メロンダウト

メロンについて考えるよ

誹謗中傷を友敵理論、ポリティカルフィクションで考える

神崎さんの記事を読んで「実践」としては同意できるものの「政治性」という意味では疑念が残ったのでそれを書いていきます。補足みたいな感じですね。

note.com

 

人間観の違いなのだろうけど、僕は誹謗中傷している人の気持ちがわからないでもないんですよね。ネットの向こう側で誰かが右往左往していることは「面白い」ことなのでしょう。実際に誹謗中傷を書くことはない(気を付けている)ものの躊躇ひとつ壊れてしまえば誰かに罵声を浴びせることはそれほど理解できない行動ではない。

 

とりわけ石川さんに関して言えば言動の不一致や論理的整合性の欠如が各所で指摘されており、それを指摘すれば石川さんから反論が返ってくるという具合に「誹謗中傷すれば踊ってくれる」と「期待」している人が少なからずいるのだと思う。あるいはそれが誹謗中傷でなく批判や意見だったとしても誹謗中傷だと受け止めてしまうナイーブさを持っている点で石川さんのことを面白がっている人は相当多いように見受けられる。

 

僕の狭い観測範囲でも石川さんはたびたびやり玉に挙げられているし、引用ツイートでツッコミを入れることによって石川さんもまた「政治的に消費」される事態になっている。

 

具体的なフェミニズムの問題は様々あれどもはやフェミニズムの問題ではなく彼女の言動のピーキーさを面白がっている人が多数いる、と見たほうが正確な気がしている。その奇異の目が石川さんにとって見れば誹謗中傷に見えていてもまったく不思議ではない。人の主観性を甘く見積もらないほうが良いように思う。人が誹謗中傷に見えると言った時、その人にとっては誹謗中傷に見えており、それが同時に「客観的に誹謗中傷ではない」は成立しうるのだ。その捻じれを前提にしなければすれちがうままになってしまうであろう。

 

単に誹謗中傷と言っても誹謗中傷はそれほど簡単に定義できるものではないし、面白さという人間の快楽に根差しているのでシステマチックな「善政」で突破できる話ではないように思う。神崎さんの記事では「正の循環」や「マーケティング理論による説得」を試みているけれど、誹謗中傷は損得ではなく快楽に近いため、道徳心や損得に訴えてもほとんど意味がないのではないだろうか。記事に出てくる「穏やかな言葉を使ったほうが広範な人に読んでもらえてフォロワーも増える」というのはその通りなのだけど、そもそもフォロワーを集めたい人は誹謗中傷などやらないわけで。実践としては賛同できるけれど快楽で誹謗中傷している層には永遠に届かないどころか、批判的意見が消えることで、誹謗中傷する側とされる側だけが残りますますクラスタ化していくことになりはしないだろうか。

 

「加害クラスタ」「被害クラスタ」「正の循環クラスタ」という三極に分離された時、正の循環クラスタでツイートをまわし穏やかになった人は単にそうしたものから離れていくだけの人のほうが多いであろう。それにより加害クラスタと被害クラスタだけが残り、より苛烈な誹謗中傷がおこなわれても不思議ではない。というよりもすでにそうなっているため、エコーチェンバーなどが問題になっているのではないだろうか。

 

つまり誹謗中傷は実践として考えることも大事だけれどもっと広範な政治性によりとらえかえしたほうが良い気がしているのだ。

前提から言えば近代リベラル社会は「なんでもありな空間」だと言える。自由という一字をとって見ても、仮に誹謗中傷したとて訴えられ賠償金などを支払えば何を言っても良い。もちろんそれが褒められたことでは断じてないが、「条件として」誹謗中傷は可能なのである。刑法に触れない限り自由で、一部の自由には相応の処罰が伴うなんでもあり社会の「なんでもあり性」が最も端的に表れているのがSNSの誹謗中傷なのだろう。

 

以上のような自由、あるいは近代の条件について書かれているのがカール・シュミットの『政治的なるものの概念』であった。シュミットはナチスドイツに傾倒した悪しき政治哲学者と言われたりするが、シュミットの書いた近代の条件には無視できない側面が含まれている。

ニーチェが言うところの『神は死んだ』からもわかる通り、近代社会において絶体善や宗教的規範などは存在できなくなった。したがって絶対善による政治体制や神の威を用いた啓蒙なども存在できない。それでも政治をやろうとするのであれば『善を決断』し、この善に従う者を友として受け入れるという体制にならざるを得ない。その決断こそが近代政治の条件である。」というようなことを書いている。

 

友と敵を峻別し、友との結束を強くすることで権力が生まれ、その権力により統治が可能になるという点で今の価値観からすれば排外主義や差別主義ともとらえられかねないけれど近代の条件を直視した時に見えてくるのが友敵理論という「政治原理」であった。

シュミットが書いた近代の条件及び政治原理は年々説得力を増しているように思う。

僕達はユニバーサルな価値観を持てないかわりにそれぞれが友と敵を腑分けし、政治を行っている。誹謗中傷の話に戻れば、近代社会における政治性とは友敵理論により捻出するものであるため、有用な敵を見つけ批判することでこちら側の結束、つまりフォロワーが増えるというのが今の社会なのである。

フェミニズムを敵として見積もり、どのような戦略が良いのかという算段をたてたりするのも同様である。あるいはミソジニーを相手取るフェミニズムも友敵理論を駆使していると言える。また、経済的には利害、道徳的には善悪、芸術や美学における美醜なども同様に「政治的なる」ものであり、友敵理論という闘争の論理からは逃れようがない。

闘争しないという平和主義もまた明らかに敵を念頭に置いたものであり政治的なものだと言える。いずれにせよ近代自由社会において敵がいない政治性は条件的に存在することができない。なぜなら敵がいない真にユニバーサルな価値基準とはつまり神のことでしかないからだ。それ以外の価値基準はすべて恣意的に「決断」される。

それゆえ僕達の政治性、あるいは議論は原理的に闘争なのである。

 

この近代政治の条件を前提に据えた時、誹謗中傷の問題もすこし違って見えてきはしないだろうか。近代政治の条件が友敵であるという原理から考えるに「弱い敵ほど政治的に有用なものはない」のである。石川さんのように論理的整合性のとれない言動をし、誰でも叩ける人ほど強くたたかれることになる。あるいはもっと直截的に言えば炎上そのものが弱った敵をぶったたいて友の結束を強めるチャンスだとも言える。

ようするに近代政治の条件こそが炎上や誹謗中傷の起源であり、それがなくなることはないであろう。もう一度神を復権でもさせない限りコモンセンスやユニバーサルな利他主義、公徳心が生まれることもない。あるいは神を復活させたとしても別の問題が出てくるわけであるが、いずれにせよこの「近代の条件」を見つめ返した時、神を奪われた僕たちが囚われている「政治性」「誹謗中傷性」をすくなくとも自覚することができるはずだ。

 

誹謗中傷がダメだというのは当たり前なのである。しかし僕たちは誹謗中傷(に類するもの)でしか政治を行うことができない。

なればこそ誹謗中傷を言われた時にも「彼、彼女は友敵理論に囚われているんだな」とメタに眺めることができ、すこし楽になれたりはしないだろうか。

逆に誹謗中傷(に類するかもしれない発言)をしたくなった時には自らが「政治性に囚われてないか」と疑うことができる。あるいはストリートファイターリュウのように「こんなやつを敵にしてもつまらないな」「俺は俺より強いやつに会いにいく」と思えたりもする。

僕たちはこの社会の条件からは逃れようがない。それに囚われてしまうこともあるであろうそれでもなお心は自由を創造することができる。

そんなPF(ポリティカル・フィクション)を妄想してるのである。

www.youtube.com

文章を読むことについて

「きちんと文章を読む」と言葉にするのは簡単だけど実践するとなると相当難しいと思う。www.tyoshiki.com

 

 

書評の書き方が話題でtyoshikiさんの記事を読んだのだけどきちんと文章を読むこと、書くことが自分にできているかと言えば嘘になる。

自分自身自分が読みたいようにしか読んでいない側面は否定できないし自分が書きたいようにしか書いていない自覚もある。

 

文章を読むことに関して言えば文脈や言外を同時に補完しながら読み進めなければ理解できないものも溢れていて当該文章単体で成立するものはほとんどなかったりするのではなかろうか。誰かの言葉の受け売りであったり引用を言外に構成しながら言葉だけはオリジナルに見せているものがほとんどだったりするわけで。それが悪いこととは言わないし個々人が真の意味でオリジナルに考えたものは厳密には存在しえない。書く場合でもそうだし読むという行為も類似する文章を念頭に置きながら読むことを避けられない。

それが党派性に縛られる、自分が読みたいように読む点で読解力がないと言われても仕方ないものの、読解力という言い方にはどこかしこりが残るのですよね。「ピュアな読解」「ゼロベースで文章を読む」という行為はほとんど不可能なのではないかと。

 

国語の読解問題などの構成された文章を読むことと、一般的な文章を読む行為は似ているようで全然違っていて問題として提示されている文章は接続詞だけを注視してみればそこまで読み違えることはない。ある程度の論理構成がされた文章を読むことと書籍を読むことは行為としてまったく違うといった感触がある。あるいはブログやnoteのような「記事」に関してもそれを相対化して読まなければいけない環境になりつつある。ゼロベースで文章を読んだ瞬間に手練手管な文章に捕らわれてしまう危険性があるからだ。

 

こう考えると僕たちの読書体験は編集に支えられていたのだと考えることができる。編集による事前のスクリーニングによって読者はそれを安心して読むことができた。あるいは新聞などの大手メディアでもファクトチェックがなされているけれど、ネット上ではその限りではない。このブログのようにネットに溢れる文章を読むことは時に洗脳や党派性に捕らわれかねない危険な行為だったりする。どれがファクトで誰が何をしようとしているのかを厳密には知りようがないからだ。ネット上にはdappiのようなプロパガンダを目的としたアカウントが混じっているため、ピュアな読解をした瞬間、自民党支持へと誘導されてしまうこともある。

したがって党派的に文章を読むという行為は自己防衛とも言える。党派性により相対化することでセキュリティーを張らなければ文章を読むという行為ひとつさえ危険だったりするのだ。文章を相対化するだけの知識を持つ人でなければ容易に先導されてしまうしそれは今の政治状況とほとんど地続きだとも言える。

 

いずれにせよ読解力を身につけるというのは生半可なものではなく、情報量が莫大になり物事が複雑になった世界で党派性という軸をなしにして「ピュアな読解」というのを維持するには相当の胆力が必要とされる。

なので自分が文章をちゃんと読んでいるかと言えば「読んでいるけど本当には読んでいない」という「結界的な読解」「懐疑的な態度」にならざるを得ない。それを批判されればぐうの音も出ないわけだが、しかしそうでもしなければ明後日の方向へと勘違いさせる罠がいたるところにあるのがインターネットでもある。

 

結果として

知識も教養もない空っぽ状態で、薄っぺらいブログを毎日更新してアウトプットしてるつもりになってるクソザコナメクジ

である私のようなブロガーが爆誕するわけである。

純粋方法論批判①(②があるかはわからない)~僕達は考えないようにデザインされている~

正義というとずいぶん陳腐な言葉になった。正義なんて口に出すのも憚れる。僕達は正義を持っていない。いまや正義は委託するだけである。
 
以前、日本で起きているのは「信頼の不況化」ではないかという記事を書いたことがある。
 
資本主義が高度化し、労働者としてサービスに従事するようになれば人格がかたどられていき、人間をべき論として判断する圧力が強まるといった論旨である。
お客様相手に間違った対応をしないことをコミュニケーションサービスの根幹に据えた結果、無謬性が敷衍していった。間違いや齟齬が起きないように人格の粗を削ぎ落して理性的に生きることと言い換えてもかまわないが、こうした無謬性が日本にあって支配的な価値観だと言える。理性や適応、あるいは大人しいといったほうがわかりやすいかもしれない。いずれにせよ大人になるということは無謬性に適応するということであり、経験を積んでTPOにあわせた振る舞いを行えるようになることに近しい。
 
こうした無謬のコミュニケーションにあって人は所与の環境にあわせた振る舞いをするようになり、そして同時に、というかそれ以上にそうした振る舞いを他者にたいして欲望するようになる。自分に期待されていることを相手にも期待する。それは心理的には妥当なものである。しかしそうした妥当性をあらゆる現場でマッチポンプ式に強化していったことによって雁字搦めになっているのが僕達の社会だとも言える。いまやあらゆる価値観はその権威を奪われ多様性や個人主義のもとに思想の差異を計ることは事実上できなくなっている。自由な考え、自由な生き方を敷衍した結果社会生活上残るのは他者に侵犯しないこと=無謬性だけとなった。
 
実際に飲食店などのサービスを振り返って見ても僕達は従業員にたいして従業員として振る舞うことを期待し、従業員らしからぬ振る舞いをすれば奇異の目で見ることになる。その従業員を非難するかしないかは別にして「その振る舞いがおかしい」という認識を否応もなく持ってしまう程度には誰もが無謬性を内面化している。無謬なサービスの現場にあっては事前に決定された関係性のうえでほとんどロールプレイのように人間関係が行われているのが後期資本主義社会であるのだ。
 
こうした無謬性が支配的になればなるほど人は人にたいしてパターナリスティックな判断を下すようになる。それはサービスの現場だけではなくインターネット上でもそうであるし、あるいは恋人関係でも例外ではなくなっている。日常生活における労働でパターナルに振る舞い、パターナルに振る舞われるという反復を繰り返していけばいくほどその形式は自明性として自身に刻まれていくことになる。そうして獲得した自明のパターン化によって人にたいする視座はよりいっそう単純化したものになる。パターナルに判断した時にあの人は不貞を働いたからアイドルには「ふさわしくない」、あの会社はコンプライアンスに抵触したので法人格として「ふさわしくない」という具合にすべてをパターナリスティックの餌食にすることが可能な社会なのだ。もちろんそれが正しいという意味ではない。ただ昨今取り沙汰されているキャンセルカルチャーなどの問題を考えるにそれは実際の生活の延長上で起きているのではないかと愚考しているのだ。ネットに先鋭化した人は「生活を忘れた人」というのが一般的な認識である。現実の複雑さを忘れネットの価値観に染まりきった結果インターネット上で人を傷つけるようになるという。しかしながらもはやそうした認識は過去のものになりつつあるように思う。というのもサービスが細分化され労働者としてそこで期待される役割が専門的、一元的になればなるほど実際の生活がパターンによって連続化されていく。その反復によってパターン化という嗜癖が自身に刻まれていくからだ。もちろん総合職やマルチワーカーにクリエイターなどはその限りではない。しかしそうしたアッパーミドル以上の職種の意見ばかりがインフルエンサーとして取り沙汰された結果、根本から社会を見誤っているのではないかという疑念があるのだ。この社会の多くは労働者であり、そこで形成されるパターナルな反復行為は無視できないものとして横たわっていると、僕は思っている。
 
 
以上のような無謬性、パターナリスティックの現場にあっては人が人を信頼することが難しくなった。人は人を欲望し、人に欲望されるという形式の内に埋もれてしまった。宮台真司風に言えば「法外」の消滅とも言えるけれど。
ここでの信頼を定義するのであれば法の外にあっても関係できる他者のことを言う。すべてが法に慣らされ法によって正義が決定するというパターンのうちにはまった人を信頼することは難しい。無謬であるとはつまり可謬でいてはならないという逆説をも含むからだ。もっとわかりやすく言えば「それでもいなくならないと期待できる人」を人は信頼するものである。目的外や法外で関係できる人が信頼できる人であるが、いまやそうした関係性をつくるのは非常に難しくなっている。サービスは無謬性の内にあり、趣味や友人関係すらも目的の内にある。そうして他者を人材として判断するような人が増えて信頼の不況化が始まったのだ。このブログがそうであるように下手なことを書けば読者は離れていく。どこもかしこも同じである。ツイッターのフォローを外すようにいまや社会はそうした身も蓋もない無謬評価社会になりつつある。あたりさわりのないコミュニケーション、あたりさわりのない投票行動、あたりさわりのない価値観という具合に無謬性を気にするがあまり消極的な人が増え、その結果出世したいという人も劇的に減りつつある。
 
 
 
こうした社会にあって何が起きるかと言えば「自己の世界化」である。
自己存在が無謬性のうちに押し込められた時に人は無謬の境界線を決定することで居場所を確保しようと試みる。どこまで間違って良いのか、どこまで踏み込んで良いのかという内外を暗黙的に決められるコミュニティーの中だけでは自由に振る舞えるからだ。それ以外の場所にいけば永遠の無謬性に晒されることになり孤独に耐え「完全適応」を余儀なくされる。そうではないコミュニティーを形成することで自由の裾野を決定し、そのコミュニティーと自身を同化することがつまり自己の世界化である。
社会と対峙するには僕達はバラバラになりすぎたし、個人の特殊性を容認してくれるような社会にもなっていない。多様性と叫ばれているがそこで承認される多様性はほとんど厳密に定義されつつある。あるいはゾーニングされるべきと言われている。線引きはあるが法外はない。完全に自己を統御し無謬な世界の論理に適応できる個人であればまだしもそうでない人々は徒党を組んで社会の外に逃げる必要がある。社会が目的化していき信頼できる他者を探せる場所でなくなればなるほど外のコミュニティーにしか居場所を求めることができず、そこに絶対の価値を見出してしまうためにエコーチェンバー化し、自己が世界化するのである。
 
そうした需要を満たしているのがSNSである。目的を同じくするコミュニティーの中にいれば無謬性を回避することができる。単にムラであるとも言えるけれど僕達はリベラルな社会にあってムラを捨て個人になったと思っていた。しかしながらリベラル社会に適応できる個人は稀である。そのためムラを再建する必要が出てきた。そのムラの再建を助けてくれるのがツイッターであるのだ。しかし当然ながらムラの内で先鋭化していった価値観はムラの外とは衝突することになる。それが炎上という形で出てきたりキャンセルカルチャーと呼ばれたりする。
しかしながらこうしたムラ同士の衝突は価値観の差異が並列化された社会にあってはなんの果実も生み出さず燃え尽きて終わってしまう。最近も某声優が不貞行為で炎上したりしているが、スラットシェイミングは何年も前から問題になっているにもかかわらず何も改善されてはいない。無謬性の境界を踏み越えた個人をムラの外に追い出してまたのっぺりとムラが続いていくだけである。あるいは政権与党も同様に問題を起こした個人を排除していくことによって政権を維持しているし、国民もそれを事実上良しとしている。
 
 
そしてこうした価値並列個人主義社会にあって唯一残ったものが「方法論」である。
点在するすべてのムラが並列に並べられた社会にあって議論を戦わせてもなんの意味もないので第三者にその勝敗を委ねるという方法論だけが唯一正義を行使できる手段なのだ。国民投票をするようにプロセスの重大さだけが喧伝され議論してもほとんど無意味になりつつある。アイドルが炎上してもその構造自体を変えようとは思わないし、あるいはそうしたムラの価値観に異議を唱えてもそれは「ムラの外の意見」だというふうに判断され、無化される。思想の自由とはつまり永劫に個人の欲望やムラの理念を温存するということであり、それを修正しようとするには裁判で訴えるなりの方法論しかないのだ。
しかしこうした方法論を行使すればするほど個人やムラは自浄能力を失くしていき、困ったら方法論に頼るというパターンを強化していくことになるのだ。某声優の不貞を有名Youtuberという無謬の第三者にリークしてその可謬性を判断してもらうという具合に正義を行使していけばムラの掟を破った人間は方法論によってキャンセルすれば良いという他力主義に陥ることになる。
それを行えば行うほどに個々人が主体的に判断する動機はなくなるうえムラの圧力は強くなり、先鋭化していくのである。また、主体性がなくなれば自分の発言が影響力を持つという責任感も消え、より過激な誹謗中傷を行うことになり、最終的には全体主義へと至る。それはアイヒマンが陥ったものとまったくの相似形であり、「方法論としての虐殺」がものすごくソフトな形で行われているのが今の社会であるとも言えてしまうのだ。
 
社会を良くするというのは原理的に個々人の主体性、あるいは感受性に依存する。それを方法論に委ねてしまうというのは特殊意志を手放してしまっているのと同義であるものの、現実の生活からネット上のインターフェイスまであらゆるところで僕達は考えないようにデザインされている。
「個人は考えないでパターンに依存し、サービスの現場にあっては無謬なサービスを提供し、衝突があればゾーニングし、正義は第三者に委ねるべき」
という構造上の問題が僕達の前に立ち塞がっている。それをまず認識することから始めるのはどうだろうかと、僕なんかは思うのだ