ。無害な人間は無意味な人生を歩む。

誰かと関係している以上、加害性を持たないことは不可能なのに加害することは駄目だと言えばもうはなっから関係しないしか方法としてない。それがカズレーザー氏が言っている「何も言う必要がない」ということだろう。何も言う必要がないってのは正しいんですよ。しかし政治的に正しいからこそ個人的には間違っていることを認識しなければいけない。

 

何も言う必要がないとか何も関係する必要がないってのはものすごく残酷な言葉なんですよ。現実を棚上げしている。君が完璧に生きるには君は私(わたくし)的であってはならない。私的な欲望も私的な嗜癖も加害性を含むのだから君は君であってはいけないって言っているのと同義なんですよね。表現の自由フェミニスト騒動も記憶に新しいですけど人間はだれしも誰かへの加害性を持つ。

 

よく個人的なことは政治的なことと言われるけれど政治的なことは個人的なことだと考えるのは完璧に間違ってるんですよね。だから僕はカズレーザー氏の意見にはまったく賛同しない。今、問題になっているのは彼の言うような政治的なことを個人的なことに分配規定する風潮だと思っているからです。

民主主義は国民の私的欲望(特殊意志)に基づいた一般意志によって全体意志が決まるべきとルソーが書いていますけど、個人的なことが政治的なことに接続するのは民主主義のプロセスであって政治的なことが個人的なことに接続するとは書いていないんですよ。民主主義は国家のありようを決めるプロセスであって国民のありかたを決めるものではない。

しかし政治的なことを個人的なことに過剰に逆流させているのが今起きていることなんですよね。個人対個人を持ち出してどちらがより政治的だからこっちが正しいという論争はそこかしこで見られますがそれはどちらも特殊であるだけでその全体は投票によってのみ政治的には決定する。

しかし全体意志は特殊意志を規定してはいけない。人々は全体意志には「従わなければいけない」ということしかルソーは書いていない。全体意志に自己を同一化する必要はまったくない。個人が個人の裁量において相手にかわいいと言ってもいいし関係性が充分でジョークとして通じるのであればあるいはブスとすら言ってもいい。その特殊な関係性を考慮しえない政治的な正しさで言えば「何も言ってはいけない」になるだけで現実には人間関係はすべて特殊なんですよね。だから政治的な正しさを個人的なことに用いるのは間違っている。

これにたいするカウンターとしてヘーゲル国民国家は人間一人ひとりが生きるモデルになると書いているけれどヘーゲルが書いていることはあくまで公共的とは何かでしかなく恋愛などの普通の人間関係を政治によって敷設するなんてことは書いていない。

唯一、政治によって人間全体を規定する思想めいたものを言うならばそれは全体主義しかない。それがいかに危ないか僕達は歴史からすでに知っているのに政治的な正しさ、ポリコレというものにあまりにも無警戒ではないかと思う。

 

 

女性が暴力的な男性を好きでいてもかまわないし男性が私的な領域において暴力的に振る舞うことで関係を築くことは自由であるべきだと言える。実際に暴力をふるったら法律で裁かれるべきだがそれ以前の暴力的とは単に特殊な状態のことを言っているものでしかない。

 

そういう特殊な男性に女性が惹かれるのは僕はものすごく当たり前のできごとであると思う。恋愛も原理的に特殊である。原理的に特殊な恋愛関係を築きたい女性は特殊な男性を求める。彼が特殊であればあるほどその関係も閉じていき特殊で特別なものになると女性はわかっている。政治的正しさなんて大きなものを指針に恋愛するような普遍的な男性と恋愛しても特殊な関係を築けないとわかっている。それはもはや恋愛ではないと。

 

個人的なことは政治的なこと。政治的なことは政治的なこと。そして政治的なことは個人的なことではない。

たまにはブコメに返信してみる

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

個人主義と自己責任主義を混同してんな

2019/12/03 06:27

b.hatena.ne.jp

 

自己責任は生活が立ち行かなくなった人に浴びせられる言葉です。それは結果にのみ言われることでこの記事で問題にしているのは生活が立ち行かなくなる過程なので個人主義であってるかと

個人主義の同義語に利己主義がありますけどこの記事で問題にしているのは個人の自由や尊厳を守る個人主義のポジティブな価値観のほうです。

個人主義により形成された世界は個人が自由に生きられる一方で無用な個人を包摂しない負の側面があります。利己主義や自己責任はネガティブな意味での個人主義です。この記事で問題にしているのは社会に当たり前に流通している個人主義のほうです。なので自己責任とは違います。

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

『単語の誤用』でなく本質を見ろってコメあるけど、難しい言葉を使いたいならせめて一度くらい調べてみるとかしないの?って言いたい。キーワードが誤用じゃ文章の根本的な信頼性に関わるでしょ。

2019/12/03 12:30

b.hatena.ne.jp

 

どの単語のことを言っているのかわかりませんが個人主義のことを言っているのであれば誤用ではないと思います。個人が個人を尊重するようになった結果個人が個人として生きられなくなったという矛盾に疑問を呈しているのです。

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

難しい言葉でそれっぽく言ってるけど、もともと”順応できない人”が社会で生きられる場所って言ってるほど多くなかったのでは?今の社会も不寛容だけれど、昔の社会だって昔の常識の中で不寛容だったのだから。

2019/12/03 10:16

b.hatena.ne.jp

 

 

僕もそう思います。昔は昔のつらさがあったのだと思います。今は今のつらさがある。しかしそれで終わってはいけないと思います。それが変化していてどうなっているかを想像し認識するのはとても大事なことです。

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

これはいけない、すぐ全体主義に移行しなければ

2019/12/03 05:56

b.hatena.ne.jp

 

ネタで書かれていると思われるのであまり真面目に返信するのもどうかと思いますが個人主義をどうアップデートするのかが肝要かと。

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

個人主義」とは伝統的には集団(国家や社会)の存在意義の源泉を個人の尊厳が守られることに置いている価値観であって、集団の維持に不適合な個人の排除・矯正を是とする思想は「集団主義」と呼ばれるものでは。

2019/12/03 09:21

b.hatena.ne.jp

 

単語の意味ですとそうですが問題にしているのは個人主義的な集団主義です。個人主義をつきつめると個人が個人としてあるべき個人しか集団の中に包摂されないということが記事の論旨です。

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

googleの誕生でネットはアングラでなくなってしまった.個人的にはそれが一番残念..

2019/12/03 08:28

b.hatena.ne.jp

 

僕もそう思います。

 

 

 

 

補足的にですがなんでこんな記事を書いたというと福祉はそれ自体他者からの奉仕でありそこに主従関係が生まれるからなのです。

関係性が生まれる以上、奉仕された側はスティグマとして恥や恩を感じるようになる。それは公的であれ知人であれどんな関係においてもその関係性からは逃れられない。

つまり人が一人で勝手に助かる場所があることが本来的な意味では完璧な福祉であるはずで公的福祉っていうこと自体がどこまでいっても完璧な福祉たりえないものだっていう視点が欠落しているような気がするんですよ。もちろんケースワーカーだったりそういう社会福祉にたずさわる人は尊敬していますがそうではない福祉のありかたをもう一度考えるべきではないかと。思いましたが僕の文章は稚拙だったみたいです。

人が一人で勝手に助かることができる環境が自営業だったりしたのですがそれができなくなったのは個人が個人として尊重されるようになったことで個人が個人としてあるべき個人でいなければいけなくなったことに起因するのではないか。

そんなことを書きたかったのですが僕には手に余る議題だったみたいです。

シロクマ先生が言及するかもしれないとブコメに書かれていましたので先生にまかせることにします。おやすみなさい。