メロンダウト

メロンについて考えるよ

ヘイトスピーチの終わりと相対主義の果て、あるいは陰謀論の機序について

日本でヘイトスピーチが問題になったのが2012年。東京の新大久保や大阪の鶴橋で「韓国人を追い出せ」「在日特権を許すな」と叫ぶデモが行われたことに端を発する。現在ではネトウヨや保守亜流と呼ばれる嫌韓ナショナリズムが一部界隈で盛り上がり、在日特権を許さない市民の会在特会)が出てくるといったことがあった。
その後、2016年にヘイトスピーチ解消法が制定され在日外国人への差別や誹謗中傷は規制されたように見えたがその「愛国的他責感情」が消滅したわけではない。かつての嫌韓ナショナリズムポピュリズム的右翼)がどこへ行ったのかと言えば、形を変えQアノンに代表される陰謀論者になっていく。「日本を悪くしているのは○○だ」という愛国感情による原因追及はかつては韓国人に向けられていた。その感情がヘイトスピーチ解消法により規制されると自前の論理を持ち出すことで一応の客観性を付与するという陰謀論にいきつく。つまり、彼らなりの事実や論理があるのでヘイトではなく批判であるという建付けにより愛国感情はヘイトの枠から飛び出していったのである。
 
似たようなことはアメリカでも起きている。先日の中間選挙における調査では、共和党支持者の70%が選挙否定論者だと言われている。先の大統領選挙でトランプが敗北したのは投票が不正に行われたからというのが共和党支持者の主張であるが、実際にはそれを裏付ける証拠はない。にもかかわらず共和党支持者は、自らの愛国感情を保守するために陰謀論を信じている。その感情は客観的事実によって規定されるのではなく、自らにとって都合の良い事実をパッチワーク的に繋ぎ合わせることで「一応の整合性」を保っている。その方法論が陰謀論者に見られる特徴である。民主党的なリベラルが嫌いだというヘイト感情は表に出さず、リベラルを否定するための方法だけが採用されるのである。ただし、注意して見るべきは、アメリカではポリティカルコレクトネスやキャンセルカルチャーなどのリベラル的価値観(つまりヘイトスピーチ規制的な価値観)が行き過ぎた結果、市民の愛国感情がバックラッシュとして噴き出したというのが陰謀論を支持する基盤となっていることだ。
 
日本でもアメリカでも愛国という物語が先にあり、その物語に即した事実(陰謀)を選択的に切り取るというのが陰謀論者に共通して見られる傾向である。その背景には感情的なヘイトを規制してきた歴史があり、それは両国共に共通している。一義的な感情の吐露=ヘイトを規制すれば、ヘイトを行うために物語を調達してくるという感情と論理の逆転、つまりは「倒錯的言論」が発生するのであろう。
ようするに日本でもアメリカでもヘイトが規制され陰謀論が生まれたというのがここ数年で起きた「右の歴史」なのだが、そうした歴史を振り返った時に考えるべきことは「嫌悪感情」の最終処分場をどうするかという問題である。
 
 
陰謀論とは、換言するに、「人間は何かを嫌いその感情からは逃れられない」という現象であるのだが、そうした現象を見るにつけ思い出すのはポストモダンにおける議論だ。ポストモダンは様々な解釈がされている為、厳密に定義づけることは難しく間違っていたら指摘していただきたいのだが、ポストモダンでよく言われるものに「相対主義」と「脱構築」があり、ここでは相対主義から陰謀論を俯瞰してみたい。
相対主義とは「人間の価値基準はそれぞれの経験にもとづくフレームワークによって規定され、何を大事に思うか、何が正義かという議論は個々人の経験によって判断されるものに過ぎない」という立場である。相対主義以前のキリスト教的世界では、道徳的価値判断を担う神がいた。カトリックプロテスタントなどの宗派の違いはあれど神という価値基準によって人間の行動や価値基準は比較参照することができた。神という絶対存在との比較によって人間が持つ価値判断は質的に尺度化され、その距離を計ることが可能だった。
しかしながら神がいなくなった近代、ポストモダンの世界では何を起点として価値を判断するかという基準が消滅するため、個人の主体的判断によってのみ何が正しいかを判断せざるを得なくなった。そして、今起きているように、その判断は個人ごとにアトム化し、バラバラになることで、いかなる価値基準も他者との優劣をつけることができなくなるという社会が訪れる。誰が何を言ったとしてもその判断は発言者個人の経験とその経験によって醸成されたバイアスがかかっているとされるため、何が正しい価値なのかという、その尺度は無化され、どんな価値観もそれを定義化・計量化・絶対化をすることができない。
つまり、あらゆる真理や価値判断は相対的なものでしかないというのが相対主義である。
 
相対主義はポジティブに言えば多様性と言い換えることができる。しかしながら相対主義には罠がある。相対主義によってすべてを平等だと見なすと出てくるのが「リアリズム」であり、それによって出てきた問題は多い。
政治的に言えば、あらゆる価値判断を平準化すると、何が正しいのかは民主主義によってのみ決定されることになり、果てにはポピュリズムを招くことになる。
インターネット的に言えば、あらゆる価値判断を平準化すると、何が正しいのかは「いいねやフォロワーの数」によって決まることになる。
資本主義的に言えば、~~~~~~~金を持っている人が正しいということになる。
 
社会的価値基準を設定することができない相対主義の世界では道徳を定義づけることは難しくなり、現実を神として設定し、現実に有用であると見なされているものが有用であるというトートロジーを招くことになる。しかしそれは現状肯定のイデオロギーに過ぎない。何が正しいかという価値判断がなければ、ただ現実だけが肯定されることになりトートロジーの外に出ることができない。そのような状態において出てくるのが現実を総とっかえすること、つまりは陰謀論なのであろう。
陰謀論とは現実の部分的否定及び虚構の肯定であるわけだが、このような展開を予言していたのもやはりポストモダンで、その中にジャン・ボードリヤールという人物がいる。
ボードリヤールはウルトラ・リアリティーという言葉を使い、客観的現実は無用の長物になるということを書いている。現実と虚構が綯い交ぜになり、すべては記号化され、その記号操作(シミュラークル)によってのみ人は物事を判断するようになるというものだ。たとえば陰謀論者は人工地震という虚構を吹聴し、それを現実の対中・対米関係などと参照させることで記号的に連結し陰謀論として成立せしめているのが良い例である。現実と虚構の境目がなくなり、虚構によって現実を形作る、もしくは現実を虚構化するのが価値判断が消滅した相対主義の世界における方法論=陰謀論なのである。
 
普通に考えて陰謀論は馬鹿馬鹿しいのだが、相対主義の世界では普通に考えてという判断すらも相対化され、普遍性という言葉自体が意味をなさない。あるいは、何が現実かという説得も意味を持たない。もしくは何が正しいのかという判断も意味がない。ただ自らに利する事実・現実・虚構を選択的に繋ぎ合わせることで価値観そのものがペルソナ化していくのである。
 
機序としてはこうだ。
相対主義によって価値基準が消滅、平準化する→多様な個人が多様な主体を持ち多様な政治的主張を持つことが民主主義の御旗のもとに肯定される→多様性を否定するようなヘイトスピーチは規制される→多様な個人が多様なまま生きるという現実だけが肯定されるようになる→現実に適応できない人もいる→現実という価値判断そのものが相対主義の極致に晒され消滅してしまう→虚構を肯定する陰謀論が生まれ、現実を取り換えようとする勢力が出てくる。
 
ヘイト感情をシャットアウトしたことでヘイトではない形(フィクション的論理展開)で愛国感情を表明し始めるのは自然と言えば自然だったのかもしれない。しかしながらそれで良かったのかと思うことがある。私的なヘイト感情は私的なものにある程度留まっていて、それ自体が公共性を帯びることはなかった。しかしヘイト感情が否定されると、その感情は一応の論理を必要とするようになった。その結果、陰謀論が生まれ、いまや右と左では話をすることすら難しくなってしまっている。それはアメリカにおいて共和党支持者と民主党支持者で同調できる政策がほとんどないことからもわかる。分断はより深くなっている。
政治的な対立軸は一見するといまだに旧来的な右と左にあるように見えるかもしれないが、もはやそのような段階ではない。それよりももっと深刻で、今や僕達の現実は虚構と等価にすらなりつつあるのだろう。

ファスト映画の賠償金5億円について

Youtubeに通称ファスト映画という映画の要約動画を投稿していた件で民事裁判の判決が出た。その賠償金額が5億円というニュース

www.asahi.com

刑事では執行猶予付きの有罪判決が既に出ていて先日、民事で賠償金の判決が出たみたい。内訳としては1再生あたり200円換算で総再生数を乗じた推定被害額が20億円、そのうち5億円を被告に請求となっている。当該被告が動画投稿であげていた収益は約700万円と言われているけど、応報刑としては行き過ぎているような気もする。

たしか不法行為にもとづく損害賠償金は非免責債権になる可能性があり自己破産しても債務が消えるわけではないと、記憶の片隅にある。扱いとしては養育費と同じだったような・・・

5億円の債務かつ刑事で有罪判決が出たことにより社会的信用も失ったことを考えると量刑として重すぎるような気もしてくる。

当然、著作権侵害が駄目なのはその通りなのだが、昨今の勧善懲悪的な風潮が増長したせいか刑罰の多寡について議論されることはなく有罪か無罪かという話に終始してしまうのはどうなんだろうと思ってしまう。ファスト映画を投稿したことで事実上人生終了となるのは本当に適切な判決なのだろうか・・・

 

ファスト映画のような切り抜き動画は他にも多く出回っていて、たとえば漫画のコマを列挙して解説する動画もYoutubeには数多く存在している。様態としてはファスト映画とほとんど同じものが数多くあり、紹介というていを取りながら事実上のネタバレになっている。おそらくそうした動画を投稿している投稿者本人も好きなものを紹介するといったカジュアルな感覚でやっているのだろうけれど、それがまかり間違って人生終了になるのはやはり怖いことであるように思える。

また、ファスト映画のようにそれを見たことでコンテンツを購入する動機を失うという観点から見れば、ゲーム実況なども同様の判決が出る可能性がある。大手の実況者は配信可能かは確認していると思うけれど、例えば海外産のマイナーゲームを他意なく紹介実況していたら再生数とゲームの販売金額を勘案し算出された損害賠償を請求されるということにもなりかねない。そうした過誤による著作権侵害にたいし厳罰を貸すのは本当に妥当なのだろうかと個人的には思ってしまった。

いずれにせよ投稿者の意図や過誤を考慮せずにコンテンツの逸失利益をそのまま損害賠償金として請求する今回の判決には疑問が残る。

 

ファスト映画は自分も見たことがあるけれど紹介という意図は確かにあったように記憶している。それはゲーム実況者がゲームを紹介するのと心性としては似たようなものだったのではないだろうか。

僕が見たファスト映画は映画を切り抜いて編集し、そこに女性の声をあて場面ごとに解説するといった形式をとっていたけれど、あれだけ編集するのは相当時間をかけていただろうし編集の仕方にもユーモアが散りばれられていたりして、確かに著作権侵害ではあるのだが「好きが高じて」のような雰囲気を見て取ることができた。他にもファスト映画は数多く存在していた時だったので著作権にたいする意識もあまりなかったのではないかと思える。

僕が見たのは『エスター』というホラー映画を要約したものだけど、その動画を見て興味を持ち映画本編をサブスク視聴したりもした。ネタバレとして著作権を侵害するのと同時に映画を購入する動機にもなっていたのだろう。もちろん、だからと言って著作権侵害が許されるわけではないのだが・・・

 

なんにせよかなり多方面に飛び火する判決に見えるが、著作権にたいする意識を啓蒙するのと同時に、インターネットにひしめく「コンテンツの中継地点」をどう考えるのかは議論されても良いように思う。すくなくとも厳罰に処せば良いという単純な話ではないはずだ。そのうち行き過ぎた厳罰にもキャンセルカルチャー批判のような形で疑問符が出てくるのではないだろうかと、そんなふうに思うニュースだった。

麻婆豆腐と上級弱者

最近よく佐々木俊尚さんが言っていた上級弱者という言葉を思い出す。

上級弱者とは政治的スペクトラムの変化によりこれまで弱者であった人々、主に女性や障碍者の方のプレゼンスが大きくなり相対的には強者になったという話だと思われる。いわゆるアイデンティティーポリティクス批判の一種であり、佐々木さんの言説には批判や同調含め様々な反応があったように記憶しているが、個人的に気になったのは「強さ」はどこにいったのだろうかという点だった。

虚実関係なく現行の社会では被害者の声がよく聞かれ拡散されることは間違いない。メディアも被害者の声を取り上げ社会問題として問題提起することがしばしばだ。悲劇は拡散されやすくニュースバリューがある。そこで弱者になることで強者になろうという政治的転倒が起こり弱者は単なる弱者ではなくなり上級弱者と呼ばれるに至ったと、およそそのような構図なのだろう。

とはいえ単純に考えて弱者の声がよく聞かれる社会は間違ってはいない。政治に救済を求める必要があるのは主に弱者であるため、弱者が声をあげられる社会は自己責任社会よりはるかに良い状態である。

しかしながら上級弱者という言葉が仮に真実だと考えた時、弱者がその弱者性に縛られるという別の問題が起きるのも考えられる。弱者であることが政治的なプレゼンスとして機能し、多くの人に声を届けられるランドマークになれば彼がその弱者性を失った時、その影響力は減少することになる。そこで出てくるのが弱者であり続けようとする人々なのだろう。

人はいつまでも被害者ポジションを取り続けるわけにもいかないのだが、弱者で居続けることが彼の政治的プレゼンスを担保するものになれば、彼はその被害感情を手放すことができなくなってしまう。それが上級弱者という言葉の真意ではないかと思うのだ。おそらく佐々木さんは弱者を批判しているのではなく弱者が置かれている政治的言説、その環境について疑義を呈しているのだと思われる。佐々木さんの言説は一見するとアイデンティティーポリティクスを批判しているようにも見えるが、しかしその裏では弱者が救われるとは本来どういうことなのか、いつまでもアイデンティティーに縛られていいのかという、実存的救済にたいする視座が垣間見えるように、僕には見える。

鬼滅の刃ではないが、弱者を救うことで強さを獲得し、そしてその強さでまた次の弱者を救うというその循環こそが肝要であるように思うが、弱者を弱者として温存し政治的影響力を保持し続けるというのはその循環機能を喪失することと同義であり、そうなると強さの議論が居場所を失い明後日の方向に飛ばされることになる。こうした上級弱者が作り出す「循環喪失社会」においては強さを持つ人、つまり救う人がいなくなりマクロで見れば全体が困窮し、リソースの奪い合いになり、そこでまた誰が一番かわいそうかという弱者競争が生まれることになるのだろう。個人が強さを獲得するという言説は右からも左からも失われMMTのように弱者を救済するリソースは無限に供給できるかのように思い込むことで現実的思考を逃がし続けているのが強さを失った「上級弱者的社会」のようにも見える。

 

 

こうした話はおそらく政治的言説に限った話ではない。努力や成長といった普通の言説も自己責任社会の消滅と軌を一にしてあまり聞くことはなくなっていった。人々の立場や職分などは表面上フラット化され誰もが平等でありのまま存在するリベラル社会になった。そう言えば聞こえは良いけれど、逆に言えば人々は強さへと駆り立てられることがなくなり弱くなったとも言える。おそらく、時代が推移するにつれ僕たちは弱くなっているのだと思う。出世したいと考える人も少なくなり、共同体も失われたことで互助関係による強さの獲得や価値基準にもとづく意志力及び社会にたいする動機付けなどを失い、裸のまま社会と対峙するようになった。実存が剥き出しになったことで鬱病が増え、神経症的な言説がSNSを中心に巻き起こり、他人の愚かさを逐一発見し第三者に報告糾弾し、自分自身の弱さは上級弱者というカードとして温存しながら数の論理を使い疑似集団的な強さを行使する。つまり弱さも強さも方法論としてのみ行使され、「弱い人は強くなったほうが良い」「強い人は思慮を持つべきだ」といった道徳や倫理を言うことができなくなったため、上級弱者というアクロバティックな表現を使うしかなくなってしまったのだろう。単に弱者は頑張ったほうが良いといった普通の言葉は機能せず即時反射的にマチズモとして回収される。そのため、何か尾を引く表現を使うことで弱者が置かれている環境を婉曲的に描写することが必要となる。その表現の難しさこそが今の社会を表しているように、僕には見える。

 

無論、このような強さを求める話は率直に言ってマチズモのそれであるし、僕自身が強いかと言えばまったくもってそんなことはない。とはいえやはり人間生きている限りなにがしかの強さは必要だ。

突然だがその筆頭が家事スキルである(脈絡どこ行った2日目)

昨日豆腐を買いすぎたので明日の夜は麻婆豆腐をつくろうかと企んでいる。甜麺醤とひき肉を予め炒めて置いておく。ひき肉が使い切れなかった場合、冷凍しておくと肉味噌としても美味しいので心配無用だ。冷凍ご飯と一緒にレンチンして上に卵を乗せるだけでご馳走である。さておき豆腐は少量の塩を入れたお湯で下茹でしておく。フライパンに油を入れにんにく、しょうが、唐辛子を炒め香りを出したらひき肉、ネギ、中華スープを加える。豆板醤、コチュジャン一味唐辛子などで辛さを好みの味に調節したら豆腐、にんにくの芽を入れ水溶き片栗粉を加える。水溶き片栗粉は火を止めてから入れすこし焼き、最後に香りづけでごま油と醤油、そして食べる直前に花椒を散らすと一気に本格的な味になり上級マーボーの完成です。