メロンダウト

メロンについて考えるよ

コロナよりもコロナ後の世界のほうが怖い

5ちゃんねるにひきこもり大勝利といったスレッドがたっていた。確かにずっとひきこもっていればウィルスにかかることもなく危険もない。この手の議論は以前からあった。リスクを取るやつは馬鹿だといって冷笑する5ちゃん作法は今に始まったことでもない。海外旅行に行って危険な目に遭った人にたいしてなんでそんな国に行くのか、バイクは死亡率が高く乗っている人は馬鹿だ、恋人なんてつくらないほうがいい、結婚するのもリスクがありすぎるなどゼロリスク信仰とでも言うべき言説は無限に出てくる。これらゼロリスクが極まったものに反出生主義がある。人間は産まれてこなければあらゆる苦痛を感じることもなくリスクをとる必要もないので出産は悪行だといったものだ。

僕達のほとんどは反出生主義には反対するだろう。論理的に説明できる理由などないが子孫を残したいこと、誰かと愛し合いたいことはほとんど本能に近いものだからだ。だから僕達は本能的な感情で反出生主義に反論することを許されている。そしてそちらのほうが多数派だ。

しかしこのリスクと感情的行動のバランスがどこで線引きされているのかというと実際のところかなり曖昧である。反出生主義は極端すぎていまは論ずるに値しない。しかしもっと日常に近い例で考えるとゼロリスク信仰は社会のあらゆるところに侵食している。そしてそれが社会を壊しかねないという兆候はすでに見えている。

たとえば公園で子供が野球などして遊んでいるのは子供が道路に飛び出したり球が近隣の家に当たったりすることから禁止された。結果的にいま、子供が自由に遊べるのは大きな公園や運動場だけになっていて小さな公園から子供の姿は消えた。空地なども法的な弾力性がなくなりルールを過度に守る社会規範のためか使用されているのをここ数年見たことがない。以前は子供は外で遊ぶもの、子供が外で遊びたいという感情がリスクおよび社会規範よりも上位にきていた。あるいは「そういうものだ」という社会的な合意があった。それがいつのまにかリスクだという声に侵食された。

このような例は他にもあり、ホームレスが路上で寝ていることもなくなったり、テレビ番組がコンプライアンスに縛られるようになったり、企業においてもハラスメントを回避するようになった。もちろんこれらはいいことでもある。ただ少なくとも自由からは遠い。ハラスメントは駄目といって上司が部下を口説いてはいけないというルールは自由恋愛からは遠い。そしてなによりもこれらのリスクが周知され社会規範として定着したあとにそれが元に戻ることは絶対にないということである。

 

それは新型コロナウィルスに関しても言える。コロナウィルスは爆発的な感染力を持って人体に感染する。ありとあらゆる接触により感染することから欧米をはじめ外出禁止令が出されているし社会的距離をとるように促されている。人との接触を避けるように世界全体がなっているなかこれはいつまで続くのか、そしてなによりも続いた後にどうなるのかが怖くてしょうがない。

新型のため全世界で免疫を持っている人がいない現在では爆発的な感染力を持っているがこれがインフルエンザのように定着してA型やB型など変異を繰り返すことで恒久的なウィルスとして定着した場合、僕達はどの段階で人に感染させてもいいから人に会いたいという感情を取るようにできるのだろうか。

新型コロナウィルスは潜伏期間が長く無症状の人もいるため全員が媒介者となりうる。ゆえに全員がリスク要因となる。ワクチンができてもそれは変わらないだろう。全人類が免疫を持つかウィルスを封じ込めるかしかないが封じ込めは猫や虎にも感染が確認されていることから難しい。仮にインフルエンザのように変異を繰り返した場合、インフルエンザのように共生していくしかなくなるわけであるが問題は僕達がいまこうしてゼロリスクで生活しているのを「記憶していること」である。

インフルエンザでも毎年何万人と亡くなっているがそれは昔の公園の状態に近い。子供は公園で遊ぶものだと思っていたのと同じようにインフルエンザはあるものだと思ってリスクを許容しながら生きている。しかしコロナウィルスに関しては違う。コロナウィルスを人にうつしてはならない、無症状でも自分が感染者かもしれないという記憶はいつまでも残り続ける。であるのなら人と接触することは常にリスクであり社会的なマナーとして人と会う時は距離をとるかマスクをつけるか・・・あるいは人と会わないほうがいいのではないか、となる。人と会わないのは極端だが人との距離をとるべきだというマナーは頭の片隅に残り続けるだろう。

 

そこで忘れてはいけないことは僕達がいま自粛しているのは医療崩壊を防ぐためだという目的意識である。それを強く意識すべきだと思う。「ウィルスをうつしてはならない」という意識だけでいればコロナ後の世界が壊れてしまうだろう。ウィルスをうつしてはいけないはそれはそうだがそんなゼロリスクで生きれるほど僕達は論理的にできてはいない。いまこうして自粛しているのは「医療崩壊をおこさないために暫定的措置として絶対に他人にウィルスをうつしてはいけないのと同じく自分もかかってはいけない」が目的である。

処置できない患者が増えると死亡率があがる。それが、いやそれだけが問題である。ウィルスがでてきたのはしょうがない。変異するかどうか共生するようになるのかわからないがそれによって僕達の関係性を毀損してはいけない。ゼロリスクにはならない。してはいけない。なぜなら僕は公園で遊べなくなった子供のことを不幸だと思うからだ。また公園で遊ぶそのためにいまこの瞬間の目的意識の確認とコロナを忘れる準備をすべきだと、そんなことを思う。

Youtube民主主義が自民党を支えている

批判なき政治ってなんかの冗談かただの言い間違いととらえていたんだけど、最近のコロナ騒動ですら支持率が高止まりしてるの見ると冗談ではなかったんだなと思えてきた。

 

[B! 気持ちが悪い] 生田よしかつ on Twitter: "だってさぁ国のリーダーが「長い闘いになる」って言って「国民の皆様にご苦労をかける」って頭を下げるなんて素晴らしいと思うよ。別にアンタのせいじゃねぇから。 だからオレたち下々も頑張らなきゃって思うじゃん。"

このツイッターにたいしてブコメで批判されまくってて実際、ものすごい気持ち悪いツイートなんだけどこの「ノリ」で政治をやっているってのが実際のところなんじゃないだろうか。まさかそんなはずはないってレベルまで国民は物を考えなくなっている。それに戦慄を覚えている。

 

はてなにいると反政権のコメントばかり見るけれど実際の母数としてはてなはほとんどカウントするに値しない程の少数の村でしかない。実際のところ政治にたいして影響力を持っているのはYoutubeだと思うようになってきた。もちろんツイッターやヤフコメ、5ちゃんのニュー速などもあるけれど規模としてははてなとそこまで変わらない。Youtubeほどのユーザー数を持っているわけではない。政治的なニュースへの政治的な言及数で言えばそれはツイッターが一番多いだろうけれど今問題となっているのは政治的な言説とは別のところで強制されるような政治的な作法ではないだろうか。

Youtubeも直接的にメディアスクラムを組んで自民党を支持しているわけではない。そうではない無意識の部分、つまり政治とは全然関係ないたとえばアイドルとかの動画につけるべきコメントと同じレベルで投票するべき政党を選んでいる(もしくは選んでいない)のではないか。そう考えれば今のような悲惨な政権を支持するような状況にも説明がつく。

公文書は改竄するし具体策は出さず国会では答弁をしないで実質GDPはさがりつづけて利権団体の顔色を伺うお仲間政治であげくの果てにはお肉券だとか何をどう考えてもこれだけ「不適格」な政権はかつてないとまで言っていいだろう。

もはやどう考えても自民党が「正しい」とは思わないはずなのに今これだけ自民党が支持されているのは「正しくない」と言えない世界だからだと言わざるを得ない。それが批判なき政治という冗談めいた真実があらわすことだろう。

 

それを醸成しているのはYoutube作法もといネット作法とも言うべき礼儀正しさでありそれがここまで馬鹿な国民をつくっているのではないか。そう思うようになってきた。

なんの動画でもかまわないがYoutubeの動画に批判的なコメントをつけると削除されるかされなくても「なんでわざわざこの動画見てるの?」といった返信が返されることがある。嫌なら見なければいいじゃんと仲間内で固まるうちにすべての動画が批判なき動画となっていくうちにそれが先鋭化して正しさとは離れお仲間で仲良くすることだけが目的の集団になっていく。そのYoutube民主主義の最大のものが他ならぬ自民党である。正しさの議論をすべて棚にあげつづけるので何をしても支持率が下がらない。Youtuberのヒカルもvaluであれだけのことをやらかしたのにお仲間原理でいつのまにか元に戻っているように自民党が何をやらかしても元に戻る。

 

昔、このブログにも何度か書いたと思ったけれど、政治的な言説が実際の政治をつくるかというと100%そうではない。政治的ではないことが人々の無意識をつくりその無意識が政治をつくる部分が大きい。直接的に政治のことに言及してこれが悪いと報道したとしてそれが事実であっても「空気」には勝てない。

ネットリンチなどがはじまってからカウンター的に「罪を許す」ことが正しいことだと言われるようになってきたが、それは裏を返すと罪を許すが正しいのであればもう罪が罪として成立しなくなり何をしても罪ではない状況になる。

つまりネットにおいては匿名空間における集団リンチが問題だと数年前まではされてきたがそれが逆に振り切れたのが今の状態なのだろう。

もうネットリンチが問題ではないと言う人はほとんどいない。ネットリンチはいけない。それはそうだ。しかしだからといってすべてを許すことが正しいのだろうか?

もちろん不倫などのちょっとした炎上程度なら許すほうが正しい。しかしそれとは別のフェーズで考えなければいけないことがある。それが政治である。許すことを至上とし、批判することが許されなくなった時に政治は最悪の方向へ向かうだろう。

その最悪の無意識を断ち切らない限りもはや森友や桜を見る会などの個別の問題は問題とならない。政治的な問題も「ちょっとした炎上」で許すのが正しいとなっているのだから。なんでも許しちゃう。そんな状況で民主主義が成り立つわけがない。

その意味で批判するの駄目だよねとあまりにも素朴にツイートした今井絵理子氏は最も大衆的でありYoutube民主主義を体現する政治家なのかもしれない。もちろん最悪のという意味であるが・・・

「科学的に正しい」はやばいんじゃないか

コロナウィルスの影響により全世界でロックダウンやイベントの自粛などが相次いでいる。東京も近いうちに、おそらく外出禁止になるとみている。患者数が急激に増えれば医療崩壊などのリスクがあるので当然の措置だと言える。

封じ込めは事実上失敗し、現在は専門家の意見を取り入れウィルスの拡散をできるだけ緩やかに推移させることに注力している。僕はその措置に関してそれはそうだよなと思っていたのだけれど、しかし全世界的にロックダウンや国境封鎖などが始まっている現状を見るにつけこれはどこまでやるのだろうかという懸念が芽生えてきた。

 

ひとつの結論として科学的にウィルスを封じ込めたいのであれば全員が外出せず自宅に引きこもるのが理想的といえる。実際にイタリアやニューヨークなどではそうした措置がとられているけれどこれによって発生する経済的・社会的・文化的・政治的損害は尋常ではないものになるのではないか。

感染症学は当然ながら感染症に対処する学問である。当然、今回のような事態になれば感染症学の意見を聞いてウィルスの蔓延を防ぐことが正しいと考えられるようになるし、実際そうなっている。しかし今回のコロナウィルスが他のウィルスと違うのが全世界で同時発生していることでその点がエボラ出血熱鳥インフルエンザなどと違う。エボラの時はアフリカにリソースを投入し感染を抑えれば良かった。世界中から資金を集め医療体制を確保し国境のない医師団などがおくられた結果、全世界規模のものとはならなかった。鳥インフルエンザも同様で極地的に感染が広がってもその一方で世界そのものは経済的にも社会的にも回っていた。しかしコロナウィルスはそうではない。送る医師がいれば自国で働いてもらう。送る人工心肺があれば自国の患者に使う。リソースを投入しようにも各国のキャパシティーの中でできることをやるしかなく世界各国からの支援も期待できない状態である。つまり今度のコロナウィルスによる一連の騒動は世界そのものがまわらなくなる可能性を含んだ事態だと言える。

そうなった時、はたして僕たちは感染症学のみで感染症に対処することが本当に正しいのだろうか。いままでのウィルスのように極地的にひろまった時には感染症学は100%正しかった。なぜなら世界中からそこにリソースを投入することで感染症の封じ込めも経済をストップした後の復興も支援によって成り立つからだ。平時において世界は思いのほか優しい。しかしコロナはそうではない。平時の国がどこにもないからだ。どこの国も自国民の安全が最優先でエボラの時のような医療リソースの支援は望めない状況に世界中がなっている。

感染症学の点から言えば経済をストップさせるのが正しい。エボラも鳥インフルエンザもそうして感染を抑え込んできた。しかし経済をストップさせるには条件が必要となる。ウィルスによる被害が極地的で他所からの支援が期待できる状況であることだ。

科学が科学としてその力を発揮するにはリソースが必要でありそのリソースがどこからきているのかといえば経済活動である。つまり科学的に正しいからといって経済をストップさせるのはいわゆる机上の空論に近く片手落ちの考えではないのか。その意味で科学的に正しい(だけを考えての対処)はやばい考え方に見えてきた。

もちろん、全世界的にひろがっても一過性のものであるならいいがコロナウィルスに関しては猫に感染したりしていることからインフルエンザのように定着する可能性が高い。そうなると治療薬やワクチンの開発が急務となるけれどそれまで経済をストップすることがはたして本当に正しいのだろうか。

科学的な正しさを100%発揮できる状況なら科学的に正しいは正しいが今はそうではない。その意味でウィルスによる被害を是認しながら経済を回す方向に関して考えるべきではないだろうか。ニューヨークのロックダウンは4か月にもなると言われているが、今行われているような方法でワクチンができるまでロックダウンし続ければほとんどの中小企業は倒産するだろう。その結果失業者もあふれかえるはずだ。そうなった時の被害に関して考えた時にあの時、もうすこしソフトランディングな方法で経済を回していれば良かったと将来思うことはないだろうか。

 

たとえば致死率の高い高齢者や基礎疾患のある方はもっと厳重な隔離措置をとりながら若者や健康で免疫力の高い人はそのまま働いてもらうなど

そうすれば現在検討されている現金給付なども高齢者やウィルスによる被害が大きい業種だけに絞り込めるし医療リソースの支援にも回せるはずだ。今のように全員が経済的に危険な状態で一律給付しなければいけないのは科学的に正しい感染症対策に立脚しすぎているのが理由であり、そのような正しさは上述したようにもう維持できないか、もしくは功利的に考えた時に維持しないほうがいい段階まできてはいないだろうか。

 

すべてを秤にかける必要がある。片方の天秤に重りをのせすぎた結果、もう一方の天秤に重りをのせてバランスをとってくれる他国はないのだから。