メロンダウト

メロンについて考えるよ

「そんなこと言ってもしょうがない」への里帰り

最近、ひょんなことから小学生のサッカークラブでサブコーチをやるようになりまして酷暑の中を走り回っているのですが、子供と遊ぶのは良いもので、肉体的にも精神的にもデトックスになっているのだなと感じています。正直もう若くないのでしんどいのですが小学生に追いつけるように体力を取り戻していきたい日々です。

同時期にはてなブックマークも非表示になり、意図せずデジタルデトックスにもなっているのですが*1いろいろデトックスした結果、本格的に「何が問題なのか」がよくわからなくなってきました。感覚的にはサウナで整いすぎて頭が回らなくなるのに似ているのですが・・・整うことでタスクの処理能力は上がっても思考を回転させることからは離れていってしまう感覚がある。物事や社会を考え、議論に参加しようとするにはストレスや負荷が必要なのでしょう。負荷をかけ、アンテナの感度を上げ、細部にまで思考を張り巡らせることで問題を問題として捉えることは、恐らくデトックスと相性が悪い。仕事として書いている人であればまた話が違うのでしょうけど、ブログの場合、仕事という動機付けもなければ締め切りもないしお金にもならないので「無になれば無」なのである。

 

 

それはともかく来週には参議院選挙もあり、様々な問題が俎上に上がり議論されている。物価高を筆頭にAV新法、表現の自由などもまた盛り上がっている。いろいろ見ていると結局のところ、いつもの話になってしまうのですが、関係性の話に行き着くのではないかと思ったりする。

表現の自由の話に関しても、なぜ表現を規制しようとする人が出てくるかと言えば「誰かがその表現によって救われている」という他者へのリアリティーが失われてしまったから自由を制限しようとする人々が出てくるのでしょう。同人誌を楽しんでいるオタクもいれば、BL本を楽しむ女性もいて、クラブでEDMを聴きながら踊ってる人々もいる。どれも表現の自由の範疇の話であり、何にたいして心を動かされるかは人それぞれ違う。しかし今はインターネットで他者の発言は見えても生活は見えなくなった為、自由の意味が二層化したのでしょう。

つまり、ネット上で誰かが表現物を楽しんでいるのを見ても、それがどのように本人の救いになっているのかというコアの部分が見えないため、他者の自由を表層的に受け止めてしまう。それこそ性的に消費しているという即物的な反応になることがしばしば見受けられる。一方、現実の日本は公共空間では皆が理知的に振る舞いゾーニングを進めてきたので他者の生活は不可視化されている。ネットと現実から見える自由の風景が違う。それが自由の意味を狭めることになる。ようするに二重の自由を取り違えると表現を規制しようという方向に感情が持っていかれてしまうのであろう。

普通に言って、どんな表現にもちゃんと救われている人はいる。この泡沫露悪系クソブログにさえ、読んで救われると言ってくれた人が昔いたのだから、編集や校正を経て世に出てくる表現物に救われる人がいないはずがないであろう。

このような問題が出てくるのはつまるところ他者がいなくなったこと=関係性が消失した、見えなくなったことに原因があると考えられる。インターネットというレンズ越しに見てもたぶん僕達は何も見えてなどいないのだ。誰がどんな表現を楽しんでいるのかわからない。ゆえに表現の自由がどれだけ大切なものかという「リアリティー」が欠如することになる。個人的にも「なくなっても良い表現」がないわけではない。しかしその表現を楽しんでいる人がいると思い、想像力を働かせ他者を見通そうと思うか、そうでないかに分岐してしまう。そうした他者への接続、関係性の話。それが全てではないかと思う。

 

関連して言えば反出生主義の話に関しても、子供とサッカーしていると吹き飛んでいく感覚がある。個人的には「生まれないことが最善」というのは正直言って理解できる部分がある。人よりもその手の話には共感しやすい人間ではあると思う。子供とサッカーしていても「今はかわいいけど中学に入ったらLINEいじめとかするんだろうな」とか思わないでもない。けして頭が良い学校ではないので思春期になればいじめが始まり、すくなくない子は学生時代の劣等感を引きずって、大人になればネット上の言説に触れ反出生主義のようなイデオロギーに飲み込まれもするのかもしれないな、という想像は頭の片隅にあったりする。

しかし同時に「そんなこと言ってもしょうがないんじゃねーの」ということを強く思いもするのだ。社会を恨んだり、適応に失敗したり、鬱病になったり、金が足りなかったり、大人になればなにかいろいろあって存在の話へと里帰りする時もあるけれど、しかし存在そのものである子供と「関係」した時にそのような話は希釈されていく感があるのだ。

おそらくは今の子供たちは自分達の時代よりも厳しい競争社会や地球環境の中を生きていくことになる。そんな子供の存在を見ていると、社会や時代を嫉む反出生主義の論理にたいし存在のレベルから反証されている気になってくるのだ。当然ながら子供は反出生主義など知らず、ただボールを蹴っとばしているだけである。しかしその存在そのものが、反出生主義という存在の問題にたいしてはクリティカルに見えるのだ。大人がどれだけ言葉を尽くしても論理的には反論しようがない反出生主義でも、子供は無言で反論してくる。そして「反出生主義とかそんなこと言ってもしょうがないんじゃねーの」という身もふたもない結論に帰ることになる。

なんでもそうだが、たぶんそうやって誰かと関係し、自己を希釈され、なにもかも結論など出せずよくわからないまま死んでいくのだろう。

 

 

とりあえず、なんだかよくわからないが来週は選挙とやらがあるらしいのでよくわからないまま投票でもしてこようかと思う。みんなも行ったらいいんじゃないかな。よくわからないけど

終わり

*1:はてなからは今後申立者の権利侵害をしないと誓約できれば非表示の解除を検討するとメールがきましたが、ちょうど良い機会なのでそのままにしてます。長年使ってきたのに驚くほど執着が湧かない自分にも驚いているのですが、まあそんなもんだよなと妙に納得してもいます。そもそも権利侵害した覚えがないので誓約できないのもありますが)

立憲民主党とリベラルの政治的リアリティー

こんにちは。

参議院選挙の候補者をいろいろ調べていたところ、今の政局についてすこし思うところがあったので書いていきます。

 

曰く、ここ数年、自民党の一党支配になっている理由は左派の分裂にあると言われてきた。2017年の衆院選において旧民主党民進党)が分裂。一部は小池百合子氏率いる希望の党に合流した。そして合流を拒んだのが枝野幸男氏がたちあげた立憲民主党だった。

当時を振り返るに民進党の代表だった前原誠司氏が希望の党と合流したことが現在の政治の勢力図を大きく決定づけたように思われる。自民党に対するリベラルな民主党という図式は政治的な意味では思いの外大きいものだったのだろう。それはいまの立憲民主党の支持率を見るに明らかである。リベラルが分裂した結果、民主党の支持層も分裂し、政治の現場でもリベラルの存在感は失なわれることとなった。民進党が分裂したあの時、リベラルの歴史もまた断絶してしまったのだろう。

 

国政に限らず実際の政局にはどうしたって数が必要であり、その意味で「大きな政党」はそれだけで存在感を放つものだ。リベラルがなんなのか知らない人でさえも反自民・反共産と考える人は多い。かつての民主党はその人達の受け皿になっていた。民主党が政権を取った時でさえ、国民はリベラルを支持していたと言うよりも「大きい民主党、もといリベラルの大きさ」を支持していたと見たほうが正確ではないだろうか。保守やリベラルという枠組みはあくまでも「政治的位置づけ」に過ぎず、国民にとってはそれほど重要なものではない。そもそも僕達はそれほどイデオロギッシュな存在ではないからだ。実際に票を集めるのに重要なのはイデオロギーではなく、政治を引き受けてくれるだけの歴史があるか否かのほうなのであろう。歴史が国民にとっての政治的リアリティーなのは、実際の人間関係とそこまで変わるものではないはずだ。インターネットがこれだけ普及した現在でも街頭演説やどぶ板の政治活動が有効なのがそれを証明している。インターネットで一万以上リツイートされてもドブ板選挙に勝てない。政治的地盤や歴史と言い換えても良い。僕達はネット上の言説よりも目の前の人の笑顔、その存在のほうにより強く動機づけられるもので、政治もそれは同じであろう。

どこかの誰かがいかに有能であろうとも、長年の知己ほどには信用できない。政治も人間関係も同じなのだ。

その時間の積み重ね、「歴史」が途絶えたことはリベラルにとって痛恨だった。

 

 

しかし、結局のところ日本のリベラルは分裂した。リベラルから政治的リアリティー、つまり歴史は失われた。立憲民主党ですらいまや泡沫野党であり、国民の歴史の上にたつ政党とは言い難い。その為、立憲民主党は新しい歴史を築かなければいけなくなった。支持者を集めなければならない。しかし歴史がないとは「大きな歴史」に基づく軸足がないまま支持者を集めるということであるため、その手段はインスタントなものになってしまう。たとえば「インターネット左派」と合流し、ハッシュタグを打ったり、声の大きいマイノリティーを集めることで支持者を集めようとしている。しかしマイノリティーの論理に迎合すればするほど「大きな政党」としての存在感は失われていくことになる。そのため、かつて「反自民・反共産の受け皿」だったリベラル政党のその大きさは失われることとなった。今やリベラルは文字通りのリベラル集団でしかない。

リベラルはリベラルとして先鋭化し、政党ではなく政治思想集団へと先鋭化していってしまった。先鋭化した分だけツイッターでは支持されているように見えるが、実際の投票を見るにその先鋭化は逆に政党としての大きさ・度量を損なう結果になっている。

リベラルという政治性自体がそもそもマイノリティーなのである。

 

時に政治は政治に閉じられていくもので、たとえば歴史というと保守の言葉のように捉えられ、リベラルは「正しい事」を実行するという観念的な図式がある。しかしながらリベラルにだって歴史は必要である。どんなに正しい事を言う人であろうともその人に仕事を任せることができるかは積み重ねた時間の中に宿る。それは政治だって例外ではない。むしろ正しい事や重大な事だからこそ、それを任せるには膨大な時間に基づく信用を必要とするものではないだろうか。歴史が途絶するということはその時間とその時間に依拠した信用も途絶するということなのだろう。

政治的な言説を見通していると正しいことが支持され、正しくないことは排除されるという「投票」が繰り返されているように見える。ネットではそれこそ何か言えば即座に反応が返ってきて不祥事を起こした政治家は実際に辞任に追い込まれたりする。政治の現場ではその正しさがよりリアルに感ぜられ、正しさと政治を取り違えてしまうのかもしれない。しかしながら、もちろん正しい事を言えばそれが全てなわけではない。

ゆえん正しい事が勝つとは限らなかったりする。いや、正確には、正しい事が勝つためには時間が重要なのだ。そしてそれこそが政治的なリアリティーではないだろうか。したがって保守よりもリベラルのほうこそが保守的である必要がある。

自由や平等は正しいし、支持したい。同性婚、資本の再分配、表現の自由夫婦別姓など、政策としては支持したいものが個人的にも多い。しかし票を預けることはそれとは別の論理が働く。すなわち「正しい事を委託できるだけの信用があるか否か」である。

 

おそらく今度の選挙でも立憲民主党をはじめとする、「リベラル派」と呼ばれる政党は敗れることになる。しかしそれは歴史がない政党だというのが大きい理由である。ポジティブに言い換えれば、仮に立憲民主党が選挙で敗北してもリベラル政党としての姿勢さえ崩さなければ、たとえ今はマイノリティの為の政党であろうとも将来的には「大きなリベラル」をもう一度実現できるのではないだろうかと思う。ようするにリベラルの復興を保守的に期待しているのだ。それはイデオロギーが強すぎる共産党には決してできないことであろう。

立憲民主党はリベラルと保守を繋ぐその大きさ、国民のリアリティーを時間の中に見出してもらいたいと、個人的には思うのである。

 

 

 

PS:ところではてなブックマークがくたびれはて子さんと同じ理由で非表示になりました(笑)

信頼とリテラシーと参議院選挙

僕たちは常に信頼できる人を探している。生まれた時からたぶん、ずっとだ。

友人、仕事、恋愛、学問、政治、なんでもそうだが、信頼は社会関係において重要な位置を占めている。しかし同時に信頼という言葉はどこか空想めいてもいる。誰々を信頼していると言えば自分で考える能力がない人間だという批判に回収されがちでもある。また、信頼をベースにした共同体はカルト、サロン、村社会といった形で批判されることもある。したがって表立って信頼という言葉が使われることはほとんどない。個人的にも信頼を置くことができるのは数少ない対人関係においてのみではある。それ以外の場面で信頼という枠組みで物事を捉えることは危険性を孕んでいる、と感じる。というか、そもそも奨励されていない。社会を信頼すると言うことはその前提からして間違っていると言われる。信頼とはあくまで個人の話であるというのが一般的だ。

そのため、社会的な信頼関係の話は即座にリテラシーの問題へと変換されることになる。社会にたいしては信頼するのではなく「リテラシーを持て」「デュープロセスを踏め」「対話しろ」などが常套句となっている。ようするに社会的に信頼という概念は陳腐化し、関係性を細分的に捉える能力の問題へとその意味がシフトしたと言えるだろう。

以上のように書くと生き馬の目を抜く社会だと言えそうではあるが、実際にはそんなことはなく以前と比べれば僕達の社会は格段に過ごしやすく、個人が自由に生きて良い社会ではある。犯罪率も下がっているため、信頼して良い人の絶対数も増えてはいるのではないだろうか。

そんななかでも僕たちは他者を信頼することができなくなっている。過去の人よりも他者にたいする信頼感を失っている節さえある。善人の絶対数が増えても信頼の関係数は増えない。皆良い人ではある。しかし統計を見るに婚姻も減り友人関係も減っているようである。

このアンビバレンスはどこからくるのか。そして外への信頼が失われた結果なにが起きているのか。それをすこし考えたいのだ。

 

ごく普通に考えれば子供の時に「知らない人についていったら駄目よ」と教育されたのが大きな要素ではあるのだろう。他者にたいする原風景はみんなそれだ。小さい時に他者へのセキュリティーを無意識に刷り込まれ、境界線を引くことで他者にたいしては不可侵だと考える人が多い。したがって外ではなく内の関係のなかで信頼を構築するのがごく一般的な「信頼の話」ではある。なんのことはない話だ。内の信頼関係が大切だということは皆が同意するところではあるだろう。

一方、外への信頼関係の話はされなくなった。現実でもインターネットでも信頼という枠組みで物事を捉えるのは態度として奨励されてはいない。「社会は信頼で回っているとはいえそのほとんどが契約であり、他者はコントロール不可能であり、皆それぞれ違う現実を生きている」という文言に回収され、原義的な意味で信頼という枠組みで他者を見ることはいまやほとんどない。

あったとしてもQアノンやカルトなどの極度に先鋭化した集団に見られるもので、それはもはや信頼というよりも信仰のような形をとっている。そこまでいかなくとも信頼は回避されるべき態度として認識されがちだ。政治的にも誰々の言うことを信じていると言えば自ら考える能力がない人間だと言われる。どんなものであれ外へ信頼を持つというのは未熟で危険なものであると批判されるのが常となっている。

そして、外への信頼が閉じられていけばいくほど内の信頼関係の価値が上がることになる。外集団や社会が信頼を構築する場として使えないのであれば内集団の中で信頼を構築するしかないという理路になる。したがって外で語られる言葉も「内の信頼関係を築け」「インターネットをやめろ」という言説が一般的だ。外が使えない、のであれば内の関係を築くしかないという形で結局のところリアルへと回帰することになる。

しかし同時にそうした内への回帰が強まれば強まるほど外への関心は失われ、外の世界は信頼ではなく法や倫理をもとに運用すべきだと考える人が増えていった。言い換えれば僕達が外の世界では信頼を構築することは不可能だと考えた結果、信頼というあやふやで危険なものはあらかじめ排除するようになったのだろう。

 

つまりこうだ

子供の時に他者にたいするセキュリティーを植え込まれる→信頼関係が内の話に閉じられる→外、社会は信頼ではなく法や倫理で運用すれば良いと考える人が増える

というのが個人に最適化され、リテラシーが極まった社会と言える。

しかしかつての日本はそうではなかった。もっと雑然としていた。

まず子供の時に他者にたいするセキュリティーを植え込まれる度合いが低かったのだろう。かつて子供は地域社会の中で他者に触れる機会があった。また、大人の側も子供に接触したら危険だという観念が少なかったのではないだろうか。いま僕達が街中で子供を見かけた時にまっさきに思うのは「誘拐犯と思われたらどうしよう」であるが、かつての大人たちはもっとカジュアルに子供に接していたように思う。そんな中で当時の子供は幼少期から「他者」をセキュリティーとして切り離すのではなく、社会関係の中へ程度として入れ込むことができた。それは今の環境と劇的に違う。

そして、そのような環境であったため、成長したあとも信頼関係が内に閉じられることはなく、外にたいする信頼関係を持つことができた。たとえばそれがかつての三丁目の夕日などの情景に見られるものなのだろう。ネガティブに言えばその外へのコミットメントゆえに左翼運動などが起きたとも言えるけれど、ポジティブに言えば外への信頼関係が生きていた時代であったとも言える。

「内の信頼関係を築け」しか手段がなくなった僕達から見れば昔のほうが存在論的には自由だったのではないだろうか。そんなふうに思うのだ。

 

そしてこのような存在論の話は当然ながら政治の話にも接続する。かつての日本はまだ信頼をベースに社会が回っていたと書いた。ゆえに法や倫理が前景化することなくあやふやなものを許容できた。その結果、田中角栄などの人物が政治家として働くことができたと言える。

一方で他者をセキュリティーとして処理し、外への信頼関係を構築することが難しくなった僕達が選んだ政治家は「何もしない自民党」である。

内と外、私と公を切り離し、社会を単なる個人のプレイグラウンドとして捉える人が多くなれば、ルールブックを改訂するような政党に投票する人はいなくなる。外は外、内は内、他者は他者という教育を受けた人々は「生得的に政治への関心を持たない」のだ。

 

ーーーーー

 

参議院選挙が公示され、これから「なぜ国民は選挙に行かないのかといういつもの話」が繰り返されることになるはずだ。そして「リテラシーとして」選挙に行こうと言われるようになる。国民の責務や、意志表示をすることが大切だという文言がコピーとしてメディアを駆け巡り、いつものように自民党が勝つことになる。

しかしながらリテラシーという考え方でしか選挙に行かないことはやはり問題である。普通に考えて投票に行けばそれで良いわけではない。そもそもリテラシーゆえに僕達は外を外、政治を政治として切り離して考えている。私と公が混ざらない、信頼しない、ゆえに政治には期待しないし、あるいはしないほうがむしろ適応的な考えとなっている。

ゆえんリテラシーという言葉でしか選挙に行かない政治的自発性の欠如。それを引き起こす外集団への信頼の無さがそもそもの問題なのではないだろうか。

僕達が内の信頼関係に閉じられ社会を信頼しなくなり、政治に期待しなくなったこと。それを今一度思い返したほうが良いように思う。でなければ最も無難な投票先である自民が勝つのは目に見えているからだ。

 

政治は期待されなければ何もしない。それは僕達が誰かに期待され、信頼されて内発性を喚起されるのとまったく同じ理屈でもってそうなのではないだろうか。たぶんもっと僕達は政治に期待し、他者を信頼し、あやふやなものを取り戻すべきなのだろう。

なればこそセキュリティーリテラシーという植え付けられた観念から自由になれるはずだからだ。