メロンダウト

メロンについて考えるよ

からっぽの国民とからっぽの政治家

シロクマさんの著書「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」を一通り読んだけれど今度は三島由紀夫のことを思い出してきた。

三島由紀夫は日本はからっぽの国だと言ったがそれはシロクマさんの著書にも通じるところがある。以前、このブログでも日本人の無謬性について書いたけれど

plagmaticjam.hatenablog.com

 

いわゆる清潔も無臭という意味において「無的」な価値基準であり喫煙をし無いということもそうでパワハラなどで人に干渉し無いことも無に向かう価値基準であると言える。

フェミニズムも男女の格差を無くすという理念でありリベラルも貧困を無くすという意味において同種の性質を持っている。リベラルは本来、進歩主義という側面も持っていたがそれがいつのまにかたち消えてしまったのも進歩は「無」という価値基準と相性が悪いからかもしれない。

ありとあらゆる有事を無くすことにより世界を無事にという考え方が日本においては支配的でありそれは平和主義とも言えるし非武装中立とも言えるが同時にすべてを無意味にする危険性をも孕んでいる。そんなことを考えるようになった。つまりこの国においてはからっぽであるほうが善であるようなそんな空虚さが社会のあらゆるところに貼りついている。それが清潔だったり健康だったり秩序だったりするのではないだろうか。

 

それはベタな生活においても言えることで出世したくない若者が増えたというのも出世することは無事では済まない可能性があるからで出世したからといって出世した人が偉いという価値基準も無化されている。リベラルが台頭するようになると弱者のままでも無事に過ごせる権利があるのだという思想が頭の片隅に置かれることになる。そうやって現実を無化していくことにより出世も同時に無価値なものだと考えるようになる。物質的にもこれだけ充足した社会において精神的な意味において出世したいという思想も無化されれば出世したいと思う若者が減ることも当然である。

恋愛においても同様のことが言える。端的に言って恋愛が無事に済むことは稀だ。その点で無と恋愛は非常に相性が悪い。無謬性を持っている若者は恋愛をしなくなる。無謬性を恋愛に適用すると唯一恋愛関係として成り立つのは無と無の組み合わせしかない。相手を尊重して相手の自由を妨げない関係が現代における理想の恋愛として語られるのも無という価値観が善だという思想的な背景ゆえだと言える。もはや愛しているかどうかなど関係が無い。男性は中性的で無謬で透明感がある人間がパートナーとして理想とされるのもその存在がどこまで無謬であるかどうかという判断ゆえの結果だと言える。

 

からっぽであることはこれまでは程度問題として悪いこととされてきたはずである。無謬であることもそうでおまえは自分の意見が無いということも悪いことだと言われてきた。しかしもう意見なんてものは発した瞬間に無という価値基準にてらせば悪者扱いされる。そうやって誰からも何も言われず有事に晒されることがないまま大人になった若者をこらえ性がないゆとり世代と一昔前に言っていたけれどそれは程度問題として僕は正しい言論だと思っている。有事にさらされた経験がないとちょっとしたことが本人にとってはおおごとになる。それは身体を貫く感覚として誰もが知っていることだろう。

セクハラやパワハラが社会問題として認識されるようになったのも暴力や体罰などのそういう経験が圧倒的にない世代が社会に出てきたのと重なっている。もちろん暴力や体罰はダメである。しかしものすごい端的に言えば生きてれば何か起きる。それはほとんど必然として何か起きる。そしてなにか起きた時にその有事に耐えることができるような経験は必要だということも言わないとダメなのだと思う。暴力や体罰はダメだが同時に経験が大事だと言うのは両論として存在するべきでどちらがという話ではないはずだ。しかしこの国ではからっぽが善だという価値基準に照らして暴力も体罰もそれによる経験もすべて無化することにした。

パワハラやセクハラが有事かどうかは個々人の胆力に完全に依存するので断言するべきではないが有事が無事では済まないということは無事すぎる社会だから起きた有事だということが言える。

 

このようなからっぽ大作戦を最もうまく使っているのが政治である。国政における安倍晋三も都政における小池百合子も無という価値基準を使い、いかに自らが無謬で善良な政治をしているかを演出している。

安倍総理に関しては言うまでもなく問題を問題そのものとしてとらえるのではなく言葉の定義を有耶無耶にしたり行政文書を破棄して無くすことにより議論がすすまずそうして時間が経っているうちに国民が忘れることを待っている。

桜を見る会なんかみんなどうせ忘れる - メロンダウト

そうやって問題そのものを無化することによって続いている。

小池百合子に関してはもっとわかりやすい。満員電車0、花粉症0など7つの0を公約に掲げてすべてを無くすことをマニフェストとして打ち出していた。皮肉なのは達成できたものも無いということであるが。

国政に関しても都政に関しても自民党か無所属かの違いはあれどどちらも無謬性を持つ国民に支持されていることを考えればとても納得がいく。つまりこの国では右も左ももう政治に影響などしていない。右も左も気の迷いのようなものである。この国を支配しているのはからっぽという無である。政治はいかにからっぽであるか競争をして無を実現できるかにかかっている。なぜなら大多数の国民が無謬性を持つこの国ではいかに無謬でいられるかが選挙における鍵となるのだから。

 だから政治家は何も言わないということを言う技術が重要になってくる。

そう、小泉進次郎のポエムのように

気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ。

 クールでセクシーで楽しければもはやなんでもいいのである。

はてなブックマークにコメントを書くのをやめます

この前こんな記事を書いた

plagmaticjam.hatenablog.com

 

批判も議論も、あるいは誹謗中傷でさえブログでやればいいという趣旨の記事

この記事を書いてから自分自身がはてブにコメントしているのはどうなのかと考えるようになった。実際に自分のコメントで傷ついた人もいるはずだ。他人が書いたコメントは本人がどう受け取るかわからない。誹謗中傷したつもりはなくとも誹謗中傷に受け止められてしまうこともあるはずでそれは短文であればあるほどその危険性が高い。コメントはその短さゆえに勘違いや齟齬、過誤を生みやすい。文章にすれば程度問題として伝わることもあるだろうけどコメントはそうではない。

もちろんそうではない穏当なコメントを書ける人もいるだろうけど自分はそうではない。頭がいいわけでもないし他人に簡単に嫉妬するしクソみたいな感情を押し殺して生きてて気を抜いたら不倫のニュースにすら批判的なコメントを書きそうになる。それをしてはいけないという理性によって書いていないだけだ。だから誹謗中傷する人間の気持ちが実のところわからないわけでもない。幸福そうな他人が転落するのが娯楽だという感覚はわかるしそれを助長するために平気で安い正義感を振りかざすのは楽しいことなのだろう。

それを抜きにしてももうはてなブックマークを見てコメントする意味がわからなくなっていた。今年に入ってからははてブを見ることがもう完全に習慣化していてはてブを見る意味も何も見いだせなくなっていた。トップに上がってくる記事はだいたいすでに見たことのある内容の記事とニュースおよびどうでもいい増田だけでメディアとしての利用価値ももうない。はてなはもうそこに所属していることだけが唯一のオリジナリティーで完全な村と化している。そういうふうに僕には見えている。だからもうはてなブックマークを利用する意味もなく個人的な利用価値としてはテレビと同等かそれ以下となった。

まだ互助会が盛んだったころはマシだったんだろうなと思い返すことができる。個人のブログがはてブにあがっていたころだ。個人ゆえに拙いけれど個人の論考がはてブにあがってきて読んでいたころは楽しかった。だいたい無防備に書かれた記事なんてものははてブに晒されれば批判されるのだけどそういう無防備な考えを書いている個人のブログほどインターネット的なものはない。その稚拙さと無防備さと純粋さが好きだった。だがそれはもうない。

ものすごいベタに言えばいろんなことを考えている人がいるんだなと知的好奇心を満たされるものが以前は多かった。テレビは情報しか流さない一方ではてブなどのウェブメディアは知らない世界で生きる人を知るツールとしてとても有用であった。

互助会と批判されていたピピピピピさんのブログなども好きだったけれどああいう在野の個人の考え方を書いているブログなどを知る場所としてはもうはてなブックマークは機能していない。それは互助会を排除したことによってそうなったわけだけど快適さを追求するあまり雑多なものを排除していくなんて社会で起こっていることとなんら変わりはしない。いいかげんな店主がやっている店は潰してコンビニとイオンモールで埋め尽くされる郊外の地方都市となんら変わりはしない。それが今のはてブでありそれゆえにもう見る価値がない。イオンに行っても置いてある商品は高が知れているのだからそこに発見はない。便利さと快適さに支配された村にはもうなんの面白みもない。快適な情報収集で言えばはてブよりヤフーニュースや新聞を見たほうがよい。よってはてなブックマークは僕にとって魅力のない場所となった。

 

大衆の要望によりそのサービスを「整地する」ということはなんであっても結局は世界の論理と同質化していくことでしかない。はてブも互助会やまとめサイトを排除して表面的には正しいメディアにデザインしたのかもしれない。しかしそこに残されたのは増田という村の談合と炎上案件でのびた話題およびニュースだけでしかない。それはしょうがないことでユーザーの要望をそのまま聞けばそうなるのは自明でテレビがそうなったのとまったく同じ文脈を持ってはてなブックマークもつまらなくなった。そしてそこにつけられるコメントももうテレビを見た感想程度にしか見えなくなってしまった。

 

具体的に言えば政治系の記事を見た瞬間につけられるコメントは容易に予測できる。反安倍が常態化しすぎていて政治を議論できる場所ではすでにない。仕事や人間関係の記事につけられるコメントもリベラルに似せた自由奔放主義で現実への戦慄を無視したスター至上主義に支配されている。

そうしてすべてが収斂していく。はてブのトップページに限った話ではあるがそれを追うことはもう僕にとっては時間の無駄でしかない。マイページも結局は自分が気に入った情報の範囲を出ない。はてブにあがってくるカオスな記事が僕がはてなブックマークに期待していたものだがもうそういう記事はあがってこない。あがってくるとしてもそれを逐一見るのは時間の無駄と言っていい状態で誤配が機能する場所ではもうない。

 

ゆえん民主主義はつまらない。多くのユーザーが望む状態にサービスをデザインすればするほどつまらなくなる。正しい情報だけを集めた情報ほど正しくない情報群はない。正しくない情報が混在して相対化が機能してこそ情報への姿勢が開いていると言える。

ゆえに正しくない情報を排除したはてなブックマークはつまらない。それが最近のはてなブックマークにたいする僕の感想である。

シロクマ先生著「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」を読み、世界について考える

id:p_shirokumaさんの「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」

購入して読んでいます。半分ほど読んで思うところがあったので書いていきます。

はじめに誤字を見つけたので言及しておきます。

47ページなかほど「フェイスブックやインスタグラムに好もしい投稿を心がけてやまない」となってますが「好ましい」の誤字ではないかと思います。シロクマさんの目に留まるかわかりませんが。idコールってブログでは飛ぶんだっけかわからないので最新記事へリンクしておきます。

p-shirokuma.hatenadiary.com

シロクマさんのブログはかなり目を通してはいるのですがはじめて著書を読ませてもらいました。そしてやっぱりかなり近いことを考えているのではと思うようにななった。

喫煙の問題にしてもそうだし自由の逆流とも言える現象についてもそう。タイトルにもなっている健康に関してもそうだと思う。健康「的」と言ったほうが適切かと思いますがいわゆる全体主義的なものにたいする疑義という点では似たようなことを考えている。取り上げられている喫煙の問題に関してもこのブログではさんざん書いてきた。1章で取り上げられている境界知能の方および認定弱者についても最近の記事で量的差別という点で書いてきた。個人主義にたいする危機感や自由そのものにたいする違和感のようなものもこのブログの主題と言っていいかもしれない。もうさんざん書いてきたのでとりあえず過去記事で近いことを書いているなと思う部分を先に貼っておきます。

 

生きづらいのではない、生きる意味がないのだ - メロンダウト

自由で、個人が尊重されるようになっていってる。

しかしそれこそが問題として噴き出してきている。今、僕達に起きているのは自由な個人でいるゆえの問題ばかりだ。

 

くさいおっさんとコミュニケーションコードと耐性 - メロンダウト

 この清潔な社会で適応して生きるには原則としてジェネラルでいる必要がある。ある程度普遍的な人間のスタイルを保持しながらそこに軸足をかけてのみ逸脱することが許されている

 

個人主義が福祉をぶっ壊している - メロンダウト

 今は企業社会においてもインターネット社会においても完璧な社会に傾倒しすぎているような気がしている。企業は経済的に純化され雇用の流動性を上げ個人に人材としての役割を課す。ネットは不完全な他者を炎上させる装置として機能している

 

シガレッツ&ポリティクス - メロンダウト

 ある事物を政治化したら民主主義なんだから全体化するゆえに部分最適からはずれることになるって側面になんでもっと慎重にならないのか意味がわからない。

 

日本で起きている最大の問題は信頼の不況化ではないか? - メロンダウト

昭和期の国民国家によって与えられた人間像(ナショナリズム)はグローバリズムという不可避の事態によって解体し、企業の家族性も経済効率によって解体し、日本人には宗教も一般的ではなく、さらに最後に残った目的のない人間関係もインターネットによって解体し始めている。

その全てをもって人の自己存在の不安は増大し「なにも大切ではない社会」 になって社会がどんどん即物的な消費にはしり動物化していっているような印象を強く受ける。

冒頭に戻ればつまり個人主義は人の聖域を解体しつくして利己主義を生み利己主義者を信頼することは難しいので信頼の不況化を生む。それが近年になって問題とされている日本の閉塞感の最も重要だが解決不能な問題となっている

 

 

 ということで今回の記事は終了、というわけにもいかないので真面目に書評のようなものを書いていきます。

シロクマさんが著書の中で一貫して書いていることはタイトルにもある通り健康そのものというより「健康的価値観」を至上のものとした時の社会的ひずみについてだと思います。どの章でも「正しい場所や価値観は隙や余白がなくむしろ窮屈だ」といった疑義が根底にありその違和感を持って本書は書かれているように読める。その社会を構成する要因としてシロクマさんは資本主義による画一化やネットの確証バイアスなどを理由としてとりあげていて

僕は過去記事でも書いた通りこれに100%同意するのだけどもっとありていに言ってしまえば理科学にたいする無手の信仰に近いのではないかと最近は思うようになった。つまりこの社会というか世界において1を1としないことは認められないゆえの問題に近いのではないか。

ありとあらゆる議論において論理は至上のものとされ論理的でもなくエビデンスもない言論はむしろただの馬鹿の意見だというのが支配的である。とくにインターネット上においては。これが話を単純化してカットケーキのように世界を切り取る価値を生み出している。それがつまりコピーライティングのようなワンフレーズでの清潔な社会という秩序や健康という生き方を生むことになる。つまり1が良いか、2が良いかという数字の比較をすると必ず大なり小なり符号によって比較されその結果として清潔か不潔かみたいな話になってしまう。そういう比較がまともな議論であるかのようになっていることがそもそもの問題となって今日のような状態を生んでいると、僕は思っている。

人文的な議論において1が1だということは明証的であるがしかし確定しているわけではない。最も原初的な例をあげるとデカルトが「我思うゆえに我あり」と言った過程がわかりやすい。デカルトキリスト教の信者だったが当時のキリスト教の公式見解だった天動説がコペルニクスによって否定され何を信じていいのかわからなくなった。その結果すべてにたいして疑問を持つようになり1が1であることもたとえば周囲の人間や本が何者かによってコントロールされていて2を1と思い込んでしまっている可能性も否定できない。ありとあらゆることは否定可能であるが自分が自分を疑っていることだけは確かなので「我思うがゆえに我あり」と言った。つまり1が1であることは明証的ではあっても確定しているわけではなくそれはありとあらゆるものについてもそう言うことができる。その前提を持ってすれば1を1として全体化することのおかしさを自覚するべきであるがしかしもう人文学は無用の長物扱いされている。民主主義が正しいとかもっと言えば法律が正しいとか法律をやぶってはいけないとかそういう徹底的な正しさを敷設するとかなりおかしなことになる。

法律は時と場合によってはやぶっていいし1よりも2を優先すべき時もあるという当たり前の余白がない社会の徹底ぶりはシロクマさんの著書にたいする回答のようなものにはなると思う。

以上のような考え方は頭悪い文系が考えた無用の長物とされるだろうけどさらに書いていくと僕はシロクマさんの本を読んでいた時に亡くなられた西部邁さんのことを思い出していた。

西部さんは保守と自称していたがその実、徹底的なリアリストで現実の複雑さを決して手放そうとしなかった。核武装論にしてもそうであったしジェンダーにたいする問題でもそうだった。現実はこんなにも必然であふれかえっているのにどうして自由を自由としてしか考えないでいられるのかと。亡くなられたことは残念極まりないが西部さんが西部ゼミナールという番組で情報について語られていたことがあり、僕はそのことをシロクマさんの本を読みながら考えていた。

情報化社会についての回だったかで英語のinformationという言葉を分解するとin-formで型に入れ込むという意味となると仰っていた。とてもよく覚えている。情報は情報としてしか考えられていないけれど僕らはあまりにも情報にたいして無警戒すぎるのではないかと思ったからだ。

それはシロクマさんのいう清潔や道徳についても言えてそれらの価値観は実は情報によってかたどられている部分が大きい。情報化社会という言い方を最近ではよくするけれど情報化社会の化の部分がなぜはいっているのかを考えるに情報そのものに化ける社会という意味において人間が情報と同質化してしまう社会だというふうにも言える。それは例えば清潔感が大事だという情報であったり挨拶は元気よくという情報だったりそういう適切さを徹底することによって人間が情報になり情報もまた人間になっていく。そのような人間はシロクマさんの本の中でも書かれていた。

冒頭第1章29ページの新卒採用について書かれているところ

「誰もが同じようなエントリーシートを書き、テンプレート通りのふるまいを期待されている」

これもリクルートによって情報化された人間のひとつの例ではないだろうか。

 

ここまで理と情報について疑問を呈してきたがこれらのことを乗り越えるのにみなが人文科学を勉強し、1を1と規定しないでいられる社会をつくろうと言いたいわけではない。それは一般的ではないしそういう教養のようなものをつくらなくてもいいかげんで清潔ではない社会は存在していたはずである。

なぜこのような極端に理と情報およびそれに準ずる秩序に振り切れた社会になるのかだけど囚人のジレンマで説明できると思う。

共同で犯罪を行ったと思われる2人の囚人A・Bを自白させるため、検事はその2人の囚人A・Bに次のような司法取引をもちかけた[6]。

本来ならお前たちは懲役5年なんだが、もし2人とも黙秘したら、証拠不十分として減刑し、2人とも懲役2年だ。
もし片方だけが自白したら、そいつはその場で釈放してやろう(つまり懲役0年)。この場合黙秘してた方は懲役10年だ。
ただし、2人とも自白したら、判決どおり2人とも懲役5年だ。
このとき、「2人の囚人A・Bはそれぞれ黙秘すべきかそれとも自白すべきか」というのが問題である。なお2人の囚人A・Bは別室に隔離されており、相談することはできない状況に置かれているものとする。

囚人のジレンマ - Wikipedia

他者が理を取ると予測する時にこちらも理をとらざるを得ない。それが囚人のジレンマの社会的な意味だと僕は思っている。

上に貼った記事に日本で起きている最大の問題は信頼の不況下ではないかと書いたが他者を信頼できなくなった時に僕たちは理を取るしかなくなる。損を取ることはできない。それは外部条件的に。たとえばシロクマさんの本と関連して言えば不潔でいいかげんな人間が存在できる社会が良い社会だと考えていても自分自身が不潔になりあまつさえ不幸になることを僕たちは選ぶことができない。

そうやってみんな合理を選択することになる。誰が望んだわけでもないその理が清潔で秩序ある道徳的な社会を生むことになる。シロクマさんの著書はまだ半分しか読めていないけれどそういうふうに僕には読める。そしていかに先んじて理をとることができるかに躍起になり情報を集めることでその情報通りの行動をとるようになる。そして情報と同一化していく。

ゆえんこの世界に自由などない。あるとすれば自由という情報だけである。

と西部さんなら言うだろうなと思った次第である。

書評はどうやって書いていいのかわからないのでいつもの感じで書いてしまったけど続きを読んで気が向いたらまた書いていきまする。

 

ところではてなブックマークにコメントを書くのはもうやめようと思ってます(というかやめてます)という記事もまた気が向いたら書いていきます。