読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンダウト

メロンについて考えるよ

多様性は経験のみによって獲得できる身体的能力だから議論するのは無駄

多様性

炎上している。けっこう長いこと増田で遊んでいた経験から100ブコメを超えたら良コメから得る見識と罵詈雑言コメントの精神汚染のバランスが取れなくなると確信しているので100uses以上のブコメはいっさい読んでいません。ごめんなさい。99%はさすがに言い過ぎだと僕も思います。

帰宅してテレビを見ているのだが竹島問題について議論されていてある論客が

「日本を嫌いな韓国人は日本に行ったことがない韓国人で、韓国を嫌いな日本人は韓国に行ったことがない」

と言っていた。けっこうすべてに通じる話だと思う。多様性についてかなり的を射ている指摘で実存主義pragmatism)の大切さを語っているのでその話をしよう。ちなみに前回の記事も精巣に蓄えられた性欲という実存主義の話であったのだよ。

 

百聞は一見にしかずというが多様性は経験のみによって獲得できる身体的能力だから議論するのは無駄だと思う。特にポリコレやフェミニズム

人生においては常に意味不明な他者にたいしてどこまでポジティブに接することができる距離感を獲得できるかという問題があります。意味不明な他者は10万文字を超える説明ではなく現実に対面することではじめて他者が侵略して寛容性をこじあけられる。海外の方などと初めて会ったときなどに僕はそんな「感覚」がありました。

言語による人間の定義はおうおうにして間違いがちで全員が全員、しょうもないし意地汚いしせこいがしかし同時に素晴らしい。定規のメモリを書きこむことと定規の長さを延長することは同時に行うことが可能で、それが真の多様性の根幹にあると信じています。

偶像の破壊と言ってしまっていいかもしれない。他者を飲み込むorder(強制、手順)において議論することはほとんど無意味なんじゃないかということが持論です。定規ではかり1mm単位でこまごまと分析すればいかなる人でも批判可能で、同時に定規の長さで包摂すればいかなる人でも寛容可能なんですよね。

定規の長さとメモリを獲得する経験、定規の利用方法を考慮する感性。その両方をもってつまり人間性というのでしょう。

ながながと書こうと思ったけどまた今度。眠いから寝るね。おやすみなさいzzz...

www.youtube.com

おすすめ洋楽コーナーをはじめんとするなり(三日坊主間違いなし)