メロンダウト

メロンについて考えるよ

自民党支持率から見るにインターネットは政治に影響を及ぼしてなどいない

内閣支持率が55%といったニュースのブックマークコメントに「なぜこんな政党を支持できるんだ」といった主旨のコメントが並んでいた。僕自身もそう思う。なぜここまで陳腐な政権を支持する層がいるのかわからない。

 

IT担当大臣、小泉進次郎氏の件、今井絵理子氏の件、アベノミクスの失敗、実質賃金の低下、安倍総理の「憲法改正を成し遂げたい」等々

与党を批判する材料をあげればきりがない。森友加計問題も結局有耶無耶のまま消えてしまったし。それでも自民党支持率は過半数を超えている。

 

いわゆるネットリベラル層から見ればこんな馬鹿げた自民党を支持していることこそがポピュリズムであり、批判すべきとなるのだろうが

しかしそんな単純な話なのだろうかとも同時に思う。

 

そもそもインターネットが政治にどれほど影響を与えているのかということに戻って考えるべきではないか。

昨今、ネットの影響力が取り沙汰されることが多い。インターネットは現実と同じで人を罵倒すれば訴えられることもあるし、倫理にもとることをおこなえば炎上する。インターネットと現実はリンクしているといった考えが一般的な認識になりつつある。

 

しかし世論調査の結果を見るに政治とインターネットはそこまでリンクしていないのではないかという疑問が出てくる。

N国党やれいわ新選組の躍進などインターネットの影響で実際の議席を獲得する動きもあるが大勢は何も変わっていない。いまなお自民党一強で支持率が過半数を超えている。

インターネットがダイレクトに議席数に反映するのであればここまで自民党が強い事態にはならないはずである。

一言にインターネットといってもクラスタごとに固まっているので自民党ネトサポから見れば当然の結果に見えるかもしれない。

しかしここまでの支持率を維持しつづけているのはインターネット的視点からすると強烈な違和感があるのだ。

 

結論から言えばインターネットで政治のことについてああだこうだ言っている人達は単に意識高い人達ぐらいにしか思われていないのではないのだろうか。

同じような話で一般人が自己啓発や宗教界隈の方を見る時の視点がある。政治に明るい人間でもそういう話になると最初から相手を別の存在としてまともに取り合わない。わけのわからないことを言っている人達と切断処理する。

そういった断絶が政治でも起きているのではないかと感じている。インターネットで政治の話をしている人達は変な連中だと思われている。実際、ネットの政治議論は宗教的ですらある。例えば

「僕はN国を支持しています。NHKはぶっ壊すべき。」

などと書くと政治に明るい人間達からあんな政党を支持しているなんてポピュリストで馬鹿だなといった罵倒が飛んでくる。

そういった政治意識の高いめんどくさい人間に関わらないようにするのは当然の行動である。

結果としてインターネットで政治議論する人達とそれに参加しない人達に二分され、インターネットが政治に与える影響は限定的になる。

なのでリベラルとか公益のような政治理念は無視され実利的な投票行動が実際の政治の現場に反映されることになる。実利的なことで言えば株価を維持している自民党を支持して貧困?そんなもん知るかといった投票行動になるのは当然の結果と言える。

以前にも似たような記事を書いたことがあるのでよければ

plagmaticjam.hatenablog.com

 

 

 

補足的にですがリベラルと保守の関係についても愚考します

自民党は支持基盤として保守層が多い。現状維持を望む保守的な若者、既得権を手放したくない経団連、株価が堅調であればいい投資家。現状の生活をできるかぎり続けていきたい層が自民党を支持しやすい。

いっぽうでリベラルは現在の生活に満足していないで変化を望む層を支持基盤として取り込みやすい。非正規、生活保護世帯、LGBT、被差別者などなど。

自民党保守政党かというとそうではない政策も行っている。氷河期世代への就職支援もそうだし軽減税率も一応は貧困層に配慮しているといった形になっているので一概に自民党が保守、立憲やれいわがリベラルといった区分けができるわけではない。

 

そもそも日本におけるリベラルは奇妙な形になっていてリベラル的で世間的に良いもの認知されている「価値観のみをインストールしている保守」がかなり多いのではないかと思う。

LGBTには配慮しなければいけない、障碍者も、貧困も、男女差別も、うつ病も配慮しなければいけないなど具体的な事例について知識的にその価値観を知っていても

じゃあパチンコやたばこなどの事例になると途端に蔑み罵倒するような言説がみられる。ギャンブル依存もうつ病と同列の精神疾患であるのに具体例が変わると態度が変わる。このような具体的価値観のみをインストールしているリベラルのふりをした保守が多い。

そうした具体例の流布を焦点にしている限り、日本においてリベラルが保守に勝つことはないだろうとも思う。

本来、リベラルとは具体的な知識の集合を言うのではなく自由と進歩を主とした理念的な思考形態を言う。具体例について思考を放棄して世間の変化に従うようなことを言うのではない。

だから自民党支持でリベラルという一見すると矛盾した考えに矛盾を感じることなく投票する人達がでてくる。これが日本におけるリベラルの失敗かつ自民党一強の根本的な理由だと僕は思っている。

リベラル的武装をした保守+本来の保守層を取り込んでいる自民党に今のやり方でリベラルが勝てるはずがない。

 

自由とは何か、なぜ自由は大事なのかといった理念上の話をしなければおそらくこのまま行くだろうけれど

自民党文部科学省は国立大の文系学部廃止などとと言っていたので甚だ戦略的である。

メディアは嘘をついているという嘘に騙される人々

N国党ウォッチ記事

以下N国党立花孝志氏動画コメント欄より引用

立花さん本当に応援しています。 自分は今、高校一年生です。 中学の頃からメディアはなんで嘘ばっかりつくんだろうと、ずっと思っていました。インターネットの普及によって多くの人が情報を手にすることができるのに、NHKの実態を知らずに多くの国民が騙されてきました。 今本当に革命の時が来てるんだなって、思います!

 

「メディアは嘘をついている」というフレーズがインターネットだと強烈な力を持つ。何も今に始まったことではない。

高岡蒼甫さんの発言に端を発したフジテレビ前デモなども記憶に新しい。それ以前にもインターネットが新しいメディアとなり、新聞やテレビなどのレガシーメディアは時代遅れだといった主旨の文章はネットのあちこちで見ることができた。

 

確かに既存メディアが嘘をついている事実はある。倫理にもとる報道も確認できたりする。権力の監視として機能していないなどメディア批判をしようと思えばそのエビデンスはいくらでも出てくる。最近だと京アニ実名報道などもその一例と言える。

 

あらゆるエビデンスを持ち出してメディアは嘘をついているというとなるほどそうなのかと思いそうになる。確かにメディアは嘘をつくことがあるし倫理にもとることがある。しかしなぜメディアは嘘をついているように見えるのかに立ち返って考えるべきだとも言える。

こういったメディア批判の根拠となっているのは「メディアは客観的であるべきだ」といった価値観である。

しかし原理的に客観的なメディアなど存在しえない。これは大学の時にマスメディア論を履修していた時に教授が言っていたことだけれど

「報道において客観は主観の反対語ではない。客観とは主観からどれだけ距離を取れるかである。」と言っていた。

誰かが何かを発信する時にその言葉には必ず立場がついてくる。いわゆる政治的な右左のようにわかりやすく可視化されたそれとは違い、メディアの場合には選択がつきまとう。どちらがより客観的かという主観がはいらざるを得ない。何を報道すべきか、何を報道しないのか、どのくらい報道するのか。

アナウンサーが客観的に喋っているように見えてもスタジオの裏では選択という主観が入っている。

その作業を知らない僕達はメディアに完璧な客観性を求める。完璧な報道、完璧な倫理にてらした客観的で公平な報道をするのがメディアの当然の役割だと思い込んでしまっている。しかしそんなものははなっから存在しえない。

僕達の高すぎる基準から見ればすべてのメディアは嘘をついているように見える。そうした構造に無自覚でいると、その構造を政治利用する勢力に騙されることになる。

メディアは嘘をついているという嘘をつく人々に簡単になびいてしまう。それは今般のN国党の躍進にも見て取れる。上記引用したコメントにも表れている。完璧な客観性など存在しえない。完璧な客観ではないと批判すること自体がメディア批判としてはナンセンスである。

 

いっぽうでなぜ僕達はインターネットが嘘をついていないように見えるのかにも言及したいと思う。

ネットで真実といった言葉ははるか昔から言われてきたが、最近は無知を表明するような言葉になった。個々の情報で見ればネットに真実は点在するが同時にフェイクも存在する。インターネットは混在のメディアだ。

インターネットはテレビや新聞よりもはるかに嘘でまみれているがそれは点在しているに過ぎない。僕達はネット上の個別の嘘については問題にすることは少ない。嘘に騙された人々の能力のなさのほうを批判しインターネット自体を否定したりはしない。嘘を嘘と見抜けない人は使うべきではないとひろゆきさんが言っていたけれど

嘘自体が問題視されることなく嘘を嘘と見抜く能力だけが問題視されるのがネットのメディア特性である。

 

その意味でインターネットがテレビや新聞などの既存メディアと最も違うのが僕達はネットに嘘が書かれていると自覚しているということだと言える。

既存メディアは客観的でいなければならずインターネットはその限りではないという評価軸で両者を査定すればインターネットのほうが正しいと思うのは当然だ。

その「ズレ」がメディア批判を生んでいる。そしてそれを利用する人々がいる。

 

しかし僕はインターネットのほうこそ注視すべきだと考えている。既存メディアは個別のメディアとして見ればインターネットの情報よりはるかに確度が高い。

新聞やテレビは原理的に客観的ではありえず、メディアとしてはワンオブゼムだ。そう考えれば上記コメントのようなピーキーな批判にはたどり着かない。たどり着かなければメディア批判する人の煽動に乗せられることもない。

それでもメディアが間違っていると考えるのであれば好きにすればいい。NHKの受信料などは改善すべきだとは思うしね。N国党のそれはデュープロセスがないのでもう支持しないけれど。

ただメディアが客観的でないという批判はメディア批判としては全くの的外れだと言える。

SNS社会とミシェル・フーコーと理性の逆流

SNSは怒りによって拡散するといった記事を読みました。はやかわ五味さんが個人的にめちゃくちゃタイプなのですが、その話は置いておいて

 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66352

フーコーの話をしようと思う。

ミシェル・フーコーは「狂気」を論じた。

狂気とは何かを理解すればSNSをすこし客観的に見ることができる。あおり運転をして暴行するような人間やもっと言えばオウム真理教などは「普遍的」に間違っているわけではない。理性よりも狂気に価値が置かれていた時代もあった。僕達は理性や道徳のほうが狂気よりも上位の概念として在るべきだと考えているけれど、それは様々な歴史の場面において獲得されてきたものに過ぎないとフーコーは語っている。

狂気のわかりやすい例として魔女狩りや宗教などがある。14世紀から16世紀のルネサンス期において狂気は人間を基礎づけるものとして社会的に認知されていた。端的に言えば神が実在できていた。神がいるなどと言うと今の社会においては狂人扱いされるが当時は神がいると叫ぶ狂人は逆に承認を集めるほどだったのだろう。その意味で狂気は社会から排除されずに存在していた。

それが17世紀にはいるとすこし様相が変わってくる。

17世紀後半になると資本主義的な経済活動が世界を形作るようになった。それと同時に狂気のとらえ方も変わることになる。資本主義が世界を覆うようになると同時に合理主義が人々の思考を支配するようになった。合理的に考えて神はいない。合理的に考えて狂気は善ではない。そして合理的に考えて経済活動の総量が少ない貧困者や障碍者は蔑まれるようになる。資本主義以前の世界では宗教が人間を基礎づけていてその中で清貧という価値観が社会的に優勢だった。貧困が悪ではないという価値観は宗教という狂気によって支えられていた。しかし狂気が社会的に承認されなくなると貧困もその立場を失うことになった。

代わりに台頭してきたのが真面目な労働者であることだった。労働に従事しないものは社会に適応していないと見られ、侮蔑される対象となった。

理性的な労働者と非理性的(狂気)な非労働者の2極に人間は分類されることになり、後者は隔離されることになった。

 

18~19世紀になると合理主義のかわりに道徳や人権に重きが置かれるようになる。17世紀の狂人にたいする扱いは隔離であったが近代になると狂人は治療の対象となる。フロイトなどによって精神病理学が生まれ、狂人を理性的な人間に回復させようとする手法がとられるようになる。日本でもオウム真理教信者の洗脳を解くことを苫米地さんがやっていたが、狂人は隔離の対象ではなく治療されるべき存在となった。

つまり悪いのは人ではなく狂気そのものだと考えられるようになる。狂気そのものを抹殺しようとするようになった。

身体を拘束するのではなく精神を理性に従属させることで狂気を消滅させてしまおうとした。

 

おおざっぱに書けばフーコーは狂気の歴史において上記のようなことを書いている。

ここまででは単なる歴史の変遷に過ぎない。しかしフーコーがなぜ哲学者として知られているかといえば以上のような狂気の歴史において理性の普遍性について疑問を呈したからである。

狂気とは未開の状態では発見されえない。それを狂気だと認める理性側の人間の眼差しによってはじめて狂気は我々の世界に現前するのだということを書いている。

 

近代以前の中世において狂人は承認を集め社会的にも適応できていた。17世紀になると 狂人は隔離された。その後、道徳により悪いのは狂人ではなく狂気だとされ治療が施されるようになる。

では今はどうなのだろうか・・・

 

僕たちは過去に例を見ないほど狂気を簡単に見つけることができるようになった。あおり運転、セクハラにパワハラブラック企業、電車内で騒ぐ人、アイドルの不祥事、性の喜びおじさん、騒音おばさん、アリさんマークの引越社、welqなどなど数え上げればきりがない。

 

これらの人々を必要以上にSNSでたたく人々にたいして感情的だといった意見が採用される。しかし歴史的に見れば狂気を殺してきたのは理性である。そしてSNSで暴走しているのも「理性という感情」に他ならないが同時に理性は普遍的な感情ではない。

僕たちはただ理性が支配的な時代に生きていて理性的な人間でいられるように教育された幸運な世代に過ぎない。しかしだからこそ自らの理性にたいして自覚的であるべきだと言える。理性は人を傷つけてきた。狂人を隔離し、時に抹殺してきた。狂人側から見れば理性こそが狂気に見えたりもしたことだろう。

 

人々の感情によって監視されるSNS社会と言われて久しいがこの世界はもう理性的に過ぎるほど理性的な社会である。その理性の逆流現象がSNSによって問題を生んでいる。

不倫や歩きタバコぐらい別にどうでもいいだろう、酒によって知らない人に絡むぐらいそんなたいした問題ではない。何を理性的に語るべきか判断し、いかに楽しく狂うことができるか、これだけ理性に依った社会においてはそんなことを考えたほうがいい気がしている。

身体的な実感としてもそれは感じる。一個人が理性なんて突き詰めたところでろくなものではないし面白みがない。歴史的に見ても理性は社会的な「機能」としてベターな価値なだけである。

うまくまとまらなかったのでブクマでも書いたチェスタートンの言葉を引用して終わりにしたいと思います。

狂人とは理性を失ったもののことではない。理性以外のすべてを失ったもののことである

ギルバート・キース・チェスタートン