メロンダウト

メロンについて考えるよ

だから僕達は失恋をやめた

失敗は失敗として捉えるのではなく成長ネタとして捉えたほうが良いという記事を読んだ。

blog.tinect.jp

 
職務効率的な意味で言えば完全に同意するのだけど、疑問がないわけではないんですよね。
 
失敗を失敗として捉えるのではなく成長ネタとしてストア(貯蔵)するというとストア哲学を思い出すのだけど、こういう言説にはどこか違和感を覚えてしまう。ストア哲学は随分昔に齧った程度なので概要しか覚えていないけれど、ようするに外部世界におけるどうしようもないこと(環境要因)と自らができること(処理可能なこと)を峻別することが基本的な理念となっている。上記記事の例で言えば過去の失敗を変えることはできないため、自分にできることは失敗を成長ネタとしてストアするだけとされる。目的を内部化、つまり自分で処理可能なことにコミットメントを限定するのだ。たとえばサッカーの試合で勝つことを目的とするのではなくベストを尽くすことを目的にするのがそれにあたる。
似たようなものにアドラー心理学がある。アドラー心理学では怒りについて目的化をベースに論じていて「怒っている人はあなたを屈服させる目的がある」というメタ化を施すことで怒っている人を外部に切り離すということが書かれている。これもストア哲学同様、外部世界と自己を峻別する心理テクニックであるが、しかし外部世界と一口に言っても僕達個々人もまた外部世界を構成する一人で環境要因でもあるという視座が抜け落ちてしまったのがつまり個人主義化した今の社会なのだろうなと、他方では思ったりするのだ。
 
もちろん外部世界との軋轢、トラウマを克服するために心理テクニックや自己啓発を利用するのは奨励されるべきだと思う一方、こうした心理誘導が正しいとされるのはなにか違うような気がするのである。
こうした話は冒頭記事で書かれてることと議論のフェーズがそもそも違うのでどちらが正しいというわけでもない。なので反論を書きたいわけではない。「心理は誤謬を孕んでいる」という僕なんかの手には余る問題について書いていきたいのだ。
 
 
上記記事に書かれている方法論であったり、アドラー心理学のような個人心理学について最も顕著に表れているのが恋愛だと考えられる。ストレートに言えば僕達は恋愛をやめたのではなく失恋をやめたのだろうと思うことがある。
いわゆる恋愛をコストパフォーマンスとして捉える人が言っていることも失恋で受けるダメージは恋愛で得る享楽に釣り合わないということであるし、恋愛工学に傾倒しているナンパ師なども女性を感情的な客体としてではなく獲得物として見ることで失恋感情を失くすことに主眼を置いていると見ることができる。あるいはマッチングアプリなど事前のマッチングに特化した恋愛の方法もようするに「失恋しないようにその事前性を担保」しているとも言える。
 
どのような恋愛にしろ自由恋愛につきものの失恋をいかに回避するか、そこに重きが置かれているように見える。失恋を外部化し実存からいかに切り離すか。そこに今日の恋愛を貫く心理があるように思うのだ。
 
一般に無目的な関係性のすえに恋愛が始まり、恋慕が生まれ、自己と切っても切り離せない関係性を構築すれば失恋した時に尋常ではないダメージを受けることになる。その意味で自由恋愛とはほとんど自傷行為に近いわけであるが、そうした自由恋愛本来の失恋感情から逃れる方法が恋愛工学やマッチングアプリなど自己と他者を目的的に繋ぐものなのであろう。
恋愛工学では女性に感謝することは奨励されているものの、そこに本来的な意味での恋愛性はない。恋愛工学における女性はビジネスパートナーのような関係であり、営業をかけた相手が自社と契約してくれるかという、ただそれだけのものだ。こうした考え方はアドラー心理学同様、外部世界を自己と切り離すことで成立するある種の心理テクニックである。ナンパをする、マニュアル化した口上を述べる、セックスをするorできない、できなければnot for meであったという切断処理は失恋とは無縁のものであろう。
マッチングアプリも同様の構造を持っている。自分と相手の条件がマッチングした場合のみ恋愛がスタートする点で「はじめから目的的」なのがマッチングアプリの特徴だと言える。こうしたマッチングアプリの「目的構造」はストア哲学に似ている。自らではどうしようもない失恋を回避するため目的を内部化(事前に最適化)しているのだ。マッチングアプリを使い、運命の人に出会うよう事前に最適化すれば失恋する確率は下がる(ように見える)。あるいはデートで失敗したとしてもそれを成長ネタとして捉え返す(処理可能なことに心理を限定する)ことで失恋を絶望として捉えなくても済む。今回の相手とはマッチングしなかったのだと、無限のマッチング構造そのものに失恋感情をアウトソースすることで、それこそ「成長ネタ」としてストアするのである。
あるいはそもそも恋愛しない人が増えていることも失恋の回避ゆえだと言えないだろうか?
 
恋愛している人もそうでない人も、あるいは結婚している人でさえ失恋をいかに回避するかが自由恋愛市場が席捲した今日の恋愛を貫くテーゼなのであろう。失恋させた人=不倫した人をみんなで叩き、マッチングアプリを開発し、失恋を回避するための心理テクニックを個人がインストールする現代は失恋を忌避するようにデザインされているのである。
自由恋愛が盛んに言われるようになってもう何十年も経つけれど、自由恋愛には失恋がつきものだった。音楽や小説なども失恋をいかに慰めるかということがメインテーゼとして書かれ、歌われてきた。しかしそれを方法論として実装する試みはあまり行われてこなかった。出会い系などは昔もあったけれど出会い系で出会うなんて卑しいことだというのが一般的な意見で、女性と男性は自然に、かつ自由に恋愛するのが理想的だとされていた。自由恋愛が善き恋愛だという価値基準が若い人を中心に、ほとんど宗教のように信じられてきた。
しかし、そんな無秩序な恋愛が行われれば行われるほど失恋も増え続けていった。ロマンティックな恋愛をみなが渇望することで、それを失った瞬間、手痛い失恋感情をみなが引き受けなければならなかった。その結果ロックからポップソングまでが失恋に彩られていったのがかつての恋愛を取り巻く状況だったのであろう。
そして今、僕達は失恋をやめた。いや、やめようとしている。恋愛は自由恋愛の残滓をまといながら目的的なもの、つまりできるだけ失恋の少ない方法へと変化していきつつある。
 
しかしながら問題は少子化である。みなが失恋を引き受けなくなった社会ではマッチングに成功した人しか子供を生まず、少子化が進行する。少子化については様々な議論があるけれど、ここでは経済学を持ち出して上述した心理構造をミックスして書いてみようかと思う。
経済学に合成の誤謬という言葉がある。これは個人の心理と社会の関係にも当てはまる。合成の誤謬とはなんのことはない皆が知っていることで個人が収入を貯蓄に回せば回す(ストアする)ほど経済全体は回らなくなるというミクロ経済とマクロ経済の矛盾を指摘したものである。これを個人の心理構造とマクロな社会とに当てはめると次のようなことになる。
すなわち個人が目的を内部化及び最適化し、失敗や失恋を成長ネタとしてストアしようとすればするほど社会全体は回らなくなる。
失敗も失恋も個人として考えれば(心理的・物理的両面において)回避することが望ましい。自己と他者を峻別し、マッチングアプリのように目的に特化した恋愛をするほうがリスクが少ない恋愛の仕方である。しかしながらそうした振る舞い(目的の内部化)を全個人が行うようになれば社会全体のダイナミズムが低下していくことになる。そもそも「人に望まれる人」はそこまで多くないからだ。市場が目的的なものに変化していけばプレイヤーは限定されていく。個人が目的を内部化し、コミットメントを限定するように市場もまた目的を内部化し、コミットメントできる個人を限定していくのである。マッチングアプリにおいても不適格な個人は限定され、疎外されている。そしてそれは個人の心理にも跳ね返ってくる。多くの人は恋愛が目的的なものになればなるほど「自分は彼・彼女の目的たりえないな」という事前の心理を内面化するようになり、プレイヤーの全体数は減っていく。市場もそれを良しとする。
目的を内部化し、コミットメントを限定することが個人を行動させるというストア哲学のそれは一見するとアクティブな哲学に見えるけれど、目的を内部化する社会になればなるほど「目的外の人間」がプレイするグラウンドはなくなっていく。そしてプレイヤーが限定されれば婚姻件数も減り、少子化になり、社会全体が困窮することになる。恋愛している人だけが恋愛しているわけではない。みなが失恋を回避する恋愛市場においていまや恋愛しないことが最も恋愛的な振る舞いなのであろう。
 
成長ネタという考え方は甘美なものではある。そして実際にそれは正しいことだとも思う。自らの失敗を成長ネタとして捉え返すことで次はその失敗をしないようにすることは完璧に正しいものだ。しかしながら、そのような心理構造が逆説的に影を落とすのが失敗がつきものの恋愛などの場面なのではないだろうか?と、個人的には思ったりしたのだった。

一般意志から考えるブルージャパン騒動~欲望を忘れた世界で~

ブルージャパンが立憲民主党の広報機関であることが判明し、炎上している。立憲民主党がブルージャパンを経由し、活動資金を払っていたCLP(Choose Life Project)は公平なメディアを謳っていたけれどその実、立憲のプロパガンダ機関であったと。
このニュースに言及する形でひろゆきが「そもそも公平なメディアなど存在しえない」と言っていた。
「公平中立な報道はありえるのか」という問いはかなり深い問題を孕んでいるように思う。
 
 
公平とはつまり客観と言い換えても良いけれど、日本人は客観的なことが正しいという思考の癖があるように見える。コロナ禍で頻繁に取り上げられているエビデンスという言葉しかり、客観的であることがつまり公平であるという意識があるため、みなできるだけ客観的であろうとする。
コロナのような事態であれば科学的知見、客観的なデータにもとづく判断が必要とされる一方、本来は科学的ではない(科学では語りきれない)政治や社会までも過度な客観性により判断「できると思う」ことが間違いなのだ。
 
一般に政治の現場で投票を左右するイデオロギーや価値観といったものは客観的なデータによって成り立っているものではない。その人の生活や社会関係、経済的状況など様々なものに左右される。たとえば資産持ちの富裕層であれば保守的になり、労働者であれば再分配政策を重視するリベラル政党を支持するのが一般的だ。もちろんイデオロギーに張り付いて自らの利得を超えた投票行動を行う人もいるが、そうした「政治人」は稀であるだろう。あるいはそうした政治人さえも政治を自らの物語として選んでいる点で主観的であり、状況に左右される大衆の一人に過ぎないと言える。こうした個々人の投票行動を特殊意志と呼び、その総和がつまり全体意志と呼ばれるものだ。一般意志は全体意志から個々人の私的欲望を差し引いた成員の共通善のことである。
注意すべきなのは「特殊意志、一般意志、全体意志」のどれもが客観的なものではない点だと言えるだろう。
特殊意志とはつまり社会関係諸々を含めた個人の欲望(主観)に過ぎない。全体意志はそれを集めたもの(主観の総和)だ。一般意志は全体の共通利益を抽出したものに過ぎず、もとを正せば特殊意志から発せられるものであるため、主観的である。
 
民主主義のプロセスはフィルターを介した主観の集まりでしかなく、あらゆるイデオロギーはその過程において濾過されていくだけのものなのだ。成員全体の共通善という、一見すると客観的に思える一般意志を例にとって見ても主観的なものである。たとえば今の社会において最も一般的な一般意志は「侵略戦争をしてはならない」だと言えるが、場合によっては戦争を始め、それに国民全員が賛同することもあるだろう。仮に、数十年後に日本が沈没するような事態になれば、僕達は新たな領土を求め併呑か戦争かどちらか選ばざるを得ないことになる。その時、僕達は僕達の主観において他国に戦争をしかけるのだ。もちろん今の科学技術で侵略戦争など仕掛ければ人類全体にとって悲惨なことになるのは「客観的」には明らかである。それでも僕達はその時がきたら民主主義により戦争を決定することになる。いや、決定することが「できる」のだ。
もちろん戦争など誰もしたくない。そんなことはわかっているものの、そうしなければいけない時、そうすることができるというのが主観により政治的な契約を結べる社会契約論の本分ではないかと、僕なんかは思っている。
 
主観の弾力性を持ってして民主主義は成員全体の利益を「客観性から守る」ことができる。しかし今起きていることは逆だ。客観性が人々を守るという逆説が正しいとされているのである。もちろん陰謀論など過度に主観的なものも問題ではあるし他者を考慮しない投票行動を取る人ばかりになれば民主主義は機能しない。共通善としての一般意志が消滅するからだ。
しかしながらそれと同時に過度に客観的なものも問題なのだ。客観的なことが正しいとなれば個人の欲望はすべからく矯正されることが正しいとされ特殊意志が消滅するからだ。
 
こうした政治的主観・政治的客観のアンビバレンスを加速させるのが「過度に客観的なものはない」という勘違いである。客観的なものにたいし無警戒に受容するようになれば主観が侵食され、特殊意志を表明することが難しくなり、民主主義が民主主義たりえなくなる。それが政治的客観の罠だと言えるであろう。
つまり人々の主観を客観的なものに塗り替えようとする啓蒙主義権威主義官僚主義、客観的(に見せかけた)報道は民主主義を瓦解させかねない。その危険性があると知っておくべきだと言える。
主観と客観はどちらも「過ぎたるはなお及ばざるが如し」であり、陰謀論的に主観に侵食されようがリベラル的な全体主義に取り込まれようが、どちらにしろ民主主義は機能しない。
 
政治は主観的であるからこそ状況適応的に成員の利益を守ることができるというのが民主主義の礎だと言って良いが、しかし今、すくなくない人々が政治を客観で語ろうとしている。あるいは政治が原理的に主観であるべきだということを忘れている。その代表が「公平なメディア」を謳うCLPであり、あるいはコロナ禍においてエビデンス「だけ」をもとに政治を行おうとした人々であるのだ。
 
 
 
とりわけ日本人は「客観幻想」が強い。特にリベラルに顕著である。左巻きの人々は何が客観的かを常に探している。最近ではSDGsなどがそうだ。公平で客観的な価値観や、それに基づいた報道が正しいと考える人々が一定数いる。マスメディアなども例外ではなく、できるだけ客観的な報道をするよう努力している、と度々聞く。そうしたメディアの報道姿勢は一定程度正しいわけであるが、しかしメディアのあるべき姿と市民のあるべき姿とは民主主義において別であるのだ。メディアやインフルエンサーなどが公平な報道を目指し、客観的な情報の発信に努めてそれを「完全に客観的なもの」として報道した時、僕達はそこに主観を介在させる余地がなくなる。僕達は知識人やジャーナリストにたいして反論できるほど賢くはない。ある程度知識がある人であればメディアスクラムからも自由でいられるけれど、そうでない人々はメディアと同質化し、個人の主観が正しくないのだと考えるようになる。そうして特殊意志が消滅し、政治が客観性に飲み込まれたのがここ数年の政治だと言えるであろう。
 
僕達は往々にして無知である。無知であっても主観的欲望を表明しても良い。それが「結果的」に機能するのが民主主義の本来の形であり、それを客観性で塗り固めること自体がそもそも間違っている。ようするに政治的議論や報道とは「哲学的」であるべきなのだ。個々人が考える材料を与えられ、私的欲望に基づくと考えた時、それがはじめて「ありうべき主観」として機能する。そうして出来た主観の総和=全体意志からありうべき客観的意見が残る。それをもってして初めて一般的な意見=一般意志が残る限り、主観を消滅させるような「公平を被る報道」は原理的に間違っているのではないだろうか?

梨泰院クラスの感想

あけましておめでとうございます。年末年始にすこしいろいろありすぎてブログを書くMPが残っていませんでした。知人が逮捕されたと聞いたり、父がネトウヨみたいなことを言いだしたり。ひさしぶりに会うとみんないろいろあるなと・・・
 
以前下書きしてた記事ですがよければどうぞ
 
すこし前に梨泰院クラスを見ました。海外ドラマはよく見るほうなのですが韓国ドラマはあまり追っていなくて梨泰院クラスも最近になってようやく見たのですが、面白いのはもちろんかなり多彩な論点があるドラマだったので、そのへんのことをすこし書いていきます
以下ネタバレありです。
 
 
失われた男性性
梨泰院クラスの主人公パクセロイは信念を大事にする人として描かれている。父親に信念を大事にするよう教育され、信念に従って生きた結果、多くの苦難と闘うことになる。苦難と相まみえても彼の信念は揺らがず父に誇れる生き方を貫いて生きていく。大筋としてはそのようなドラマであった。
パクセロイは学生時代、悲劇に見舞われる。父親を同級生であるチャン・グンウォンに轢き殺されてしまうのだ。父を慕っていたパクセロイはグンウォンが事故を起こしたことを知り、救護義務も怠っていたことから激昂する。グンウォンに復讐しようと暴行するのだが殺人未遂の罪により逮捕されてしまう。一方のチャン・グンウォンは財閥の息子という立場を利用して交通事故の罪を別の誰かに着せ、のうのうと生きていく。その後、出所したパクセロイはチャン・グンウォンをはじめとする財閥(長家)と闘うことになる。
 
見た人であればわかってくれると思うけれどパクセロイはいわゆる古いタイプの男性だ。コミュニケーションに齟齬がなく女性の気持ちをよく理解するタイプのイケメンとは異なり、馬鹿のつくほど実直で、女性の気持ちにも鈍感な男性として描かれている。それでもその実直さに人はついていくのだけど、視聴していて思ったのはパクセロイは「かつて日本が失った男性像」なのではないだろうか。現在の日本で一般にイケメンと定義されるのは中性的で穏和な性格をしており、闊達で仕事ができるコミュニケーション上手な男性のことであるが、日本でも少し前はパクセロイ的な男性像がイケメンと呼ばれていた。いわゆるディターミネーション(決意)を宿し融通が利かないけれど頼れる男性がすこし前まではイケメンと呼ばれていたように思う。木村拓哉反町隆史など日本のドラマにおいて人気があった俳優の役どころも「男性的な男性」であった。それがいつしかイクメンや理解のある男性に役どころが置き換わり男性像そのものが変わっていった。あるいは男女平等などが盛んに言われたことにも関係していると思うが男性を取り巻く男性像がここ数年で劇的に変わったことは間違いないだろう。男性における一義的な価値観は実直さや信念といったものではなくは中性的で鷹揚なものへとスライドしていった。もちろん信念や実直さはいまだに残っているもののかつてのように一義的ではなくなっている。
梨泰院クラスはそのような価値観の変遷に気づかせてくれるドラマだった。日々の生活ではあまりにも現実を内面化しているので自身の性格や自国の価値観を相対化して見ることは難しく、ドラマなどを媒介としてはじめて見えてくるものがある。パクセロイは一言で言えば「なんか見たことある感じの男性」なのだ。
反町隆史が演じたGTOにおける鬼塚栄吉の無鉄砲さ、スラムダンクの主人公である桜木花道が山王戦で見せた「ディターミネーション(断固たる決意)」など、パクセロイと重なる人物像は日本でも数多く描かれている。それらを思い出させてくれる。かつて日本でも「男性的な男性が男性として」描かれていた。かつての僕達はそこにある種の憧れを持っていたし、生き方の雛形のようなものを見ていた。しかしそういう男性はあまり描かれなくなり、中性的な人物像が男性の理想の姿として喧伝されるようになった。
どちらが良い男性像かというのは語る意味がないし多様性に吸収されることになるのだろうけど、パクセロイを見ていると「かっこいい」という言葉の意味の変遷を考えざるを得なかった。パクセロイは僕達がかつて憧れていた鬼塚栄吉であり桜木花道なのである。
 
 
ジェンダーロールからの自由
梨泰院クラスにおいて語るべきは男性像だけではない。梨泰院クラスではいわゆる「フローラ・ビアンカ論争」が描かれているのだ。この点でも「かつての日本的」だと言える。梨泰院クラスにのヒロインはオスアとイソの二人となっている。
オスアは幼馴染でパクセロイが学生時代から思いを寄せている女性。イソはパクセロイが出所後に出会った仕事のパートナー。
それぞれ魅力的な女性なのだが、パクセロイは自身の復讐が終わるまで幸せにはならない=恋愛はしないと決意しているため、彼に好意を寄せているオスアとイソは振り回されることになる。
結末を書いてしまうと最終的には仕事のパートナーであるイソを選ぶことになるのだけど、なんとも意外な結末だった。オスアは物語において重要な役割を占めておりパクセロイの初恋相手であると同時に、刑務所でも手紙でやりとりをしていた仲である。その手紙のおかげでパクセロイは心が折れないで生きていくことができたと語っており、てっきりオスアと結ばれるものと思っていた。3話まで視聴した時には復讐を果たしオスアと結ばれることが物語の結末だと誰もが思うのではないだろうか。しかしパクセロイはオスアではなくイソを選ぶ。意外だった。
オスアとイソは対照的な存在であり、イソはパクセロイの仕事を支えると同時に、パクセロイの復讐相手である財閥とも戦っていく。「あの人を傷つける人は全員私が潰す」というセリフが象徴的であるけれど、事あるごとにイソはパクセロイの助けになるよう自ら動いて自身の存在を印象づけていく。一方のオスアはパクセロイの復讐が終わるのをほとんど待っているだけである。その対比が印象的だった。
初恋に甘んじてしまったオスア、自ら動いて気持ちを動かしたイソ。対極的な両者であるが、イソを選んだことで作者は何を言いたかったのだろうか?
 
一般に僕達は恋愛をする時、男性が能動的で女性が受動的であるというステレオタイプな恋愛をいまだにしている。雄がアピールするのはたぶんに生物学的ななにかを含むのだろうけど、恋愛する時の形式として僕達はステレオタイプを軸に恋愛を考えている。相手を見てそのステレオタイプを逸脱するかそうでないかを決め、より良い関係になれるよう適時振る舞っていく。しかしそれでも「軸」は残っている。それが僕達の恋愛を取り巻く現状だと言える。梨泰院クラスでパクセロイがオスアを選ぶだろうと見積もっていたのは僕自身のステレオタイプによるところが大きいのだろう。パクセロイが学生時代から好きなのはオスアであり、その能動性を持ってして「何もしない受動的なオスア」と結ばれると見積もっていた。
しかしそうはならなかった。パクセロイがイソを選ぶことはステレオタイプな恋愛観への反論だったのだろう。イソのように女性が能動的になり男性の心を動かしていく物語の構成は僕達のステレオタイプを揺さぶってくれる。僕達は恋愛をする時、ある種の形式に埋もれていたりする。男性と女性をそれぞれ役割化してその通りに「なぞる」ことでむしろ恋愛としては歪なものになる。そうした軸やステレオタイプから自由になるには性役割を転換させたり逆転させることが「時に」必要なのだろう。たぶん本来、フェミニズムの役割とはこういうことなのだろうなと思う。オスアを選ぶだろうというこちらの思惑とは逆の結末を描くことで「恋愛がありうべき別の形」を示してくれたのだろう。それはどこか納得がいかないものだったけど、他人の納得なんてどうでもいいのがたぶん本来の恋愛なのだろうなと、すごく当たり前のことを思い起こさせてくれるドラマだった。
 
 
 
僕達は「当たり前」を忘れてしまった。常識と言い換えてもいいかもしれない。多様性によりすべてが細分化された世界において根差す男性像も失われ、恋愛の軸足も失われた結果みなどうして良いかわからなくなっている。そのように思う。梨泰院クラスで描かれているのは古い価値観には違いない。しかし、だからこそ新鮮に響くのだろう。それはかつて僕達が確かに持っていたもので、そこに郷愁を馳せざるを得ない。そんなドラマだった。